2009年10月23日 (金)

鹿嶋市民になるまで(19)

(「鹿嶋市民になるまで」のカテゴリーをご参照ください)

〔前回に書いた「鹿嶋市民になるまで(18)」の最後の部分〕

単純に、“鹿嶋の価格は安い”のだということはなんとなく分かりましたが、それが家を建てるのにどんな違いになるのかを調べなくてはいけないと同時に感じました。
預貯金、ローン、こういった話になると何よりも現実的な話なのかそうでないのかについては、「総額」によりますから。
関西の4分の1、6分の1であることは分かっても、一体それが家を建てるのにどれくらいの差になるのか?
「坪」とはどのくらいの大きさなのか?
総額ではどれくらいになるのか?

新たな疑問が続々と出てきました!

都内で家を建てるには・・・?

私が好んで観ていたテレビ番組に『大改造!劇的ビフォー・アフター』や『完成!ドリームハウス』などがあります。

これらの番組では、一般的な土地に普通の住宅を建築するといった観点ではなく、〝狭小な都会の土地に家を建てる〟ことや、〝古くて住み難くなってしまった家をリフォームする〟ことをメインテーマに制作されていたためノーマルとはちょっと遠い家が多かったのですが、そんな中でも、土地の値段やどのくらいの土地の広さがあれば家が建つのか?といったことについては参考になった部分も多々あります。

そして、街を車や徒歩で移動する度に、分譲されている〝土地の大きさ〟や〝坪単価〟などをちらほら観るようにもなり、不動産屋さんの窓ガラスに貼られている物件情報にもひきつけられるようになりました。

また、会社の同僚で家を建てた経験のある人には、「土地は何坪くらいあるのですか?」とか「坪単価はいくらでしたか?」なんて質問も結構ズケズケとしていました。

そんなことで、「30坪あれば家は建てることができる」、「駐車場を考えるなら最低でも40~50坪くらいは欲しい」とか、「庭を検討するなら凡そ60~70坪以上あればOK」(全て私個人の感想ですのであしからず)といった自分なりの想定を立てるにまで至りました。

そして「坪単価」ですが、都会では1坪100万以上は普通、都市近郊では1坪60万以上、田舎なら1坪40~50万以下という、こちらも〝自分なりの基準〟を立てれるようになりました(但し、都会でも、都市近郊でも、また、田舎でも場所によっては値段の上下幅は大きくなることもあるということも同時にインプットしました)。

また、これら土地の情報を得ていく中で、「土地を購入してその上に家を建てる方法」と、「土地と家を一挙に入手する建売分譲を購入する方法」があることを改めて理解し、さらに、土地の上に家を建てるときはそれぞれの地域(県?or市?どうだったかな?)によって、「隣の家の壁との距離」や「隣接する道路に対する建物の高さの制限」があることも勉強しました。

従って、私のプランの中では、「鹿嶋という田舎に住むことを計画しているのだから、都会で家を建てるのと違って、広々とした空間を確保できるくらいの大きさの土地」ということを第1希望に、そして、「土地を買ってその上に家を建てるのか?それとも建売住宅を探すのか?ということについては、物件を探していく中で巡り合ったものに対してフラットに考えていこう」とも思いました。

まあ、実際にはまだ物件を探すことをスタートさせた訳でもなく、自分の夢の中でシミュレーション的に考えているだけなので、余計に理想が高く、現実はあまり考慮していない希望にしか過ぎないのですけどね。

これらの情報を得た後に、改めて鹿嶋の土地の値段を調べてみると、鹿嶋市内(スタジアムを北限として)の土地価格については「7万~14万くらい」という範囲に納まるという理解をして、そして売りに出されているそれら土地の広さの平均は70坪を中心に分布している(やはり都会と違ってかなり広めの土地として売り出されている)ということも分かりました。

ということは、平均的に70坪×7万円~14万円=490万円~980万円の土地購入費用が必要ということが判明しました。

これを「安い」と捉えるか、それとも「高い」と捉えるかは、何処に土地を購入しようかと探している人によって様々でしょう。

私は、これまでに自分が住もうと思った場所の分譲土地の情報を再度検証してみて、改めて「鹿嶋の土地は格安だ!」という見解に至りました。

この時点で、「都会なら頑張ってもマンションが精一杯だけど、鹿嶋なら土地付きの一軒家が可能かもしれない」という考えを一本立てるに至りました。

それと同時に、鹿嶋における土地に掛かる購入費用の想定から、「これなら建売でなくてもいけるかも?」とか「建売ならもっとリーズナブルになるのかな?」とかいうことも併せて想像して、益々、夢は膨らむ一方となりました。

でも、夢から現実に目を向けると、土地を購入できる現金も貯金もないのですけどね・・・!

さて、次の想像は上物(建物)です。

| | コメント (0)

2008年1月29日 (火)

鹿嶋市民になるまで(18)

久々に「鹿嶋市民になるまで」の続きを書きます。

〔前回「鹿嶋市民になるまで(17)の最後の部分〕
ついつい、暇に任せて、便利なインターネットで「不動産情報」というものを開いて見てしまったことが、私の心のブレーキを解除してしまうきっかけとなってしまいました。なんと鹿島の土地の価格が、他の地方(候補地)と比較して安価なことか!それは驚きと共に、「チャンスが来た!」と思ってしまったというのが正直な気持ちでした。

インターネットで不動産情報を検索することとしましたが、それまで土地を購入するなんてことは投資目的でも考えたことがなかったので、一体どのくらいの価格なのか見当もつきませんでした。
なおさら、都心部の価格と田舎の価格差なんてものは、想像だにできないような知識でしかありませんでした。
「坪○万円」とか言われても、一坪がどのくらいの面積になるのかということも当然知る由もなく、また、それが購入価格にどういった影響を及ぼすのかという知識さえもありませんでした。

そんな程度の考えで、何気なくインターネットの「不動産」情報をクリックし、「茨城県」「鹿嶋市」で「新規分譲土地」で検索してみると僅か数件でしたが物件をヒットしました。
「えっ、これだけしかないの?」「いや、そんなはずはないだろう」と思い、今度は「仲介土地」という検索項目で見てみることに。
すると、先ほどとは違って何件もの物件をヒットすることができました。
写真付きのもの、そうでないもの色々ありましたが、いずれにしても価格帯は「坪数万円~十数万円」であったと記憶しています。
都心部や他の地域の平均的坪単価を知らないので、それが高いのかも低いのかも分からず、その時点ではそれら価格をみたところで感動も何もありませんでした。

そして、その物件情報の中に「斉丸土地」という不動産屋さんのホームページが紹介されていましたので、すかさずそちらに入っていくことにしました。
すると、そちらにはより詳細な情報が紹介された物件がいくつもありました。
何よりも目を引いたのが、鹿嶋市内の地図が書かれていて、その地図上に地区別にそれぞれの物件が紹介されていたことです。
思わずこれにはぐっと引き込まれてしまい、そこに住むことを想像してしまうような気持ちにさせられてしまったのを覚えています。

それを見たときに、「駅北」に新しく大きな分譲開発がなされていて、既に土地の販売は始まっており、既に残り少なくなっていてとても人気になっているということを知りました。
昔からその地域に住んでいない人間にとって、新しく開発される場所ならば“よそ者を排除する」”いった雰囲気はないだろうということが想像できたので、「初めて鹿嶋に住むよそ者でも仲間(ご近所)として受け入れてもらえるのではないか?」ということを考えてしまいました。
まだ、そんな段階ではないのに「住むならここだな!」なんてことで、勝手に想像を膨らましてしまったものです。

ちなみに、「駅北」の土地の価格は、坪単価9万円位~13万円弱(その当時に残っていた分譲土地で)位だったかと記憶しています。
やはり新興住宅街らしく、鹿嶋市内の他の地区よりも坪単価が高めに設定されているんだなと。
まだ、全く鹿嶋市街を知らない私にとって、「駅北」は新しく・明るく・便利で・駅や神宮に近く・住みやすそうな場所であることの印象を植えつけられました。
それ以外の地区については、写真や地図を見る限りでは、山や海岸、雑木林が周囲にあって、田舎の不便さや寂しさを感じさせられてしまうものでした(あとでそうではないことに気付くことになるのですが)。

「坪単価」というものにこれまで関心を持っていなかった私が、初めて「坪単価」の比較をしたのがこの「駅北」と「その他の地区」の価格差であり、それらの情報だけでは、「駅北はやっぱり人気があって高いな~。」「その他の地区はそれくらいが当然なのかな」と感じてしまったことはある意味仕方がなかったことかもしれません。

ひととおり鹿嶋市内の分譲土地の価格を調べたのち、もう一つの“永住候補地”である関西地区の分譲土地を同じ方法で調べてみました。
その値段の違いに思わず驚愕してしまいました。
「坪40万円」「坪60万円」といった物件がずらりと揃っていて、「物件数は確かに多いけど、こんなにも価格が違うのか・・・」と驚かされました。

単純に、“鹿嶋の価格は安い”のだということはなんとなく分かりましたが、それが家を建てるのにどんな違いになるのかを調べなくてはいけないと同時に感じました。
預貯金、ローン、こういった話になると何よりも現実的な話なのかそうでないのかについては、「総額」によりますから。
関西の4分の1、6分の1であることは分かっても、一体それが家を建てるのにどれくらいの差になるのか?
「坪」とはどのくらいの大きさなのか?
総額ではどれくらいになるのか?

新たな疑問が続々と出てきました!

| | コメント (3)

2007年6月 2日 (土)

鹿嶋市民になるまで(17)

(「鹿嶋市民になるまで」のカテゴリーを御参照ください。)

鹿嶋の住民ではないものの、その近辺に昔から住んでいるTさんや社長との出逢いは、私の「鹿嶋に住む」という思いを加速させる一つの要因になっていました。

しかし、転勤族の私は「自身が永住する場所をどこにするか?」というライフスタイル最大の問題は、仕事のことを考えると定年間際まで決めきれないという思っていました。

仕事以外のきっかけとして考慮できるのは、子供の教育に配慮して転校を無くすために、家族には生活の拠点を用意して自身は単身赴任するということくらいしかありませんでした。

鹿島を知る前までは、「結局のところ、子供が受験を向かえるような年齢になった時、又は、小学校などで“転校生ゆえのいじめ”に直面した時しか社宅を出て自家を取得することはないだろうな。」と考えていました。

そういった条件から、永住の地は嫁さんの実家に近い関西地方なんだろうなと頭の中で想像していました。

でも、鹿島アントラーズの魅力を知ってしまった私の頭には、僅かながらでも「鹿嶋市」という場所が選択肢の一つとして加わることはとても自然なことだったといえるでしょう。

さらに、Tさんや社長との出逢いによって、「鹿島の魅力」をたっぷりと紹介してもらったことで、選択肢の一つどころか「どうにかして鹿島に住める可能性はないものか?」と模索するようにまでなってしまっていたのです。

「鹿島は夏涼しく冬暖かでとても気候が良く、しかも、食べ物も安くて美味しい。」「東京から離れているけれど、高速バスがふんだんに走っているので意外と便利」などと田舎生活の良さを沢山教えてくれたので、それまでに思い描いていた“他の永住候補地”との比較でも一気に上位に躍り出てしまっていたのです。

そうなってしまっては、“熱しやすく冷め難い”性格の私としては、「思い余って行動に出てしまうのではないか。」と自分が怖くなる気持ちさえ抱いていました。

「嫁さんがOKといってくれるはずが無い!」ということが、私自身への唯一のブレーキでした。

「もっと慎重に、もっと時間をかけて考えなければいけない問題」だと自分に言い聞かせ、自分の気持ちを確かめるためわざとブレーキをかけるようにしていました。

しかし、それも年末までしか持ちませんでした・・・。

ついつい、暇に任せて、便利なインターネットで「不動産情報」というものを開いて見てしまったことが、私の心のブレーキを解除してしまうきっかけとなってしまいました。

なんと鹿島の土地の価格が、他の地方(候補地)と比較して安価なことか!

それは驚きと共に、「チャンスが来た!」と思ってしまったというのが正直な気持ちでした。

| | コメント (2)

2007年2月19日 (月)

鹿嶋市民になるまで(16)

(「鹿嶋市民になるまで」のカテゴリーを御参照ください。)

2003年のJリーグ制覇を、まさに手中に収めたと思ったところで掴みそこなったシーズンとしてしまった悪夢の一戦からそれほど日も経たないうちに、Tさんから電話がかかってきました。

「この前、話していた社長に会わせるから一度家の方に来てよ!」というお誘いでした。

私もこの“噂”の社長さんとは是非一度会ってみたいと思っていたので、「分かりました。じゃあ、明日にでも伺いますよ。」とすぐに返事をして、翌日を楽しみにしていました。

翌日は普通に出勤日だったので、夕方5時の終業のチャイムと同時に社長さんのところに向かいました。

社長のところは、自動車販売の代理店と修理工場が併設されており、「社長」といってもネクタイをびしっと締めて、恰幅のいい社長らしい社長ではなく、町工場の社長といった方がイメージにピッタリくるかもしれません。(どうもすみません、社長!)

Tさんに教えてもらうまでもなく、社長の店は道路に面していて、しかも田舎なので他に間違うような店もなく、待ち合わせの時間どおりに店に着くことが出来ました。

Tさんも時間どおりに店に現れ、そこで念願の社長との御対面になりました。

続きを読む "鹿嶋市民になるまで(16)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

鹿嶋市民になるまで(15)

(「鹿嶋市民になるまで」のカテゴリーを御参照ください。)

埼玉スタジアムを後にする時、Tさんと私は田中選手の御家族とともに彼の自宅マンションまで車に乗せて送ってもらうことになりました。

ミニバンの最後部の隅っこにささっと乗り込み、車内の空気のような存在になりたくて、目立たぬように静かに隠れるように座っていました。
車内の会話といっても、夫人の家族とTさん(おじさん)、それと現在はマリノスに移籍したY選手の夫人と私という変てこな組み合わせだったので、しゃべっていたのは専ら運転していた夫人と助手席に座ったY選手の夫人でした。

会話の内容は特に変わったものではなく、「プロサッカー選手の奥さん達ならこういった日常会話なのだろうな~」と想像できるものであって、全くそのとおりの内容であったので愉快にも思える気分でした。

でも、埼玉スタジアムから帰る車の渋滞でなかなか進むことができない状態で、ゆっくりと車内からスタジアムの夜景を眺めながら、つくづく「今日は失敗した~!」と心の中で繰り返し想い、早くTさんと二人になりたい、いやこの家族の輪から離れたい!という気持ちで溢れ帰っていました。

続きを読む "鹿嶋市民になるまで(15)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

鹿嶋市民になるまで(14)

浦和レッズに残り2分で同点に追いつかれ、掴みかけていた優勝をまさに目前で取り逃がしてしまったことのショックは想像以上に大きく、やりようなない気持ちの揺れが体中を駆け巡っていました。

そんな時、同じ職場のTさんから「姪っ子の自宅に車を停めてあるから、そこまでは姪っ子の家族と一緒に車に乗って帰ろう。だから、これから合流するために家族席へ行こう。」と言われました。

まさか、そんな状況になっているとは知らず、アントラーズのエンブレムの着いたベンチコートやレプリカユニフォームしか着ていなかった私は、「こんな格好で行ける訳無いので、ここで待っています。」とコンコースで待つことを伝えたが、Tさんの勢いはそんな私の主張など全く寄せ付けることはなく、「こんな機会は滅多に無いから、大丈夫だから行こう。弟夫婦(姪っ子の両親)も一緒だから、あそこのエレベーターのところにいるから。」といって取り合ってもらえませんでした。

「でも。・・・この格好じゃ・・・。」と躊躇していると、Tさんはおもむろに自分のジャンパーを脱ぎ、それを私のベンチコートの上から着せてくれました。
“ベンチコートの上からジャンパー”というありえない格好は、当然違和感丸出しで全くもっておかしな格好でしたが、そんなことよりもTさんの気持ちがとっても嬉しかったのです。

続きを読む "鹿嶋市民になるまで(14)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

鹿嶋市民になるまで(13)

(「鹿嶋市民になるまで」のカテゴリーを御参照ください。)

※※※ ※※※ ※※※

試合も佳境に入り、他会場の経過に気を奪われている隙に、何気なく1点を返されてしまいました。

その瞬間、沈黙を保っていたTさんをはじめ、周囲のレッズファンが一斉に目を覚まし、爆発的な喜びを始めました。

それでも時間は刻々と過ぎ、私の気持ちは他会場の試合の行方と、油断したら同点にされてしまう危険性のどちらに集中したら良いのか分からないくらい混乱してきました。

Tさんの顔は一気に笑みに変わっており、1点を返しただけなのに、「とりあえずゴールシーンが見れたので、これで負けても良しとしよう!」というコメントまで・・・。

「なら、すんなり勝たしてくれ!」と言いたかったのですが、そうも言えず。

そうこうしているうちに、後半40分を過ぎた頃に私の携帯が鳴り、TVで試合を観戦していたNさんから「横浜がやったぞ!」(引き分けに持ち込んだのか?勝ったのか?は忘れました。)と勢い込んだ声で伝えてくれました。

私は「えっ、本当ですか?今、こっちはリードしてます!このまま勝てば優勝ですね!ありがとうございます!」と天国にも上る気持ちで、奇跡が起きている!と鳥肌がたってきました。

すぐに、隣のアントラーズファンの方とTさんに、「磐田がやられました。このまま行けば優勝です。優勝!」とそのことを伝え、「よ~っし!」と試合に目を向け直し、その瞬間へのカウントダウンを始めようと身を乗り出しました。

すると、残りあと2分くらいのところで、(私の脳裏に焼きついているシーンは)右サイドの永井にボールが渡り、大岩がチェックに行くもライン際で振り切られ、右サイドからのセンタリング、ゴールエリアやや右サイドのニアに走りこんだエメルソンがダイビングヘッドでボールの角度を変え、吸い込まれるようにゴール反対側のサイドネットが揺らされました。

一瞬、無音で空気の流れも止まった状態になり、次の瞬間に周囲の人々の大歓声に包まれてしまいました。

「ちょっと、ちょっと、待った!やり直し、やり直しでしょ?そんなことあり得ないでしょ?ゆるされないでしょ?」と何がなんだか分からないことになってしまいました。

目の前には大岩や青木が芝生の上に倒れこんでいる姿が・・・・。

一瞬の間に“天国から地獄”へとは、まさにこの事かと実感できたのは、試合終了のホイッスルが鳴ってから、相当時間の経ったスタジアムのコンコースに来た頃でした。

心臓や胃や、気持ちの居場所が定まらず、「何かにすがらなきゃ、いてもたってもいられない」状態でした。

自分の頭の中は、先ほどの40分過ぎの電話連絡から失点するところまでのシーンが何度も繰り返し流れており、どこでストップして上書きし直せばいいのか?それを求めるばかりで、Tさんが何を言っていたのかすら覚えていません。

そして、現実に引き戻されたのはTさんの「じゃあ、一緒に家族の面会所に行こう。」という言葉でした。

私は「えっ?」と思い、そんなことは無理でしょう、アントラーズのエンブレムが入ったベンチコートに身を包んだ自分の姿からも、そして、今まさに息の根を止められた憎っくき敵の懐なんぞへ行けるわけがないでしょう?

当然、「いえいえ、私はここで待っていますから、行ってきてください。」と応えました。心の中では「ありがとうございます。気持ちはいただきましたので、後は勘弁してください。」というのが本音でした。

すると、Tさんは雨が降り、とっても気温が下がっきていて相当寒くなっている状況にもかかわらず、何と自らが着ていたジャンパーを脱ぎ、「これを上から着れば大丈夫だから。」と私のベンチコートの上から脱いだジャンパーを被せました。

※※※ ※※※ ※※※

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

鹿嶋市民になるまで(12)

「鹿嶋市民になるまで」のカテゴリーを御参照ください。今回は(10)の続きになります。

※※※ ※※※ ※※※ 

初めての埼玉スタジアムへは、武蔵野線と南北線を乗り継いで「浦和美園駅」まで行きました。

道中はそれなりにアントラーズファンもいましたが、スタジアムに段々と近付くに連れて、どんどんレッズファンに囲まれるような道のりになっていきました。

その当時は指定席だったのですが、国立での経験から多少の不安はありました。

そうです、バックスタンドのアウェー側なのですが、何分にもレッズのホームなので「周囲にはレッズファンばかりとなってしまうのではないか。」ということが心配でなりませんでした。

実際にスタジアムに着いて席までスタンドの階段を上っていくと、やはり嫌な予想は的中して、周囲には赤と黒のユニフォームを着た人ばかり。

それでも幸いなことに、私達の席の隣だけはアントラーズファンの人が座ったのです。

お互いに顔を見合わせながら、小さな声で「頑張りましょう!」と讃えあい、少しだけでしたが勇気も湧きました。

一緒に観戦することとなったTさんはお昼まで仕事があったので、丁度私がスタジアムに着いた頃に「車で仕事場を出発した。」との連絡を受けていました。

でも、「Tさんは一応浦和の応援をするのだろうな」ということは理解してあげないといけないと自分に言い聞かせて、応援のイメージを膨らませていました。

ちなみに、私をこのJリーグの世界に引きずり込んだFC東京ファンのNさんはその日は仕事だったのですが、仕事場で横浜VS磐田をテレビ観戦することができるということで、途中経過を携帯電話で知らせてくれるとのことでした。

そうなのです、この試合の結果だけでは優勝できるかどうか分からない状況で、磐田の勝敗も重要なファクターとなっていました。

Tさんが到着しないまま、試合は開始となりました。

その時点で、やはり周囲には、隣の同志を除いて殆どレッズファンの姿しか見えない環境となっていました。

でも、試合の方は・・・・。

なんと前半に小笠原の見事なボレーシュートが炸裂し、そして青木のJ初ゴールであっという間に2点をリードする展開に、私と隣のアントラーズファンは立ち上がって喜び、周囲のレッズファンは沈黙するのみ!

なんと心地よい展開か!

と、そこへ遅れていたTさんがようやく到着し、「すごいね~。このまま行くと優勝できるんじゃない?」と嫌味ではなく、友人としての心からのコメントをいただきました。

そして、気になる他会場の途中経過については、連絡がない状態でしたので「動きはないんだな~」と、アントラーズがリードしている展開だけに少しヤキモキした心持ちとなっていました。

そして、試合は後半へと進み、もう気になるのは磐田-横浜の途中経過のみ、という気持ちがいよいよ強くなってきました。

「このままだと得失点差が効いてくるのかな~」と追加点を求めるようにもなってきた、その矢先・・・・・・。

そうです、まさかの坂がそこにありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

鹿嶋市民になるまで(11)

浦和戦を終えたばかりで、当時の浦和との大一番(2003年の最終戦)のことを書く気にはなれないので、その前の試合のことを書きます。

(「鹿嶋市民になるまで」のカテゴリーを御参照ください。)

我がアントラーズは、ナビスコの優勝戦で浦和レッズに屈辱的な大敗を喫した後、Jリーグ優勝のかかった最終戦を順風満帆で迎えられていたわけではなかったのです。

その前にはガンバやマリノスといったツワモノとの戦いを含め、引き分けすら許されない大一番の直前の柏レイソル戦などがありました。

私達家族が鹿島アントラーズというチームを本当に好きになり、「これからずっと応援し続けていくんだ!」という気持ちにさせられたのが、実はこの柏レイソル戦だったのです。

チームの順位や勝ち点差から、引き分けてしまった瞬間に「優勝」の可能性がなくなってしまう土壇場の一戦でした。

試合は、前半に本山からの見事なパスを平瀬が落ち着いて流し込み見事先制!

その後もアントラーズペースで試合は進むものの、「早く追加点を取って安全圏へ」という想いが強くなってきた後半に、ドカン!と一発、相手に決められ同点とされてしまいました。

まだまだ時間は残っているので「きっと点を獲って突き放してくれるだろう。」と安易な期待を抱きながら試合を観るも、なかなかその追加点は入らず、時間だけが刻々と過ぎて行く。

攻めるも攻めるも無常にもボールはゴールネットを揺らすことはできず、試合は遂に90分を過ぎてロスタイムへと・・・。

その頃の私だと客観的になりすぎて「もう、勝利という望みはない。」と諦めの胸中になってしまっていたのですが、何故かその日に限っては、只々「勝ってくれ!」という想いしかありませんでした。

(その頃の私は、こういう気持ちになって負けてしまうと、翌日以降立ち直るのに時間がかかるので、そのような気持ちにならないように、「負けても仕方ない」と自分自身で予防線を張ってしまうことが多かったのです。)

そんな時に、ただ一人はっきりと運動量の違いを見せつけ、最後まで諦めずにゴールを目指し走り続けていた男がいた。

『小笠原満男』その人である。

その男の走りが試合を動かし、勝利への扉を開いた。

相手キーパーだったか相手DFだったかは忘れましたが、当ってリバウンドし、ゴール前から転々と緩やかに転がってきたボールに、一直線に走りこみ、豪快に左足でゴール蹴りこんだ!

ボールがゴールネットに突き刺さりって揺れた瞬間、私達家族は指定席であることもお構いなしに、立ち上がり、飛び上がって、抱き合い、とにかく狂ったように喜びました。

その時のイメージが、今にも続いている「私にとってのアントラーズ」なのです。

いつもギリギリのところで戦い続け、そして勝利を引き寄せ続ける。

昔はもっと“他を寄せ付けない強さ”を持っていたチームだったのでしょうけれど、そんな強さは今は無くとも、ボロボロになって必死に闘う今のアントラーズが大好きです。

そうですね、今も忘れられない思い出のゲームとして印象に残っているこの柏レイソル戦こそが、私が本当に「鹿島と鹿嶋に魅了された」大切な一戦だったのでしょう。

(次回こそは、浦和との大一番の事とその時の私の心情を書きます。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

鹿嶋市民になるまで(10)

久々に「鹿嶋市民になるまで」の続きを書きます。Img_1331

(「鹿嶋市民になるまで」のカテゴリーをご参照ください。)

前回は“Tさん”との出会いまでを紹介しましたが、このTさんは私と同じ会社の方ではありませんが、共通の仕事を多方面からサポートしていただいている関係会社の社員の方で、たまたま同じ場所で仕事をする機会があってそこで前回のような会話に発展したのです。

もともとTさんは茨城県の南部に住んでいて、土地柄、アントラーズはそれなりに地元チームとして応援(試合をたまに観に行く程度)していたとのことで、別に浦和ファンという訳ではなく「達哉ファン」である現状ということでした。

その後、仕事で顔を合わすたびにサッカー談義というか田中達哉談義に花が咲き、私がアントラーズを応援していることを快くも思ってくれて、茨城や鹿嶋の良さについても色々と教えてくれました。

鹿嶋というところの良さには、アントラーズだけでなく生活しやすい快適な気候風土、食べ物の豊富さやその安さ、海や湖といった水辺のレジャーが楽しめること、都心部からは程よい遠さの田舎であること(謂わば避暑地・別荘地)等々があり、「とっても良い所だ。」ということを教えてくれました。

といっても、それだけで鹿嶋に住むことを決めた訳ではありません。これらの話をきいたところでは、「鹿嶋は思っていたよりも住むことに不便さは無いのかもしれない。意外と住み易いところなのかもしれない。」といった程度の情報や知識が入ったくらいのことでした。

それから何日か過ぎた頃、Jリーグの最終戦である浦和レッズとの戦いの日が近づいてきました。

過去の反省からチケット(この時はまだ指定席利用者でした)は既に嫁さんの分と2枚購入してあり、その日が来るのを待つのみとなっていました。

国立の時と同様の不安(アウェー側の指定席とはいっても周囲は浦和ファンばかりとなってしまうのでは?という)はありましたが、それは優勝の可能性を残した重要なゲームということもあり、周囲に遠慮せずに応援しようとは心に決めていました。

ところが、試合の数日前になって、嫁さんが実家の都合により試合に行けなくなってしまいました。そのためチケットが余ってしまったのですが、一緒に言ってくれる友人は皆、仕事があって誘ってもダメでした。

そんな時Tさんのことを思い出し、既に聞いていたTさんの携帯電話に連絡して一緒に試合を見に行くことを誘ってみました。但し、アントラーズ側の指定席であるということを念押しして・・・。

実はTさんは姪っ子の家族席(浦和選手の家族用)に一緒に入ることをお願いしていたようで、残念ながら行く時は姪っ子の両親(Tさんの弟夫婦)とともに行くとのことでした。

そういくことでは仕方なく、もったいないけど一人行って一席は「荷物置き場にするしかないな。」と思っておりました。

そして試合前日の夜、突然、Tさんから私の携帯に連絡がありました。

明日、「現地で会おう。」とでも言われるのかと思っていたら、「実は、明日は急遽仕事が入って試合を見に行けなくなったので姪っ子に断りをいれておいたのだが、仕事が午前中で終わりそうなのでギリギリだけど埼玉スタジアムにいけそうなのです。でも、姪っ子に一度断ったのでその分を他の人に回してしまったので、そちらの指定席はまだ開いてますか?」ということであった。

私は喜んで「それならば一緒に行きましょう。チケットは明日の早朝、職場の方に届けます。私は先に電車で行きますのでスタジアムの席でお待ちしております。」と応え、Tさんは「じゃあ、私は車で行きますので帰りは一緒に私の車で帰りましょう。」ということになりました。

そして翌日、あいにくの雨の中、電車を乗り継ぎ一人運命の埼玉スタジアムへと向かいました。

横浜が磐田に勝ち、鹿島が浦和に勝てば奇跡の逆転優勝となる大一番。そして、浦和にはナビスコの雪辱をはらすこと!

そう、ただそうなるであろう展開だけを頭に描き、一人決意を抱いてスタジアムへと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)