2018年10月10日 (水)

2018 ルヴァンカップ 準決勝 横浜戦(カシマスタジアム)

Cimg6786

あとワンプレー、ツープレーで試合を決めに行って、逆にやられた経験がないから試合に負けた実感が・・・、ちょっと変な気分になっていてしっかりと現実を受け止められていない。

 

追いついたのも、試合終了ぎりぎりのアディショナルタイム。

でも、今日の鹿島にはあのプレーによる得点しか厳しい状況だった。

 

はっきり言って、横浜に走り負けていたことは認めざるを得ない。

これは中2日と中4日の違いで、鹿島の場合はそれまでの過密スケジュールの疲労も蓄積されているから、その数字以上の体力差があったのかもしれない。

 

しかし、言い訳にしてはいけない。

その条件で勝たなければならなった。

ホームだから勝たせなきゃいけなった。

自分たちの力の無さに悔しさが残る。

気を付けなきゃいけないのは天野のFKだけだと思っていて、それでやられた悔しさもある。

ホームの気迫がもっともっとあれば、あのFKだって弾き出すことが出来ていたかもしれない。

 

ただ、まだ我々にもチャンスは残されている。

 

準決勝は前半戦が終わっただけ、後半戦で逆転することは不可能ではない。

三ツ沢には仕事で行けないけれど、仲間がきっとやってくれると信じてます。

選手達も今度は横浜と同じ中3日の条件なら、きっと走り負けることなく戦ってくれると信じてます。

それができれば、我ら鹿島アントラーズはきっと勝ち抜けることができると思います。

 

疲労がピークの今こそ、サポーターの後押しが選手には必要です。

三ツ沢をホームに変えるくらいのサポーターのパワーで、後半戦、逆転を目指して思いっきり戦って来てください。

必ず、決勝へ行こう!

 


にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年10月 3日 (水)

2018 ACL 水原三星戦セミファイナル1st(ホーム) 

Cimg6782

Cimg6784

最低限の結果。

焦らず、落ち着いて、いつも通りの鹿島のプレーを!

いつも以上にゴール裏からの声援を!

同点になった時、誰も満足してなかった。

アディッショナルタイムになっても、最後のワンプレーになっても諦めなかった選手とゴール裏、そして聖地のスタジアム全体!

みんなで呼び込んだ篤人の決勝ゴール!!

一人が凄かったんじゃない、みんなの気持ちと力で勝ったんだ。

最低限の結果だけど、貴重な、とっても重い重い勝利です。

 

さあ、ファイナルまであと一つ!

 


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年9月30日 (日)

2018 Jリーグ ヴィッセル神戸戦(アウェイ)

Cimg6781

クリーンシートで5得点!

文句なしの大勝利。

勝因は、試合開始からインテンシティ高く、ハードワークで負けなかったこと!

どちらが中2日のチームかというほど、全員で走ることができていたね。

球際の激しさ、ボールを奪った後の展開の速さと的確さ。

スペースを上手く使うことが出来ていた。

クロスに対して中の枚数も揃っていて、本当ならもっと点数が入っていてもおかしくなかった。

守りに関しては、敢えて相手サイドにはボールを持たせて、中に入ってきたボールをしっかりと弾き出す!

ポドルスキをあんなに低い位置に押しやれば、怖い存在じゃなくなる。

町田もウェリントンに殆ど勝つことができていたね。

自信をつけてくれれば言うことなし。

犬飼、レオ、ご苦労さん。

フルタイム連続出場は体にきついだろうけど、レオは次のACLは累積でお休みが取れるし、犬飼は出ればどんどん上手くなる。

このまま、今シーズンいってしまいましょう!

充孝の復帰初戦はお見事でした。

気持ちが入ったプレーの連続だったね。

遠藤を休ませることができる充孝の復帰はチームにとってとても大きい。

安部の奮闘も凄かった。

気合いも凄かったから、球際の激しさが際立っていた。

いいところを上げればきりがないからこの辺で・・・・。

 

今日のリードは厳しかったなー(汗)

試合開始前から10分以上続けたロール!

気合いが凄かった。

キックオフの応援とは思えない、残り15分みたいな応援で思わず乗せられてしまった。

お蔭で足はヤバイ状態になってます・・・。

サポーターも中2日が2回も続き、回復しないで次の試合。

その状態でこのリード、ドSですねコールリーダーは(笑)

 

でも、楽しかったな~。

試合結果ももちろんだけど、あんな気合い満点の応援を経験できたことはとっても嬉しいね。

3日のACL、聖地でも同じように、いやそれ以上の応援が出来るように頑張らなきゃね!

参戦されたみなさんお疲れ様でした。

明日帰る人は台風で大変だけど、気を付けて帰ってきてください。

PS.神戸からは今日帰ってきました。21時10分の飛行機で羽田へ。そこからマイカーで一路鹿嶋に。12時に自宅に着きました。

 


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年9月26日 (水)

2018天皇杯4回戦 広島戦 正義は勝つ!

Cimg6780

久っさびさに酷い試合だった。

 

リーグ優先して天皇杯のタイトルを舐めた広島。

試合の行方が決まったら、ラフプレーの連続は中国のカンフーサッカーとなんら変わらない。

そして、最も酷かったのは柿沼!!

手を出そうが、足を掛けようが広島の選手には大甘ジャッジで、こちらがそれにクレームをつけるとすぐにイエロー!

広島から金貰ってるんじゃないかと疑われるような偏った笛。

それは言い過ぎとしても、広島と鹿島の試合の笛を吹くようなレベルじゃないよね?

ペナ内でのハンドや篤人を倒したところとか、この人じゃ当然、笛なんか吹けないよね?

 

あれじゃ試合を壊すだけじゃなく、選手も壊されてしまう。

真実を見抜く目を養って、もう一度出直してきて欲しい。

 

雨は気にならない程度で、寒さも少し感じたけど、応援が始まれば雨風は丁度良いくらいでした。

色々なことに我慢して、最後に笑うことが出来て本当に良かった。

過密スケジュールだけど、どの試合も捨てることはない鹿島。

ラフプレーにも、審判にも耐えることが出来た鹿島。

この試合、どちらが正義だったかは一目瞭然。

やっぱり、最後に正義は勝つ!

 

再び中2日で神戸だけど、総力戦で戦い抜こう!

今日はみんなお疲れ様でした。

 


にほんブログ村

| | コメント (1)

2018年9月24日 (月)

2018 Jリーグ 北海道コンサドーレ札幌戦(アウェイ)

Cimg6779

10年ぶりの札幌ドーム。

今回は季節的にも厳しくなく、ドームに着いたら涼しくて丁度良い気候でした。

ドーム内はちょっと蒸し暑く、それなりに動けば汗ばむ感じ。

 

試合の方は、ほぼ完勝といってよい内容だったのでは?

どの選手も、それぞれの持ち場で100%以上の気持ちを出して戦っているのが、スタジアムの中で応援していても伝わってきました。

チャンスもあり、ピンチもあり。

そのチャンスをものにして、ピンチをことごとく防いだ。

その結果の2-0!

文句なしです!

 

これでJリーグも単独で4位まで浮上。

3位の東京とは勝ち点差僅かに1。

でも、下位との勝ち点差も僅かでしかなく、一度負ければすぐに希望のないところに転落してしまう。

これからのJリーグは負けられない戦いが続く。

全部勝つ!なんてことは口では言ってもできないだろうと思われるかもしれないが、そんな不可能なことに挑戦し続け、それを実現してきた歴史がアントラーズファミリーにはある。

 

天皇杯、ACL、ルヴァンと共に全ての大会をまだ戦い続けることが出来ている幸せ。

今週も中2日で2試合続く超過密スケジュールだけど、総力戦で乗り切るしかない。

選手同様にサポーターもみんなでカバーし合って、この過密スケジュールを戦い抜こう。

それぞれが出来る限りのサポートでアントラーズを支えていこう!

 


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年9月14日 (金)

2018 Jリーグ 湘南ベルマーレ戦(カシマスタジアム)

Cimg6778

ワンチャンスあれば「イケル!」って思ってた。

 

選手もサポーターも連戦の疲れが抜けないね。

体力じゃなく気力で勝負です!

 

マカオにいくアントラーズファミリーに〝悲願〟を託します。

頑張ってきてください。

よろしくお願いします。

 

今日はみんな、本当に最後まで頑張ったね。

お疲れ様でした。

 


にほんブログ村

| | コメント (1)

2018年9月10日 (月)

2018 ルヴァンカップ 準々決勝 川崎撃破!

Cimg6769

昨晩は仕事を終えて、一路、味スタを目指して車を飛ばす。

無事、試合前に飛田給に着き駐車場を降りると、陽も落ちて爽やかな風が吹きやや肌寒さを感じるほどでした。

歩いてスタジアムへ行き、コンコースまでは同じような過ごしやすい気候でしたが、スタンドに入り階段を下りながらピッチ近くに行くと、何と、全くの無風!

そして絡み付くような湿気で、更には酸素が少ない!!

応援が始まって、声を出してジャンプすると、「これはヤバイかも?」とすぐに感じました。

水分補給をするものの、それでは補えないような苦しい感じに「試合終了までもたないな」と感じて、ジャンプを諦めることに(申し訳ない)。

多分、ピッチの選手も全く同じような状況であったと思います。

「9月に入ってのナイターゲームで涼しくなって選手もやりやすいだろう」と思っていた人は、それは全くの間違いです。

カシマスタジアムで今年の夏にあった非常に厳しい環境下での試合を思い出しますが、それに次ぐくらいの厳し試合環境でした・・・。

涼しくなったから鹿島の選手達が走れていたのでは決してありません。

「気持ち」が違ったのです!

 

本当にサッカーというのは気持ちのスポーツなんだと改めて思い知りました。

勿論、それなりの実力が無いと駄目ですが、J1で戦っているチームの選手レベルになれば、そこで違いを見せることができるのは「気持ち」の部分くらいなんでしょうね。

昨日の鹿島の選手は一人ひとりの気持ちの入りが違ったというか、全員が同じ考えを共有したような気持ちのまとまりがあったのでしょうね。

川崎の猛攻に「我慢する時は我慢する」ということが出来ていたのが大きな勝因だったと試合後に思いました。

そこにはベテランの経験が凄き効いていて、先発フル出場した篤人の働きは勿論のこと、久しぶりにベンチ入りして途中から交代出場した小笠原の存在が大きかったですね。

これまで長い期間、試合出場やベンチ入りどころか遠征の帯同メンバーからも外されていた小笠原について、「大岩監督はなぜ小笠原を冷遇するのか?」とずっと考えていました。

ベテランとしての練習姿勢を示しながら、そういった冷遇に我慢する小笠原でも、このような扱いが続くようなら来期は出場機会を求めて移籍してしまうのではないかと心配していました。

そして、「大岩監督は間違いなく小笠原の選手寿命を縮めていると」まで思っていました。

でも、どうやらその考えは間違っていたようです。

ずっと、練習も休まず元気よく動けていたので体調は問題ないのかと思っていましたが、足の具合がかなり悪かったようですね。

ゲルマガの田中氏の記事を読んで、それがわかりました。

 

昨日のスタジアムでの小笠原コールに涙が出てきました。

そして、短い時間でしたが久しぶりの試合出場。

キャプテンマークの受け渡しの状況については、多くの報道やブロガーさん達が書いている通り鹿島サポーターにとって感動的なシーンでした。

その行為について、みんなが色々な見解を示していますが、それぞれが考える通り、「その行為にはさまざまな意味が込められていたんだ」と勝手に考えることにします。

 

川崎に勝ったのは、吹田で行われた天皇杯決勝以来でしょうか?

これまで苦渋を舐めさせられてきたので、絶対に勝ちたい気持ちは凄く大きかったです。

この2試合で、PK2本の2失点だけに抑えることが出来た守備は、川崎の猛攻を受け続けたとはいえ褒めてもいい内容だったと思います。

攻撃に関しても、2試合で4点を獲ることができており、この厳しいスケジュールで選手をやり繰りしながら戦う中では上出来でしょう。

 

誰が変わった、何が変わったというほどのことでもなく、今まで通りの総力戦で、大岩監督の考えるままの戦い方で、「気持ち」の入りだけが今までとは違いました。

これが毎試合、このベースでできればいいのですけれど、広島や川崎はそれができているから今の順位・成績があり、鹿島はまだその域には達することが出来ていない。

気持ちを合わせて、プレイに表し続けることは相当に厳しく苦しいことだけど、それをやらなければ勝てないし、更に上位に食い込んでいくことはできない。

選手にそのプレイを続けさせることが出来るのは、スタジアムで応援するサポーターの声が一番だと思います。

いくらこのようなブログの記事やSNSでそれぞれの考え方を発信しても、選手やスタッフに気持ちを届けるという意味では、スタジアムでの1発のチームコールには到底かなわない。

昨日の応援は相当苦しかったけど、選手を奮い立たせ、止まりかけた足を再び駆け出させる応援ができいていたと思います。

川崎に勝てたのは、スタジアムでのサポーターの応援が川崎よりも勝っていたということが大きな要因であったと実感しました。

 

自分の応援だけじゃない。

周りのみんなの勝ちたい気持ちは〝半端なかった!〟

本当に気持ちって大切なんだ。

諦めたら、この気持ちは絶対に生まれないと・・・。

「監督や選手を代えれば勝てる」と思っている人が居るならば、こういった試合でのゴール裏の応援を一緒に体験してもらいたい。

言葉で説明するよりも、現場で体験することでその意味は分かってもらえると思います。

 

チームが苦しい時、チームを支えるのはスタジアムでのチームコールです!

間違いありません。

 

本当に昨日の応援は素晴らしかったです。

周りのサポーターの頑張りに拍手を送りたい。

川崎を打ち破った感動を、スタジアムで共に戦ったみんなで分かち合えたことは本当に嬉しかったです。

スタジアムに来たくても来れなかった仲間にも嬉しい報告ができました!

 

まだまだ、2018の鹿島の戦いは続きます。

昨日の応援よりも更に熱い応援を目指して、鹿島アントラーズを愛するみんなで再びスタジアムに集まりましょう!

 

お疲れ様でした。

 


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年9月 5日 (水)

2018 ルヴァンカップ 準々決勝 川崎戦(カシマスタジアム)

平日のナイトゲームに集まったファン・サポーター。

最後まで諦めずに勝ちを獲りに行った。

力及ばず1-1の引き分け。

アウェイゴールをPKで献上してしまったが、若い町田の成長のために必要な失点だったと考えよう。

 

前半が終了したところで、後半は等々力ではなく味スタでのアウェイゲーム。

後半のポストに救われた場面も含めて、色々な意味でまだ鹿島に流れがあると思う。

強い川崎であることは認めつつ、アウェイで勝てない相手ではないと感じる。

 

日曜日はキックオフに間に合わないかもしれないけれど、少しでもチームの力になれるよう、仕事終わり次第味スタに向かいます!

 

今日はお疲れ様でした。

日曜日には今日以上のビリビリ感漂う応援で、選手達を後押ししましょう!

※ちなみに、試合終了直後のゴール裏からのブーイングは審判に対してのもので、選手に対するものではありませんので誤解なきように書いておきます。

 


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年8月28日 (火)

2018 ACL 天津権健戦(ホーム) 2-0で前半戦終了!

Cimg6762

勝利と0封が必要だった天津権健とのACLベスト8第1戦、レオシルバとセルジーニョのブラジルコンビの見事なゴールと、スンテやスンヒョン、犬飼が中心となった懸命の守備でノルマ(0封)を達成!

アウェイでの第2戦に向けて、大きなアドバンテージを獲得しました!

 

選手達の気合い乗りも逞しかったけど、今日のゴール裏の気合いのりは半端じゃなかった!

越えの出方も、勢いも、集中力も凄かったと思います。

勝ちたい気持ちが溢れんばかりに出ていましたね!

 

この気持ちがあれば次も必ず勝てると思います。

天津まで参戦されるメンバーは今日よりも少ない数だろうけれど、勝ちたい気持ちは今日のゴール裏よりも強いはずです。

 

そんな心強いメンバーに、いいバトンを渡せました。

 

鹿島アントラーズがまだ見たこののない世界へ、大きな一歩を踏み出すべく第2戦も気持ちで闘わなきゃなりませんね!

本日はお疲れさまでした。

 


にほんブログ村

| | コメント (1)

これからの参戦予定

今日の天津権健戦から年内の参戦予定です。

8月28日(火) ACL 天津権健(カシマ)19時~ ○
9月 1日(土) J25 広島(ビッグア)19時~ ×
9月 5日(水) ルヴァン 川崎(カシマ)19時~ ○
9月 9日(日) ルヴァン 川崎(味スタ)19時~ ○
9月14日(金) J26 湘南(カシマ)19時~ ○
9月18日(火) ACL 天津権健(天津)20時30分~ ×
9月23日(日) J27 札幌(札幌ド)19時~ ○
9月26日(水) 天皇杯R16 広島(カシマ)19時~ ○
9月29日(土) J28 神戸(ノエスタ)16時~ ○

これ以降の日程で、土曜日及び日曜日の試合には年内は参戦できません。(涙)

ACL、ルヴァン、天皇杯に勝ちあがった場合のウイークデーマッチなら参戦が可能です。

個人的に、早くも今年のクライマックスになってしまいそうな9月。

全て勝つつもりで頑張ります!

 


にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧