« 2018 Jリーグ 柏レイソル戦(アウェイ) | トップページ | 天皇杯 準々決勝 ヴァンフォーレ甲府戦 »

2018年11月11日 (日)

2018 ACLファイナル 第2戦

我ら、アジアンチャンピオン、鹿島アントラーズ‼️

|

« 2018 Jリーグ 柏レイソル戦(アウェイ) | トップページ | 天皇杯 準々決勝 ヴァンフォーレ甲府戦 »

コメント

CWC優勝(  )>ACL優勝(鹿島)>>>J優勝(川崎)>天皇杯優勝>ルヴァン杯優勝(湘南)>>>優勝なし(昨シーズンの鹿島) 

チョンスンヒョンの跳ね返しが植田に見えました。韓国コンビは良かった。
今思えば、フロントの金崎とのトレード判断はお見事でした。

あらゆる場面で偉大なるジーコ効果が発揮されていました。
相手チームのジーコへの過剰なリスペクトは良い意味で鹿島有利へ導きました。
悪い意味では、あまりにジーコ依存になりすぎているようにも感じました。

高齢多忙のジーコから鹿島が真に自立する意味でも、来期以降、ジーコスピリッツの継承者、
満男が徐々にコーチ、監督など指導者への道へ進むべきリミットに来ているとも感じます。

セルジーニョ、鈴木、昌子らがCWC終了後、欧州へ移籍希望という報道は、大いに気になりますが・・・。

今シーズンは現時点まで、とにかく鹿島FCに感謝です。素敵な時間をありがとう。残り全ての試合、全勝を期待しています。まだまだ、これからです。

投稿: | 2018年11月11日 (日) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2018 Jリーグ 柏レイソル戦(アウェイ) | トップページ | 天皇杯 準々決勝 ヴァンフォーレ甲府戦 »