« 2018 Jリーグ セレッソ大阪戦(アウェイ) | トップページ | レノン 3歳になりました »

2018年8月 1日 (水)

2018 Jリーグ FC東京戦(ホーム)

Cimg6719

カシマスタジアムで、これまでに経験した中で5本の指の中に入る暑さ。

スタンドやピッチには風は吹かず、モワ~っとした暑さが滞留して、熱が籠った状態に。

娘も軽い熱中症の症状で、試合の途中で何度かコンコースに避難する事態。

試合後には、担架で運ばれる年配の女性もいたぐらい、とても暑くてヤバイ環境下での試合でした。

 

相手のFC東京も条件は同じなので言い訳はできませんが、7月に1試合多く戦っている連戦の疲れの差が効いてた感じがします。

東京は守備がしっかりしてました。

鹿島の攻撃はセットプレイにチャンスを見出すしかないような感じで、そのセットプレイから僅かなチャンスがあったけど、GK林に弾き出されてしまった。

 

同じ相手に2回も負けるのはとっても悔しいし情けない。

しかし、それでも鹿島の選手は頑張っていた、いや頑張っている。

レアンドロ、遠藤、脩斗、昌子が怪我で、植田と金崎が移籍で居なくなり、今戦える選手達の活躍で勝ちや引き分けを拾ってきたけれど、さすがに現在リーグ上位に位置している東京には通じなかった。

どうして攻めれば活路を見いだせるか分からなかった。

怪我人でベストメンバーが組めない、連戦での疲れ、現在の成績等々、今が一番苦しい時かもしれない。

それでも戦った選手達は懸命に走って、ボールを奪い、ドリブルで仕掛け、パスを繋いでピンチを防ぎチャンスを作ろうとした。

チームコールで選手を鼓舞するのが当然だと思いました。

 

選手達を下を向いたままにしてはいけない。

サポーターとして、選手が前を向けるように声を掛けなければならない!

 

今日は結果的に選手達の力になれなかったのは、共に戦ったサポーターとして選手やスタジアムに来れなかった仲間に申し訳ない気持ちです。

 

出口が見えない気がしている人が多いかもしれませんが、2日後にはジーコとセルジーニョが来日してチームに合流します。

化学反応は必ず起きます!

そして、怪我人は時間と共にこれから必ず戻ってきます。

 

鹿島アントラーズがチームとして今が底なら、これからは上がるのみです!

今日の悔しい敗戦は、反省するべきところは反省し、次に向けてチームと共に前を向いて進んで行きましょう!

 

過酷な環境のスタジアムで共に戦ったサポーターの皆さん、お疲れ様でした。

水分と塩分を補給して、睡眠をしっかりととって体力回復してください。

 


にほんブログ村

|

« 2018 Jリーグ セレッソ大阪戦(アウェイ) | トップページ | レノン 3歳になりました »

コメント

大岩体制になって、これまで金森は交代投入されても、9割5分位の確率で結果を出していない。
恐ろしく得点率、アシスト率の良くないFW。大岩の采配ミスで負け、敵将の優れた采配で負けた。
何でまたまた、大岩は贔屓にしてる金森を出すのだと、いつも思う。他にも良いFWはいるでしょう。
個人的にはPJと同じように、レンタルですぐに出すべき、そのほうが本人にためになります。

あとレオシルバのフリーキックも、恐ろしく確率が悪いのはデータに出ているはず、譲ってしまう永木の気の弱さが良くない。
蹴りたがるシルバもお粗末。
永木や中村アツ、安部などが代わりに蹴ったほうが、引き分けや勝利に繋がったと思う。

それとレオシルバは、性格が良い選手なのだろうが、試合前や試合中のミスをした後など、歯を見せて笑っているシーンが多い。
今の鹿島の置かれている厳しい状況は、優勝するためなら、勝ち点を一つでも多く積み上げなければいけないギリギリの状況なのに、
年長者のリーダーとして、あまりにも緊張感が無さすぎだと思う。
そこはジーコに厳しくチエックして欲しいが、シルバはもうベテランなので、もう改善しないと思う。

鹿島が優勝する気なら、もう大岩監督、レオシルバ、金森は難しいと思う。

投稿: | 2018年8月 2日 (木) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2018 Jリーグ セレッソ大阪戦(アウェイ) | トップページ | レノン 3歳になりました »