« おかえり昌子 | トップページ | 2018 Jリーグ 柏レイソル戦(カシマスタジアム) »

2018年7月18日 (水)

悔しい引き分けだけど、選手とサポーターの戦いは評価すべき

灼熱のヤマハで惜しくも引き分け。

昨年の最終戦、思いっきり悔しさを味わったヤマハの地で、その悔しさを晴らしに行った選手とサポーターだったと思います。

その思いを晴らせなかった悔しさは当然みんなの胸にあるのだろうけど、あの湿度の高い状況で、最後まで力強さを失わず戦えていたアントラーズの選手の頑張りが印象に残る試合でした。

 

遠藤の怪我が心配ですが、以前にも痛めた個所なのだろうから、これは癖になってしまっているのかもしれません。

再び怪我に悩まされるチーム編成になりそうです。

交代で入った充孝や山口が、アシストという仕事をしてくれたことは明るい話題になりますね。

戦える選手とサポーターで、夏の連戦を乗り越えるしかありません!

 

追撃の狼煙をあげることができなかった今日の試合でしたが、諦めることなく最後まで勝利を求める姿勢が見られたことを前向きに捉えて、次節の戦いへのモチベーションとしましょう!

 

平日ナイター、しかもアウェイ!

参戦されたサポーターのみなさんお疲れ様でした。

明日は仕事の人も多いでしょうから、夏バテで体調を崩さないようにケアしてください。

 


にほんブログ村

|

« おかえり昌子 | トップページ | 2018 Jリーグ 柏レイソル戦(カシマスタジアム) »

コメント

こんなに長い休み明けに、なぜ中心選手の金崎、レオシルバがベンチにもいないのでしょうか? 故障? 移籍検討中?

また期待の補強、内田が7月半ばなのに先発で使えない状況は、フロントの補強ミスではないですか。

いつも運動量の少ない、中村アツが頭を負傷して、治療後から突然エンジンがかかったように、10分くらい動き回っていたのが、とても不思議でした。何があったのでしょうか?

いきなり3失点の脆弱DFでは、今後、ジーコ効果が多少出ても、リーグ優勝は厳しそう。ルヴァンと天皇杯狙いですかね。
唯一、ACLに関してだけは、大岩は持っている感じがするので、むしろジーコのサポートやアドバイスがないほうが勝ち抜ける気がしますが、どうでしょう。

投稿: | 2018年7月18日 (水) 22時41分

金崎は古傷の「ネズミ」とかいろいろあって・・・、とゲルマガの田中さんは書かれていました。単に足の具合が良くないだけと思いたいですが。レオは足の具合と相談しながら徐々にペースを上げてきているかんじの練習風景だったので、近々全体練習にフル参加できるようになるのではないでしょうか?

内田はやっぱり右ひざの状態と相談しながらの起用になると思われ、フロントとしては想定内の状況なんだと思います。先発~フル出場といったことだけを期待しての契約ではないのでは? 精神的支柱としての存在は試合に出場してなくても、練習でそういったイズムを若い選手に見せるだけでもアントラーズとしては契約する価値があるものだと。

充孝については前半~負傷するまでは消えている時間が多く、またチンタラ動きながらポジションが他の選手と被る場面があり機能してないように思えましたが、得点シーンでは見事に充孝らしい正確なパスで安部の落ち着きまで引き出すような仕事をした感じでした。

DF特にCBの二人はリーグ戦で初コンビの出場でしたが、落ち着いたプレーが見られたと思ってます。失点シーンについては、1点目は町田がもう少しヘディングしにジャンプするとか相手に体だけでも寄せるとかできなかったものかと思いました。2点目は永木を含めて3人が絡んだところでの失点でしたが、バランスを崩してどうしようもないところに山田のシュートが見事すぎるものだったので、落ち着いて永木と守備の連係が図られていたら防げたかもしれませんが、いきなりのこの試合では無理も仕方ないと・・・・。3失点目は犬飼ですが、Jでもトップレベルのヘディンガーである川又を抑えられなかったことで駄目のレッテルを張ることは早計かと。 少なくとも昌子と植田が初めてコンビを組んだ時も同じような目を瞑るシーンはあったんじゃないでしょうか? ここは温かい目で見て、CBを育てないと!
 
ジーコの効果はチーム全体の力の底上げに必ず出ると信じてますが、特にブラジル人には抜群の効果を発揮してくれるものと期待してます。そして、今年の戦いだけの効果を期待してのTD就任依頼ではないはずですから、これからの世代にどのような効果をもたらしてくれるのか、そういったスパンで考えないといけないと思っています。勿論、大岩監督の成長にも大いなる効果を期待したいです!

投稿: 鹿莫迦 | 2018年7月19日 (木) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おかえり昌子 | トップページ | 2018 Jリーグ 柏レイソル戦(カシマスタジアム) »