« 水戸ホーリーホックとの練習試合 & その他選手の状態 | トップページ | 柏戦に向けて練習再開 »

2017年11月20日 (月)

アントラーズファミリーにはどうしても優勝したい理由がある!

なんと26日の柏戦のチケットが「全席種完売」しました!

サポーターズシートやイーストゾーン、ウエストゾーンを含めて全て前売りで売り切れたのを見たのは、私自身初めてです。

Jリーグ開幕当時には、そのようなことが多々あったのかもしれません。

それでも私がアントラーズサポーターになってから、このような状況は初めてです。

 

今日、スタジアムに行ってみたら、既に多くのシートが貼られていて、それは先日の浦和戦を遥かに凌ぐ枚数のシートが貼られていました。

これは相当の盛り上がりを見せる試合になりそうです!

当日は朝早くから、アントラーズの優勝の瞬間を見届けたい人々がスタジアムに集まり、きっと凄い賑わいを見せるに違いありません。

 

ただ、来場すればその希望どおりになるわけではなく、勿論、難敵である柏レイソルに勝たなければならないというミッションを達成しなくてはなりません。

試合間隔が開いて試合勘が鈍ってしまっている選手達を、キックオフからアドレナリン出まくりの状態にするためには、スタジアムの雰囲気(盛り上がり)がとっても大切です。

まずは、そのために「多くのアントラーズファミリーがスタジアムに集結する」という条件はクリアできそうですね!

次は、その終結したファミリーが心を一つにして、声を一つにして、選手達に圧倒的なホームのパワーを届けることです。

選手だけでなく、アントラーズファミリー一人一人が、試合に向けて気持ちを作っていく作業も必要になります。

色々な思いをイメージして、「どうしても勝ちたい!」という気持ちを抑えきれなくなるくらいに感情を高めて試合当日を迎えるようにしたいです。

 

その気持ちを高めるため、今日は鹿島神宮に行って必勝祈願をしてきました。

まずは、鹿島の神様にこれまでの戦いを見守ってくれたことの御礼をして、その上で柏戦で我々の今年の集大成と言えるような応援をすることを伝え、誓いました。

鹿島の神様には、サポーターや選手の戦う姿を見守っていただけるようにお願いしてきました。

「勝たせてください」とはお願いしてません。

「勝つために最後まで全力で戦うので、その戦いを見守ってください」とお願いしました。

 

その言葉通りに自分が戦えるか?

それが私にとっての勝負のポイントだと思って試合に臨みます。

Cimg6346

帰りにおみくじを引いたら、「大吉」でした!

言うことなし!です。

 

 

そして、モチベーションを上げることになった〝もう一つのこと〟に気付かされました。

サポ仲間の鹿世さんから教えてもらい気付いたことなんですが、柏戦に勝利してカシマスタジアムで優勝することができれば、それは2007年の優勝以来となる10年ぶりのことなんですね!

10冠を達成した、あの奇跡の逆転優勝をした2007年以来だとは、全く気付いていませんでした。

10冠 カシマスタジアム
11冠 国立競技場
12冠 札幌ドーム
13冠 埼玉スタジアム
14冠 国立競技場
15冠 国立競技場
16冠 国立競技場
17冠 埼玉スタジアム
18冠 埼玉スタジアム
19冠 吹田スタジアム

カシマスタジアムでもっと優勝を経験していると思ってましたが、10年ぶりだとは・・・・全然気づいていませんでした。

 

優勝なんてそう簡単には出来るものじゃないし、そのうえ聖地(カシマスタジアム)で優勝できるチャンスなんて滅多に巡り会うものじゃない。

是が非でもここで優勝を決めて、アントラーズファミリーみんなで歓喜に埋もれなきゃならない!

この絶好のチャンスを逃してはならない。

 

そういったアントラーズファミリーの気持ちが、柏戦のチケット完売にも表れているんだと思います。

 

10年前の優勝を決める試合前、オリベイラ監督が選手であった大岩に言った一言、「10年後、大岩は白髪が増えているだろうし、岩政は ~ 、 そんな君たちは10年前に自分たちが成し遂げた劇的な優勝をきっと思い出す。まさにその日が今日なんだ。みんなで歴史を作るんだ」(「鹿島の精髄」田中滋編著)

 

その言葉から10年が経った、それが今年であることは決して偶然だとは思えない。

しかも、その舞台がカシマスタジアムであれば、なおさらアントラーズの歴史が繋がっていること感じることができます。

 

きっと今度は、選手にメッセージを与えピッチに送り出す立場となった大岩監督が、選手たちの気持ちを最高潮に盛り上げてくれるに違いないと思います。

〝偶然の10年〟かもしれませんが、このような歴史の継承ともいうべき、勝者のメンタリティーを与えてくれたオズワルド・オリベイラの言葉、週末の試合を戦うために大きな力になることは間違いありません。

 

世間からみれば「また鹿島が?」と思われるかもしれませんが、我々アントラーズファミリーにとっては、柏戦に勝利して優勝するということは、実に10年ぶり(10年に一度)のことなんです。

アントラーズファミリーが「どうしてもカシマスタジアムで優勝したい」と思う理由が、そこにあるんです!

 

20分の1の「優勝」なんかじゃない!

10年に一度来るか来ないかといったチャンスの「優勝」なんです。

 

やっぱり、何があっても絶対に勝ちたい、勝たなければならない思いの詰まった、試合と優勝なんです!

 


にほんブログ村


鹿島アントラーズランキング

|

« 水戸ホーリーホックとの練習試合 & その他選手の状態 | トップページ | 柏戦に向けて練習再開 »

コメント

柏戦チケット完売ですか。すごいですね。みんな優勝の瞬間の感激を生で味わいたいのでしょうね。
もちろん私も参戦します。今年の集大成ですから。

そうでうか。カシスタでの優勝は2007年までさかのぼるのですか。

もちろんその試合も参戦しました。清水戦だったのですが、本山のスーパーゴールは今だに脳裏に焼き付いてます。
最終節で、前節まで浦和が勝ち点で上まっており鹿島はなにがなんでも勝たねばならない状況でした。
我が鹿島アントラーズは試合に勝利し、浦和の試合終了まちになりました。
首位の浦和は、最下位でJ2降格のFC横浜との最終節。
カズの活躍によりFC横浜が勝って、その時のスタジアムの興奮・歓喜は忘れられません。

最下位のチームが首位のチームに最終節で勝つなんて。
その年に一度も首位にならなかったのに最終節で首位に立つなんて。
まさに “ 奇跡をおこせ!” です。いや奇跡が起こったのです。

今年は立場が逆です。
浦和の二の舞を演じないよう気を締めて戦いましょう。

2連勝すれば
歴代最多勝利数と歴代最多勝ち点の更新になります。
クリーンシートの勝ちになれば
今年の最小失点チームにもなれます。

ただ優勝するだけでなく、記録も残してほしい!
それが “常勝軍団” と呼ばれるのに値するチームだと思うから。

投稿: 神栖の愛犬家 | 2017年11月21日 (火) 13時56分

神栖の愛犬家さん、コメントありがとうございます。

日曜日は凄い人出になりそうですね。36000人(浦和戦は33000)の来場が見込まれています。駐車場はや売店は混雑必至なので、試合前にまずはそちらの確保に奔走しなければなりませんね。

お互い頑張りましょう。

試合の応援する体力は残しておかないと!

寒さ対策も必要ですね。

投稿: 鹿莫迦 | 2017年11月21日 (火) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水戸ホーリーホックとの練習試合 & その他選手の状態 | トップページ | 柏戦に向けて練習再開 »