« ルヴァンカップ ノックアウトステージ準々決勝 VS仙台 第1戦 | トップページ | 今は結果が欲しい時 大宮戦 勝利! »

2017年9月 4日 (月)

2つめのタイトルを失う ルヴァンカップ敗退

ACLに続き、ルヴァンカップの敗退も決まってしまった。

これで2つ目のタイトルを獲得するチャンスを失ってしまいました。

それでも私は、戦って敗れてしまった選手やスタッフを攻める気になれません。

 

私は昨晩、仕事のため出張先から鹿嶋に戻る飛行機の中から、「鹿島が奇跡を起こして勝ち抜けるように」といのることしかできませんでした。

残念ながら、羽田に到着してから確認したメールには鹿島アントラーズの勝利とルヴァンカップ敗退の報せが届いていました。

無念です。

 

スタジアムで選手や仲間と共に戦えないもどかしさや、こんなチームが苦しい絶対絶命の状況なのに何の力にもなれないことが情けなかったです。

それでも、選手やスタジアムで戦ってくれる仲間を信じていました。

 

試合では先制点や追加点を奪われながらも、最後まで諦めない聖地での戦いが見られたようです。

結果が伴わなかったことから、「それが全て」という人もいるかもしれませんが、最後までアントラーズらしさを見せてくれた選手とサポーターを称えたいと思います。

昨日の試合には大伍が肉離れになって出場できなかったように、町田やペドロの長期離脱、昌子と植田の両CBの代表選出に伴う不出場、これに加え、レアンドロとブエノの出場停止、更には西までと本当に選手のやりくりが厳しい状況で臨まなくてはなりませんでした。

それでも「いる選手で戦う」と大岩監督が決意を持って臨みましたが、エンジンのかかりも遅く、反撃の流れに乗った時には既に残り時間は殆どありませんでした。

残念です。

やり直しができるなら、もう一度、第1戦からやり直したいです。

そうすれば結果はまた違ったものになると、自分たちの力はこんなものではないと証明することは必ずできるはずです。

故に、悔しいですね。

 

この悔しさをバネに、残されたタイトルである「Jリーグチャンピオン」と「天皇杯」の奪取にかけるしかありません。

下を向いている時間はなく、直ぐ週末にやってくるリーグ大宮戦に向けて立て直さなければなりません。

選手もサポーターもそれは同じであり、気持ちを入れ直して、悔しさをその気持ちに注入して、何としてでも大宮戦には勝利するしかないところです。

 

悲しいことに、昨晩のスタジアムはチームのピンチにもかかわらずガラガラだったと聞きます。

自分も参戦できてないので何も言う資格はありません。

それでもコールリーダーがゴール裏を回ってサポーターを鼓舞し、2万人越えのスタジアムにも負けないくらいの〝熱さ〟で応援してくれたそうです。

ハーフタイムも応援を止めることなく、サポーターとしての後押しはとても力強かったということです。

ありがとう。

サポーターとして、昨晩スタジアムに参戦された仲間にはその言葉しかありません。

試合にも行けてない自分たちよりも、もっと悔しかったに違いないでしょう。

 

週末の大宮戦には参戦しますので、昨晩戦ったサポーター仲間から〝熱い気持ち〟を受け取りながら、より気持ちを込めた応援でアントラーズを勝たせたいと思います。

 

ルヴァンカップに参戦できなかったサポーターの皆さん、週末の大宮戦には是非スタジアムで気持ちと力を合わせて共に戦いましょう!

アントラーズ勝利のために、マックスボリームで応援しましょう!


鹿島アントラーズランキングa.com/antlers/ranking.html?p_cid=01372391">にほんブログ村

|

« ルヴァンカップ ノックアウトステージ準々決勝 VS仙台 第1戦 | トップページ | 今は結果が欲しい時 大宮戦 勝利! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルヴァンカップ ノックアウトステージ準々決勝 VS仙台 第1戦 | トップページ | 今は結果が欲しい時 大宮戦 勝利! »