« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月30日 (水)

ルヴァンカップ ノックアウトステージ準々決勝 VS仙台 第1戦

この敗戦に、全く言い訳はありません。

悔しいけど1-3で試合に敗れ、しかも2人も退場処分になってしまうとは。

こんな結末は、大岩監督はじめ、サポーターも含めて誰も想像していなかったでしょう。

けれど救われたことは、「この敗戦でカップ戦が終わるということではない」ということ。

次の第2戦との合計で勝ち抜けか?それとも敗退か?が決まる。

レギュレーション的には2点以上の差をつけて相手を1点以内に抑えることが条件となる。

2-0で勝ち抜ける!

3-1でも延長戦にまでもつれ込ませることができる。

ここは一番、〝最後まで諦めない気持ち〟を前面に押し出すところでしょう!

やるしかないです。

本職のCBが不在という、正に絶体絶命、背水の陣ですが、チーム全員スクランブル態勢で頑張るしかないです。

覚悟を持って、気持ちを前面に押し出して仙台を迎え撃ち、必ずや我らが聖地で逆転勝利を成し遂げようじゃありませんか!

まだまだ、アントラーズファミリーはやれる!戦える!

勝ち抜くことだけを信じて、力を合わせて目の前の試合に勝つことだけに集中して戦いましょう!

 

仙台で雨の中戦ってくれたサポーターのみなさんお疲れ様でした。

風邪などひかないように十分にケしてくださいね。


にほんブログ村


鹿島アントラーズランキング

| | コメント (0)

2017年8月29日 (火)

クラブハウス練習見学 不在のCBは?中盤の組合わせは?

Cimg6024

ルヴァンカップ準々決勝第1戦を明日に控えた、鹿島アントラーズのクラブハウスでの前日練習の様子を見に行ってきました。

9時から練習が始まり、最初は鳥かごからウォーミングアップです。

Cimg6028

鳥かごに永木が参加していました。

練習の途中から別メニューになっていましたので、部分合流までできるようになったというところですね。

Cimg6029

セレッソ戦で走りまくって、決勝アシストをした金崎にも、元気な笑顔が見られます。

顔は笑顔でも、身体の方はきっと疲れが抜けてないんだろうな~?

Cimg6032

Cimg6033

ここのところ試合に出れていない遠藤は休養は十分ですから、明日は先発かもしれませんね。

Cimg6034

セレッソ戦の終了間際に、無人のゴールへのシュートを外してしまった優磨です。

ロングボールの練習のようにリラックスして蹴ることが出来たら、あれは楽々とゴール出来たのでしょう。

次は決めてくれることに期待しましょう。

Cimg6036

町田と安部は別メニューで調整です。

安部の怪我は、やっぱり軽くは無かったのか?

Cimg6037

さあ、セットプレーの確認的練習です。

Cimg6039

セレッソ戦からCB二人が代表で抜かれているので、そこに入るのはブエノと三竿健です。

今日はまず攻撃側としての練習のようです。

Cimg6041

控え組の田中。

ボールを奪ったらカウンターへの切り替え。

Cimg6042

向こう側のグランドでは、別メニュー調整している二人がボールを使ったサーキットトレーニングを始めました。

Cimg6045

永木も早いスピードで走っています。

かなり仕上げの段階に入っているのでは?と思わせられるハードなトレーニングです。

Cimg6046

セットプレーのボールを蹴るのはレオシルバ。

ただ、遠藤や小笠原も蹴っていましたので、左右、ゴールまでの距離等によって誰が蹴るのか決まりそうです。

ということで、中盤の組み合わせは、ローテーションをして三竿健のところにレオシルバが入り、小笠原がそのまま、充孝に変わって遠藤という布陣で行きそうです。

Cimg6048

永木は、里内フィジカルコーチとマンツーマンです。

Cimg6049

セットプレーの練習はいつもだと守備だけやって上がりということが多かったのですが、今日は攻撃側の練習から始まり、今度はいつものように守備側の練習です。

ここで、ホワイトボードを使いながら、入念に打ち合わせを行っています。

Cimg6051これ

そして、いよいよスンテが戻ってきそうです。

今日の練習では、曽ヶ端を差し置いて先発組に入って練習をしていました。

負傷個所を気にするようなところは全く無く、明日はこれまでどうりに安定感溢れるプレーを見せてくれるよう期待しています。

Cimg6053

相手FKの壁となるのはこれらのメンバー?

Cimg6055

キックスケーターを使ってトレーニングする永木。

Cimg6057

セットプレーの確認を入念に行った後、ピッチサイズを小さくして10対10(GK入れて11対11)のれんしゅうを行いました。

Cimg6059

ミニゲームの途中から、先発組のボランチに入っていた大伍。

大悟は、本職のSBと経験のあるSH以外にも(今日は)ボランチの位置にも対応していました。

大悟はどのポジションでも難なくこなし、それだけでなく、どのポジションについても安心感がありますよね。

Cimg6061_3

練習後に談笑する小笠原とレオシルバ。

Cimg6066_2

逞しい後姿のブエノ。

Cimg6069_2

反対側のゴール前では、永木がシュート練習を行っていました。

Cimg6071_2

居残り組はFKの練習メンバーです。

Cimg6072_2

まずは遠藤。

シューズをモデルチェンジしたのか、またルヴァンカップのボールとの相性が良いのか、何本もゴールネットを揺らしていました。

Cimg6073_2

ん???

ブエノとレアンドロ?

FKの練習するのかな?

Cimg6074_2

レアンドロのキックは可能性を感じることが無かったのですが、何本も蹴るうちに力が抜けてきて、軽く蹴る時にはゴールの枠の中に飛ぶようにはなってきました。

Cimg6075

ブエノはFKというよりも、ロングシュートって感じです。

だから、壁の人形の頭にものすごい音でバチーン!と当たっていましたが、よく壊れないなと思うくらいのシュートです。

人間だったらきっと脳震盪を起こすに違いないでしょうね。

Cimg6076

そうしているうちに、その中の1本が人形の頭の間をすり抜け、ゴールネットまで上昇軌道を一直線に描きながら決まりました。

「どうだ!」とアピールしているブエノです。

Cimg6077

そして、そこへペドロ・ジュニオールが現れました!

Cimg6080

珍しいブラジル人4人の勢揃いの写真です。

Cimg6081

PJはロドリゴPTとマンツーマンで、グランドの周囲をウォーキングするようです。

Cimg6082

歩き方も、まだ片方の足を庇っている様な感じで、まだまだってところでしょうか?

全治2か月だから、あと1か月くらいはやっぱりかかりそうですね。

 

 

【今日の先発組の布陣】

GK  スンテ

DF  大伍、ブエノ、三竿、脩斗

DH  レオシルバ、小笠原

OH 遠藤、レアンドロ

FW 優磨、聖真

【ミニゲームでの途中からの布陣】

GK  スンテ

DF  伊東、ブエノ、三竿、脩斗

DH  レオシルバ、大伍

OH 遠藤、金森

FW 優磨、聖真

 

疲れている選手を少しでも休ませて、日曜日のホームゲームに備える。

出場機会が少ない選手をローテーションで上手く使い分け、選手のモチベーションを落とさず、逆に奮起を促す。

そういった選手起用になりそうですね、アウェイの仙台戦は!


にほんブログ村


鹿島アントラーズランキング

| | コメント (0)

2017年8月26日 (土)

耐え抜いて掴み取った大きな1勝

みんなが体を張って守りきった鹿島のゴール。

曽ヶ端の鬼のようなファインセーブ。

最後までレアンドロを変えなかった大岩采配!

金崎がクロスを上げた後、倒れこんだまま右手を上げてゴールを喜んだ姿がとても印象的でした。

みんな暑さとも戦って、フラフラになるまで走りまくって、正に死力を振り絞って掴み取った勝利でした。

最高です!

現地で選手を最後まで後押ししてくれたサポーター仲間に感謝です。

お疲れ様でした。

大きな勝利をありがとう。

| | コメント (0)

2017年8月21日 (月)

褒められた内容ではなかった順天堂大学との練習試合

今日は16時から、順天堂大学との練習試合がクラブハウスグランドでありました。

順天堂大学の監督はあの堀池氏だったのですね。

 

今日の先発メンバー

GK スンテ

DF 伊東 ブエノ 梅鉢 三竿雄

DH レオシルバ 久保田

OH 遠藤 安部

FW 優磨 金森

 

このメンバーだと、レオシルバや遠藤のようなレギュラークラス、そして優磨や阿部のようなスーパーサブクラス、常にベンチ入りしている伊東やブエノといったクラスの選手がいるので、さすがに試合の内容も安心して見ていられる感じでした。

スンテが復帰してきているので驚きましたが、まだまだ試運転なのでしょうね?

 

安定感ある守備から、中盤の選手がしっかりとボールを受けて、相手選手を交わしながらボールを前線へ展開し、そのうち何度か相手DF裏へのスルーパスになって、FWが抜け出しゴールを狙うシーンがありました。

残念ながら、それらのスルーパスは悉く相手DFのオフサイドラインにひっかかり、その度に審判の笛に悔しそうに天を仰ぐFWの姿を何度も見ました。

こうなると得点も時間の問題かと思われましたが、セットプレーの惜しいチャンスを外したり、決定的なクロスかと思われたシーンも相手DFの必死のクリアで得点を奪うことが出来ずに、前半が終了してしまいました。

 

後半のメンバー

GK スンテ(川俣)

DF 伊東 ブエノ 小田(梅鉢) 三竿雄

DH 梅鉢(ユース) 久保田

OH 遠藤(ユース) ユース(田中)

FW 金森 田中(ユース)

 

前半で安部が足を痛めてしまったようです。

右足のスパイクだけを脱いで、トレーナーと共に歩いてクラブハウスに引き上げる時、痛そうに足を庇っていました。

大事に至らなければいいのですが・・・・。

 

後半メンバーでの試合は、一転して酷い内容になってしまいました。

 

遠藤が下がって、小田が相手選手とぶつかって膝?を痛めて交代したころから、打つ手が無くなってしまい、相手の攻撃を受けるばかりの一方的な内容になりました。

DFラインから組み立てようとしても、CBがパスを出せるのは横パスが殆どで、たまにボランチにボールが出てもそこから展開できずに、再びCBにボールが戻るという始末。

サイドに開く選手にボールをパスしても、そこで素早いプレスを受け、ボールを失ってしまうとカウンターで攻め込まれ、徐々にピンチを招くようになりました。

そのような展開になってくると、相手の選手達も落ち着いてボールを回すことができるようになって、最後の方は鹿島側の陣地で殆どプレーされているような感じでした。

スンテや川俣の好守、ブエノの高い身体能力が無ければ、何点失っていたかわかりません。

 

CBがボールを持っても出し手が無い、動き出さない前線の選手、サイドに張ってフリーなのに声を出してボールを呼び込むことをしないSB、ボールが全く収まらない2列目(ユースの選手に溜めや捌きを期待しても可哀そうですが)、走り出したところにようやくボールが出てもトラップが決まらずボールロストを繰り返すFW。

暑さが理由かどうかわからないけれど全然走れない、大学生相手に1対1で勝てない(或いはボールをキープできない)、黙っていてはたとえフリーでもボールは来ないよ!

きっと大岩監督の雷は相当に大きなものになるでしょう。

もし、そうならないなら、それは諦めに近い感覚なのかもしれません。

 

今日の試合は0-0で引き分けでしたけれど、本当に負けなくて良かったという内容の試合でした。

 

 

今日のメンバーで大岩監督からOKを出されそうな選手は、レオシルバ、遠藤、優磨、安部、伊東といったところでしょうか?(GKはスンテの仕上がり具合以外は問題なし)

ユースの選手が3人いましたけれど、身体を張って必死に戦うところが伺えた彼らは、他のトップのメンバーよりも評価は高いと思います。

 

金森や三竿雄といったところが何故ベンチ入りできないのか、その理由が少しわかったような気がします。

やっぱり先に名前を挙げた選手達とは、小さくない差があることは試合を観ていた人なら分かるのではないでしょうか?

 

久保田や梅鉢、そして練習試合の先発にも入れなかった田中や小田と言ったところは、金森や三竿雄よりも更に差があると言われても仕方ない感じでしょう。

小田は本職でないCBで起用され、しかも短い時間で交代してしまったので、単純にそれほどの差があるということにはなりませんが・・・。

 

大岩監督は奇をてらった選手起用をしているとか、これまで出場機会に恵まれなかった選手達にチャンスを与えているとか、そういった感覚で選手をセレクトしているのではないということが良くわかりました。

練習での頑張り、アピールできているかどうか、試合に出る力が今現在あるかどうか?

そういったところを純粋に見極め、かつ平等に評価して、今のレギュラーやサブメンバーが決められているんだと思います。

当たり前のことですけど、それがよ~くわかった練習試合でした。

 

但し、今日出来が悪かった選手であっても、鹿島の選手はどの選手も潜在能力は低くないので、インテンシティを高く、〝走って声を出す〟という単純なことをどれだけ頑張れるか?という点が修正されれば、一気に頭角を現すことができるレベルのものだとも思っています。

特に金森や三竿雄には、そういうところに期待したいです。


にほんブログ村


鹿島アントラーズランキング

 

| | コメント (2)

2017年8月20日 (日)

やっぱり誓志

誰も書いていないようなので、カシマスタジアムに帰ってきた誓志について。

 

アップで清水の選手がピッチに姿を現して、清水サポとメインに向かい並んで挨拶した直後、誓志がひとり鹿島のゴール裏に向き直って深々と一礼!そしてゴール裏の鹿島サポに向かって拍手をしながら挨拶をしてくれました。

ほんの一瞬の出来事できたけれど、誓志の人柄を懐かしく眺めることができました。

 

鹿島のゴール裏でもこれに気付いたサポは少なかったんじゃないですかね?

誓志の挨拶に、拍手でこたえることが出来た鹿島サポは少なかったです。

 

やっぱり誓志は、鹿島にいたころと同じ誓志でした!


にほんブログ村


鹿島アントラーズランキング

| | コメント (3)

完璧な内容で清水を圧倒! 首位キープ!

Cimg6021

Cimg6023

ジーコイズムを再注入された小笠原は無双状態!

殆ど相手にボールをポゼッションされることなく、危なげない完勝。

川崎戦での悔しさが糧になったね!

 

 

これで首位をがっちりキープして、さらにセレッソが磐田に引き分けて勝ち点差が4に開いた。

2位にはセレッソと川崎と柏が45で並び、明日の試合で横浜が神戸に勝てば勝ち点は46となるため2位に浮上する。

それでも勝ち点で3差が出来たのは喜ばしいこと。

いっそのこと、ポドルスキが覚醒して横浜を撃破してくれれば言うことないんだけどね。

 

 

次節はいよいよセレッソと上位決戦、これに勝てば更に差が開き、敗れれば再び混戦になる大事な試合です。

柏はホームで新潟、川崎はアウェイで甲府が相手。

それぞれ取りこぼしを期待しても仕方ない感じなので、アウェイだけどセレッソに勝たなくてはならないですね。

 

 

今日は雷と雨の予報でしたけど、試合中は雨に降られることもなく、試合終了と同時に振りだした雨。

喉の調子が悪く、痛みがあって声が出るかどうか不安でしたが、何とか最後まで声を出して応援することができました。

周囲の仲間は「寒い~」といってましたが、喉の漢方薬を服用していたせいか全く寒くなく、ちょっと暖かいんじゃないの?って感じてました。

家に帰った今では暑いくらいです。

完全に体調はおかしくなってますね、これは!

明日どうなっているかわかりませんが、風呂に入って、薬飲んで、ぐっすりと眠って体を休めます。

 

今日は試合内容の割に、本当に疲れた・・・。

勝って良かった・・・・。

体力無さすぎだけど、とりあえず限界です・・・・。

 

 

今日、参戦できなかった仲間に勝利を届けることが出来てホントに良かった。

スタジアムで共に戦った皆さん、お疲れ様でした。


にほんブログ村


鹿島アントラーズランキング

| | コメント (0)

2017年8月15日 (火)

この敗戦を糧にできるか?

試合内容については、良いことも悪いことも両方とも沢山あるのでしょう。

それについてどうのこうの、今、語る必要はないような気がします。

それを語るほどチームの状況は悪くはないと思います。

必要な修正や訓練は監督・コーチ、そして選手に任せて、サポーターとしては敗戦後であっても選手やチームを信じて、次節以降も「決して負けない!」という強い気持ちを持ち続けることが一番です。

 

たった1回負けただけで、不安を煽るような記事を書くつもりはありません。

これまでと同じように、大岩監督が送り出す選手達を、必死の気持ちで応援するのみ!です。

 

次の清水戦、聖地での負けられない戦い!

チームを勝たせる一番の強化ポイントは、サポーターの気迫を更に一段上げることですね!

 

今、みんなの心の中にある「悔しさ」というマグマを、週末の聖地で爆発させましょう!

それまで、グッとこらえて、何も語らず、気持ちを発する時は、一番初めのチームコール!

今年一番の「鹿島アントラーズ!」コールをかましましょう!

 


にほんブログ村


鹿島アントラーズランキング

| | コメント (0)

2017年8月10日 (木)

想像以上の強さを見せた神戸戦

見事な逆転勝ち!

きっと相当な暑さと高い湿度との戦いでもあったと思います。そんなことなど全く感じさせない鹿島の選手たちの躍動感に驚かされました。

 
昨晩は残業が長引き、試合の様子は鹿嶋に帰る高速バスの中で、スポーツナビのテキストライブになりました。

後半に同点になってからのチェックでしたので、ハラハラドキドキしながら静かに心の中で祈りながらの応援でした。

家に帰ってからDAZNで後半だけ見逃し配信を観ました。

前半は神戸ペースであったと聞きましたので、後半に限っての感想になりますことを先に言っておきます。

 
金崎の得点シーンは、どちらも金崎だけじゃなく連携に絡んだ選手たちのプレイも素晴らしいものでした。

そして、得点には至らなかったものの、バリエーション豊富なパスワークで相手守備陣を翻弄した数々の攻撃には、テレビの前でも思わず驚愕の声をあげてしまうほどでした

何か神戸の選手との比較において、背負っているものや覚悟のようなものが明らかに違うのではないかと思うくらい、アグレッシブさというかインテンシティの違いを感じました。

 
かといって、選手や監督に奢るような印象は全く受けず、誰からも「まだまだ」といった気持ちも感じられます。

正直、自分の想像以上の強さをチームから感じました。

本当にチームの充実ぶりが伺えます。

遠藤や小笠原であっても、ポジションが約束されなくなった現状で、これまで以上の激しい健全な競争がこれからもまだまだチームを強くしてくれると思います。

常勝鹿島の時代に少しでも近づいてきているのではないでしょうか。

 
そんな嬉しくも喜ばしくもある状況ですが、「好事魔多し」とも言われます。

次の対戦相手の川崎は、チームの現時点の力量を計るにはもってこいの相手であります。

また、鬼門の等々力、そして前回の対戦ではホームカシマスタジアムでボコボコにされていることを思いだし、借りをきっちり返すつもりで立ち向かって行きたいところです。

神戸戦よりも素晴らしい内容で、結果もきっちり得るべく、気持ちを高めて臨みましょう。

1試合少ない状態での首位奪取、ここで更に勝ち点を上積みできればタイトルに大きく前進できます。

強豪川崎に足踏みさせられないよう、必死さも上積みして戦い抜きましょう。

| | コメント (2)

2017年8月 8日 (火)

ウブドの森(伊豆高原) 愛犬レノンと一緒に家族旅行 その2

Cimg5943

ウブドの森のドッグランです。

レノンはここでも動きません。

Cimg5940_2

長女が先導してついてくるように促しますが、どちらかというとレノンの周囲を長女が回る・・・・、どちらが動かされているんだか?

Cimg5939

何人ががりでも結果は同じです。

まあ、こんなもんだと諦めるしかないですね。

Cimg5941

レノンが良ければ、それで良しとするしかないでしょうね!

【ウブドの森 夜のお食事の一部ご紹介】

前菜

Cimg5919

生野菜(わさびマヨネーズで)

Cimg5920

お肉

Cimg5921

レノンは、夜も大人しく、テーブル脇の専用チェアーでくつろいでます。

Cimg5925

ここでもお水しか飲みません。

朝、自宅を出発する前に軽い朝御飯(ドライフード)を食べてから、おやつも含めて何にも食べません。

「和犬は繊細ですから、環境が変わると順応できるまで食べないこともありますからね」とホテルの人にもフォローしてもらいました。

Cimg5927

そんな状態のレノンでしたが、実は7月29日が誕生日!

この日の前日で満2歳になりました。

ホテルからバースデーケーキのプレゼントをいただきました(このケーキも食べることができなかったので、ホテル側で取り置いてもらって、夜のバータイムに再挑戦することになりました)。

Cimg5928

そして、ホテルから花火のプレゼントも!

レノン、怖がってる~。(笑)

ホテルの皆さん、ありがとうございました。

Cimg5933

記念撮影でパシャリ!

結局、バータイムにケーキ再挑戦しましたが、駄目でした。

全く食べない・・・・。

 

【朝食の一部ご紹介】

Cimg5934

土鍋で炊いたふっくらご飯、美味しかったー!

Cimg5937

Cimg5936

朝のレノン、全然食べてないのに、どことなく昨日よりも元気です。

少しは環境に慣れてきたかな?

 

 

【お昼にお出かけしたCafe CANDYの犬用ごはん】

Cimg5946

まず、最初に貰ったおやつの「人参ビスケット(うさぎ型)」の片耳部分だけを細かく砕いてあげたら、やっと食べました!

そこで、食欲が出てきたならとお店のマスターに相談して、メニューから食欲をそそるお肉料理を注文しました。

これには、ちょっと興奮した様子で匂いを嗅ぎに来て、お肉をちぎって与えてみると食べてくれました!

3分の2くらいお肉だけ食べました。

(普段からお米は与えてないので)下のお米は食べません。

Cimg5949

ところが、急に油っこいお肉を食べて胃がびっくりしたのか、直後に履いてしまいました。

悲しそうな、調子もちょっと悪そうなレノンです。

この後は、すぐ車には乗せず、お店の周囲を15分くらい散歩してから帰りました。

 

 

【2日目の晩御飯の一部をご紹介】

前菜

Cimg5950

カルパッチョ

Cimg5953

Cimg5955

お疲れのレノン。

Cimg5957

何と!寝てます・・・。

結局、ここでもお水だけしか飲みませんでした。

カボチャのスープ

Cimg5960

嫁さんの一番気に入った料理はこれだったようです。

本当に美味しかったです!

Cimg5961

まだ、寝てます・・・・、

やっぱり疲れているんだな~、環境が変わるとこれほど神経を使うんですね。

人間でも旅行に行くと疲れるんだから、繊細な柴犬なら尚更ですね。

 

金目鯛のしゃぶしゃぶ

Cimg5962

これは、次女の一番のお気に入りだったようです。

私もこれが一番良かったかな。

 

ドルチェ

Cimg5964

もうお腹一杯です。

 

この後、部屋に帰ってから、レノンには家から持ってきた「ヤギミルク」を与えてみたら飲んでくれました。

胃に優しく刺激が入った後で、いつものドライフードとウェットフードを混ぜて与えたら、少しずつだけど食べてくれました。

やっと、食べた。

 

 

Cimg5966

レストラン&ラウンジ「ガルーダ」

Cimg5967

 

【3日目の朝食の一部をご紹介】

Cimg5972

焼き魚(3種類から1品を選べます)

サバの味噌漬け

Cimg5973

金目鯛の開き

Cimg5974

あと1品は、鯵の開きです。

サバはボリュームあり過ぎて、お腹一杯で苦しくなるほどです!

 

チェックアウト前に20分程度の「愛犬のマッサージ教室」に参加しました。

Cimg5978

ここで他の犬と比較できたのですが、うちのレノンは大人しくていい子ですけど、「待て」とか「お預け」とかの躾は全然できてなかったです・・・・・。

マッサージは嫌がらずに喜んで受けてくれます。

でも、躾が出来てないと恥ずかしいものですね。

今後のレノンとの課題は、躾の部分とブラッシングを入念に行うことかな~って思いました。

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村


黒柴犬ランキング

| | コメント (1)

2017年8月 6日 (日)

霧の街 風の街 鹿嶋

良い意味でも悪い意味でも、鹿嶋は「風の街」です。

いや、殆ど〝良い〟意味でそう呼んでもいいと思います。

 

普段から鹿嶋に住んでいる者としては、昨晩の霧のような状況はごく普通の日常の風景でしかありません。

鹿島の海から吹く風は、夏は涼しさを運んでくれて、冬は暖かさを運んできてくれます。

その風は、時には台風のような暴風になることもありますけれど、どちらかというと住んでいる者にとってありがたいことの方が圧倒的に多いです。

 

日中に温められた陸地からの熱が、日が暮れると地面からの放射熱に変わり、そこに海からの水蒸気を含んだ冷たい風が送られてくると霧が発生する、というのが鹿嶋の霧の発生原理だと自分では思ってます。

それに加えて、いつもよりも風が弱いと霧も流されずに滞留してしまい、周囲を巨大なスタンドで囲まれたスタジアムでは、昨晩のように深い霧が上空から降りてきてしまうのですよね。

 

それにしても、昨晩の霧は今までで一番濃かったのでは?

ゴール裏からは、センターラインから向こうのプレーは、ボールの行方も含めて殆どわからなかったです。

向こう側のゴール前は全くと言っていいほど、本当に何も見えませんでした。

土居のゴールもわからず、ゴールした後もそのまま応援を続けているような状況でした。

誰がゴールしたか理解したのは、大型映像に「GOAL! 土居聖真」と映し出されてからでした(汗)

 

この季節、いつもの風が吹かないと、霧に包まれたスタジアムになってしまいますよね。

それでも、霧がかかった試合では、実は鹿島は負けが少ないんです!(負けてない?)

これは、良いジンクスですからアントラーズサポの皆さんは覚えておいてくださいね。

 

(試合前の風景) 

Cimg6002

Cimg6001

仙台サポの皆さん。

 

(前半途中)

Cimg6004

霧が出てきて、半分から向こうは殆ど見えません。

 

(ハーフタイム)

Cimg6005

霧が晴れる気配は無し。

 

(ハーフタイムにメインスタンドを眺める)

Cimg6007

(ハーフタイムにバックスタンドを眺める)

Cimg6008

 

(アウェイ側の大型ビジョン)

Cimg6009

もう、何が表示されているのかもわかりません。

Cimg6010

そして、後半の途中に2度目の中断となりました。

10分くらいの中断でしたけど、それから経過時間を示す時計表示が消され、これから何分残り時間があるのかわからなくなり、本当に笛が鳴るまで戦うことになりました(そんな状況は、望むところでしたけどね!)。

Cimg6013

試合後には、聖真がゴール裏に向かってトラメガデ感謝の言葉を伝えました。

ゴール裏からの聖真への気持ちを込めたコールやチャントは、本人にはきちんと伝わっていたそうです。

これからも、選手への気持ちを乗せたコールのし甲斐があるというものです。

 

(帰り際のスタジアム風景)

Cimg6017_2

 

それにしても、大岩監督の狙いが段々とチームに浸透してきているのではないでしょうか?

セビージャ戦で相手選手から刺激を受けているという鹿島の選手達は、パス&トラップの基本的なプレーの重要性から、更にはパスワークで相手選手を走らせて体力を消耗させるというようなことも意識しているのか?

昨日の仙台戦では驚きのスタッツが!

鹿島と仙台の総走行距離について、既に前半で10Kmもの差がついていました(1試合では20kmの差に)。

これは仙台が鹿島よりも走っているということも言えなくはありませんが、パスの総本数の差でも鹿島が仙台よりも断然上回っているということは、鹿島が仙台の選手を走らせているということだと判断できます。

それにより、仙台の選手の体力は徐々に消耗させられ、後半途中から仙台の選手が攻撃から守備に映る時(所謂、鹿島のカウンター発動時)に彼らのチェックが非常に甘くなった(鹿島の攻撃についてこれなくなった)と感じたのは気のせいではないと思います。

 

また、大岩監督が充孝とレアンドロを重用する理由が少しわかった気もします。

エルゴラの田中氏の記事を読んでそう感じたのですが、鹿島の攻撃での相手守備陣の崩しでポイントとなるのは、「落とし」ということらしいです。

前線の選手への縦の楔のパスを入れて、そのパスを一旦近くにいる選手へ「落とし」て、直後にDFラインの間、もしくは裏に動き直して再びパスを受けてゴールに向かうといった崩しの方法が多様されているということでした。

なるほど!それならば、前線でボールを受けてワンタッチで落とす感覚に優れた選手としては、鹿島ではまず充孝であって、その次はレアンドロということですね(FWである金崎やペドロ、優磨は除きます)。

聖真にしても遠藤にしても、ボールを受けたら〝ターンしてドリブルで運ぶ〟というプレイを得意としているだけに、「落とし」に関しては充孝やレアンドロの方が向いているから先発で起用されているのでしょう。

 

そして、大岩監督の良さとして挙げられるのはターンオーバーではなく「ローテーション」を多用していること。

昨日も、2試合休ませた小笠原と遠藤を先発で起用、これまでレギュラーだったレオ・シルバとレアンドロを完全休養させることに成功しています。

脩斗も途中出場しましたが、体力温存を考えた短い時間のプレーで済みました(脩斗の2列目起用も驚きましたね!)。

勿論、中3日で行われる水曜日の神戸戦を意識してのものでしょう。

その他の選手についても、優磨と安部を競わせているところ(その他にも金森や田中にも刺激になっているところ)や、三竿を先発で90分起用し続けることでボランチのポジション争いも一層激化させており、チーム内での健全な競争を促すこともしっかりと行われています。

ペドロが負傷したタイミングでブエノをベンチ入りさせて、ブエノ本人のモチベーションを高めることも忘れずに行われています。

 

早計かもしれませんが、指導者としての資質に長けた大岩監督であるとの評価をしていいのではないでしょうか!

次からのアウェイ2試合は、タブーとも言える金崎の獲得を狙っているポドルスキがいる神戸と前回ホームで散々な目に遭わされた川崎が相手です。

負けられないどころか、借りをきっちりと返すべく、必勝態勢で臨まなくてはなりません。

関西や首都圏の暑さに負けることなく、鹿島の選手と参戦されるサポーターの気持ちが入った戦いに期待が高まるばかりです!

 


にほんブログ村


鹿島アントラーズランキング

| | コメント (0)

2017年8月 4日 (金)

仙台相手に油断は禁物

Cimg5989

仙台戦前日の練習を見学に行ってきました。

Cimg5990

選手の笑顔でわかるように、チームの雰囲気は非常に明るいです。

Cimg5992

怪我人はペドロ、町田、永木、スンテと少なくはありませんが、この町田のように焦らずに時間を掛けてしっかりと治してきてもらいたいです。

彼らが居ないのは痛いですが、その穴を埋める選手は、今の鹿島には豊富ですからね!

Cimg5991

明日の先発メンバーは、どうやらレオ・シルバに代えて小笠原、レアンドロに代えて遠藤が出場する模様です。

FWは甲府戦と同じく、金崎のパートナーには土居が入る感じです。

Cimg5993

いつものようにセットプレーで守備の確認です。

Cimg5994

Cimg5995

軽めの確認が終了したら、これもいつも通りにミニゲーム(ツターッチ)です。

Cimg5996

Cimg5997

Cimg5998

Cimg5999

安部が三竿健を蹴っているわけではありません。

Cimg6000

明日の試合は、その次の神戸戦を意識してレオとレアンドロを休ませる計算なんでしょうね。

それでも、その変わりが小笠原と遠藤だなんて、ちょっと前なら先発とサブが逆ですから、今の鹿島の選手層の厚さに満足感で一杯です。

大岩監督の2試合とも万全のチーム状態で勝ちきる算段なんでしょうが、出場する選手には仙台を舐めることなく、全力で勝ちに行かないと、勝ち点もポジションも得られなくなりますから、それくらいの気持ちで臨んで欲しいところです。

勿論、それはサポーターにも言えることで、「最近の連勝で、今の鹿島なら100%の力でも勝てる」なんて慢心は捨てて望まないと痛い目に遭います。

勝ちきるまでは、リードした状態で試合終了の笛を聞くまでは絶対に油断せず、勝利を掴むべく全力で戦いましょう!


にほんブログ村


鹿島アントラーズランキング

| | コメント (0)

2017年8月 3日 (木)

「愛犬の駅」 犬と一緒に遊んで飲食できる道の駅

伊豆高原にある愛犬と一緒に行ける道の駅「愛犬の駅」の写真をもう少しだけ貼っておきます。

Cimg5906

愛犬の駅は入場料が掛かります。

大人3人と犬1頭で1700円でした(小学生以下は無料)。

これは、屋外ドッグランの使用料も含まれた料金です。

Cimg5905

屋外ドッグランです。

当然、レノンは走りません。

Cimg5907

離れた後方から名前を読んでも、勿論、駆け寄ってくるなんてことありません。

Cimg5909

 

Cimg5910

食事の時はサイドに犬用チェアーがあります。

Cimg5911

車酔いから解放されたのか、また外の暑さのためか、お出かけ時には一切食べ物や飲み物を口にしなかったレノンが水を飲んでくれました!

Cimg5914

こういう席では本当に大人しいレノン。吠えることも一切ありません。

お利口さんっぽく見えます。

Cimg5915

この「愛犬の駅」には陶芸体験があったので、翌日にレノンの水飲みボウルを作りに来ました。

でも、焼き上げて郵送までは2か月くらいかかるそうです。

気長に待つことにします。

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村


黒柴犬ランキング

| | コメント (2)

2017年8月 2日 (水)

ウブドの森(伊豆高原) 愛犬レノンと一緒に家族旅行

この夏の家族旅行ということで、7月31日から伊豆高原に行ってきました。

愛犬レノンと一緒に宿泊できるホテル「ウブドの森」に行きました。

 

鹿嶋から伊豆高原までのドライブですので、レノンの車酔いが一番目の心配でした。

こまめに休憩を取りながら、ゆっくりと目的地を目指すドライブです。

 

鹿嶋(自宅)出発 8時40分

潮来道の駅    9時00分

大栄PA      9時30分

幕張PA     10時10分

平塚PA     11時35分

網代       13時00分

川奈       13時40分

愛犬の駅    14時10分(第1目的地到着)

 

鹿嶋を出てから約5時間で伊東に到着です。

ホテルにチェックインする前に、下調べしておいた「愛犬の駅」に立ち寄りました。

Img_3326

ウブドの森よりも少し先にあるので、135号線をそのまま真っ直ぐに進めば右手に大きな看板が見えてきます。

Img_3325

ここのドッグランを楽しみ(とは言ってもレノンは走ることなくじっと佇むのみでした)、ちょっと遅めの昼食を取りました。

その後、15時過ぎにホテルに向かいました。

Img_3287

「ウブドの森」に無事到着しました。

チェックインして、貸切露天風呂の予約をしてからドッグランに!

Img_3290

やはりここでも走りまわることなく、じっと佇み、家族の周りをゆっくりと歩くのみ。

仕方なく長女が一緒に走ってみることに。

Img_3294

Img_3297

人間だけが走ることに・・・・・。

本当に用心深い犬です。

Img_3298

Img_3299

ほとんど動かないので、写真の被写体としては丁度いいのですけどね。

Img_3301

ハンモック初体験。

 

この後、部屋に入る前にグルーミングコーナーでブラッシングしていくことにしました。

Img_3302

トリミング台の上だと大人しく座ってブラッシングを受けるんですね~。

Img_3303

ファーミネーターでブラッシングすると、驚くほどの抜け毛が・・・。

レノンは気持ちよくなって、自分から台の上に伏せて「もっとやって!」と言わんばかり。

Img_3312

グルーミングコーナーのお隣にある「室内ドッグラン」です。

ここでトレッドミル(犬用ウォーキングマシン)を発見!

Img_3308

さあ、レノンは走ることができるのか?

Img_3310

いやいや、これは虐待です・・・・。

やっぱりレノンには無理でした。

Img_3306

ハンモックやこのような椅子の方が、レノンには合っているようです。

Img_3320

部屋に入ると、何故か自分からこの場所に。

お気に入りの場所のようですね。

Img_3324

部屋でくつろいだ後は、予約しておいた貸切露天風呂にGo!

今回はここまで。

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村


黒柴犬ランキング

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »