« ACL予選 ムアントンを聖地で撃破してグループステージ首位通過 | トップページ | どうしても納得できないので書きますが、この見出しは理解できない »

2017年5月15日 (月)

ホームで悔しい敗戦 神戸に勝てず

スタジアムで戦った選手とサポーターのみなさんお疲れさまでした。

大事な神戸とのホームでの一戦でしたが、勝つことが出来ず悔しかったですね。

 

最初のオウンゴールといい、ポストやバーに弾かれた多くのチャンスも運が無かったと言いたくなる試合だったと思います。

 

そして、負傷交代となった遠藤とレオ・シルバの怪我の具合が心配です。

その中で一筋の光明となったのが、レアンドロと町田の新戦力です。

厳しいブロガーさん達には、二人の出来は物足りないものだったかもしれません。

それでも、このように実戦経験を積みながら、チーム戦術に馴染むことができたことは、次戦ではより計算できる戦力として期待が持てます。

 

《現在のポジション別 選手の負傷状況》

GK  スンテ曽ヶ端、川俣、小泉 (負傷者なし)

右SB 西伊東 (負傷者なし)

CB  昌子(足不安)、町田、/ 植田(負傷)、ブエノ(回復中)

左SB  三竿雄山本(復帰間近)、小田 

ボランチ 小笠原永木三竿健、久保田、梅鉢 / レオ・シルバ(負傷)

MF  土居レアンドロ、中村(復帰間近)、田中 / 遠藤(負傷)

FW  金崎(足不安)、ペドロ・ジュニオール(足不安)、鈴木金森安部

 

こうしてみてみると、やはり怪我を押して出場している昌子がいるCBのところがピンチですよね。

昌子の状態によっては、三竿健や西のCB起用を考えなくてはならないかもしれません。

植田とブエノの一日も早い回復が待たれます。

 

ボランチではレオ・シルバの離脱が痛いですが、層の厚いボランチですから、小笠原と永木、更には三竿健の組み合わせでこれからの連戦は乗り越えられる感じです。

 

攻撃的MFにおいて、遠藤の離脱は相当のダメージになるのは確実です。

レアンドロの覚醒、充孝の復帰が求められますが、金森と阿部の2列目起用でも嵌ってくれれば!、と願わずにはいられません。

 

石井監督が「これからはある程度メンバーを固定して戦う」と言ったばかりですが、負傷者続出でメンバー固定ができず、〝総力戦〟で戦うことを余儀なくされる状況です。

 

前半戦で、最も勝負所となる川崎~広州~広州~広島といった連戦を迎えますが、アントラーズが最も苦しい時期と重なってしまいました。

ここはサポーターも含めて、正に総力戦で乗り越える時です!

悔やんでいる暇はありません。

頑張るしかないでしょう!

アントラーズファミリーの底力を見せる時です!


にほんブログ村


鹿島アントラーズランキング

|

« ACL予選 ムアントンを聖地で撃破してグループステージ首位通過 | トップページ | どうしても納得できないので書きますが、この見出しは理解できない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ACL予選 ムアントンを聖地で撃破してグループステージ首位通過 | トップページ | どうしても納得できないので書きますが、この見出しは理解できない »