« 明日の広州恒大との戦いは総力戦で! | トップページ | これぞサポーターの鑑! クラブハウスにロールが流れる! »

2017年5月24日 (水)

ACL ラウンド16 1stレグ 広州恒大戦 0-1で前半終了

昨晩はテレビの前で、負けたら後がない覚悟で気持ちを込めて応援しました。

願いかなわず、残念ながら0-1で惜敗してしまいました。

負けたら終わりの覚悟と思ってましたが、ここは選手同様に気持ちを切り替えて、2ndレグに向けて気持ちを作り直すことが求められます。

 

テレビの前では分からないかもしれませんが、広州はとても蒸し暑かったのでしょうね。

前半の途中で、まずはホームの広州の選手の足が止まり、後半途中から目に見えて鹿島の選手の足も止まりました。

お互いに足が止まった状態なので、チャンスをつくることもできなければ、ピンチ自体も少ないと思ってました。

そうなると、やはり勝負の鍵を右っていたのはセットプレイ!

相手に与えたCKの数が多すぎました。

若干ですが、鹿島の選手よりも相手の選手のアグレッシブさが上回っていたのでしょう。

そういった圧で全体に押し込まれていたのだと思います。

故に、CKの数に大きな差が出てしまったのだと。

 

選手交代については、前半で足を痛めた金森を少しでも早く交代させたかったのでしょうが、ペドロ・ジュニールの準備を整える時間を稼ぎたかったのか、それとも完調じゃないペドロの出場時間を少しでも短くしたかったか?

単純に金森を引っ張ってみたけど、後半のプレイで再度痛めてしまいそうな感じがあったとか・・・。

伊東の交代については、パウリーニョに意図的に蹴られた箇所が悪かったのか、それとも足が攣っていたのか微妙でしたが、プレイを継続させるのは無理がありそうで、その際に交代はと考えると、右SBに適しているのはベンチメンバーでは梅鉢しかいなかったですよね。

山本を右に回して、左に三竿兄という考えもあったでしょうが、DF力と攻撃力を考えたら梅鉢が適任と判断できると思いました。

また、タイミングが遅すぎると批判されがちなレアンドロと優磨の交代についても、フラフラなレアンドロでしたが、何故だかわかりませんが、最後のワンチャンスでゴールにつながるプレイをしてくれるような気に私もなっていました。

だから、早く優磨に変えた方が良いと感じながら、ワンチャンスをレアンドロに期待する気持ちは分からなくも有りませんでした。

結果論としては、やはりもっと早く優磨に代えておいた方が、より多くのチャンスを得られていたのだと思いますが、繰り返し反省しても、また同じ過ちを繰り返すということは誰にだってあることですよね。

 

さて、30日の2ndレグですが、レギュレーションを考えると、まずは失点しないこと、その上でまずは1点を取ること。

最初から2点を取ることを考えているうちに失点してしまうことが、最も苦しい状況に陥ってしまいます。

最悪でも0-0で試合を進め、終了間際にでも1点さえ獲ることができれば、後は延長戦での純粋な勝負に持ち込め、スタミナで上回ることが出来そうな鹿島に、そしてホームである鹿島に分がありそうな気がします。

勿論、2点を先制することができればそれが一番ですが、アウェイで1点も取れなかった鹿島が、ホームで2点を取ることを前提にしても現実的な話とは思えません。

もし、失点してしまったらその時点で2得点では駄目で、3点以上が必要になり、そうなるとかなり厳しい状況になってしまうと思われます。

ですから、少しでも有利に試合を進めるためには、表面上は有利な状況になってはいなくとも相手を0点に抑えながら試合を進めることだと思います。

先に2点を取れたとしても、試合終了間際に失点してしまっても駄目なんです。

ならば、1点しか取れなくても相手を0点に抑えることが、1stレグを0-1で落としたチームの2ndレグの戦い方なのかな?って考えます。

 

昨年のチャンピオンシップの第2戦は、レギュレーションを考えて、チームのやるべきことを選手全員(サポも含めて)が理解して、落ち着いて、意思統一して戦うことで結果を引き寄せることができました。

その経験を活かす時が、こんなに早くやってきました。

慌てることなく、やるべきことを確実に実行して、きっちりクビ差だけ先行する相手を差し切ってベスト8に進出しようじゃありませんか!

我々の大きな目標のためには、こんなところで敗れ去るわけにはいきません。

ACLの最初のヤマがきました!

みんなで力を合わせて勝ち抜きましょう!


にほんブログ村


鹿島アントラーズランキング

|

« 明日の広州恒大との戦いは総力戦で! | トップページ | これぞサポーターの鑑! クラブハウスにロールが流れる! »

コメント

昨年からの鹿島の大舞台、ビックマッチでの良い流れ、つまり勝ちパターンですが、何となく鹿島に有利のような報道や鹿サポさん達から楽観視した意見が出始めている試合は、だいたいダメです。負けか引き分けています。

逆にどうだろう、大丈夫だろうか、あるいは無理でしょう。という意見の多い時は、それをくつがえして見事に勝っています。

ところが、先の広州戦から、その法則が崩れ始めました。怪我人続出で圧倒的に鹿島が不利の報道や意見が出た時は、これまでは勝っていましたが、評判通り負けました。これではつまらない。

今、鹿島は、素人でも勝ち負けの分かり易い、並のつまらないクラブに落ちこぼれつつあります。これではだめです。マスコミやサポを良い意味で裏切り続ける魅力あるクラブであり続けてほしい。

そのためには、第2戦をどんな手を使っても勝ちきるしかない。あくまでギリギリ合法的な手です。それができるのは、どの選手でしょうか?

投稿: | 2017年5月25日 (木) 16時35分

コメントを頂き、第2戦のキーマンを探してみることにしました。

予想される先発メンバーは、GKスンテ、右SBは傷が癒えた西、CBは昌子ともう一人には植田が間に合いそうです。間に合わなければ三竿健の出来は良かったですから、三竿が出場すれば一人のキーマンになると思ってます。右SBには守備力を考えて脩斗。ボランチは永木と小笠原、右SHに土居、左SHにも守備力の差でレアンドロよりも充孝を。ツートップには金崎と優磨だと予想します。ペドロとレアンドロ、そして金森(負傷個所は大丈夫なんでしょうか?)は相手の足が止まった後半途中からのスーパーサブで大事な終盤から延長での得点力のキーマンになってもらいたいです。

ここ一番のキーマンはやっぱり金崎です!そして、守備に攻撃に死にもの狂いで走りまわってくれることを期待して優磨も勝利への鍵を握っていると思います。

前半も後半もしっかりと守って失点せずに、試合が後半が終わるまでに何とか1点を!

そこまで行けば、延長も含めて鹿島に流れが必ず来ます!

投稿: 鹿莫迦 | 2017年5月26日 (金) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日の広州恒大との戦いは総力戦で! | トップページ | これぞサポーターの鑑! クラブハウスにロールが流れる! »