« ACLブリスベン・ロアー戦(ホーム) | トップページ | 今日の鹿嶋は雨(クラハ練習ちょっとだけ) »

2017年3月18日 (土)

大逆転! 清水に日本平で勝利

激しい球際、戦っている感が半端ない。

見逃し配信で観る映像からは、両チームから伝わるアグレッシブさが物凄い! こんなので果たして90分もつのか?

これまでの鹿島と違って、縦パスが増えてシュートの意識も十分!

両チームともに息の入らない、飛ばしっぱなしのゲームのようです。

時間とともに展開が落ち着いてくると、そこからは鹿島のゲームになっていきます。

鹿島のワンタッチやツータッチの華麗なパスワークに対して、清水の的確な守備がはまって鹿島はシュートチャンスまでいくことができない。

一方、鹿島の守備意識も高く、待って受ける守備ではなく精力的に奪い取る守備で、奪った後の攻撃ではこれまで少なかったサイドチェンジがいつもより多い。

全くもって鹿島のゲームといった感じだったが、先制点は清水が奪う。

植田のミスといっては可哀想でも、清水にはプレゼントゴールとなってしまった。

ワンチャンスをものにした金子を誉めるべきだろう。

それでも、失点直後の鹿島ゴール裏からのチームコールは選手たちに勇気を与える力強いコールだった。

 
 
それにしても、テセのラフプレーは相変わらずだ。

相手を狙って肘打ちしてる!  

「球際」なんて言ってるみたいだけど、テセの本質はこれ、ラフプレーだよね。

それでも植田は耐えて、再びゲームは鹿島の展開に。

後半、ビハインドの状況でも焦る気持ちを抑えて、我慢して急ぐことなく冷静に攻める時間と回数を増やしていく。

ここで慌てないところが、今の鹿島の強みです。

 
清水のカウンターは鋭く、一度はポストに救われる。

ここで流れは清水に行きそうな雰囲気になるが、(カードをもらってしまったけど)金崎の気迫がゲームに火をつける。

その前の清水のビッグチャンスで気分を良くした松原が、調子に乗って金崎を挑発する。

これが逆に、清水に行きかけた流れをスタジアムの雰囲気ごと鹿島に引き戻すことに。

それでも、清水のカウンターに一旦耐えたけれど、惜しくも失点してしまう。

清水は強いよ!

 
 
0ー2となり、普通なら雰囲気と流れは清水に行ってしまうところだが、一際大きくなった鹿島のゴール裏の声、諦めない鹿島サポーターの気持ちがスタジアムに響き渡る。

そうした力が呼び込んだ植田のヘディングゴール! 

いい時間での反撃の狼煙となった。

更に高まるゴール裏のボルテージ。

スタジアム全体にアドレナリンが充満していくよう。

 
鹿島のベンチは次の手を打つ。

ローテーションでレオシルバ投入。

スタンド以上に、ピッチの中が鹿島のムードになっている。

 
清水の交代が一瞬遅れる。

そこで、優磨が気迫のゴール! 

これも試合の妙か?

こうなるとゲームは鹿島のものになり、10分以上時間が残っていれば気持ちの面でも余裕が生まれ、足が止まった清水の選手の間を縦横無尽に鹿島の選手がドリブルで、パスで、駆け巡る。

そして、遂に生まれた金崎の逆転ゴール! 

スタジアム、テレビの前でも、狂喜乱舞だね!

後手、後手となった清水のベンチワークに対し、先手を取って効果的だった鹿島のベンチワークが光りましたね。

 
やっぱり試合のターニングポイントは金崎投入のところかな。

 
3ー2で苦しみながらも鬼門での勝利。

これで「決定力がない」とは言わせません。

 
最後まで諦めなかったのは清水も同じ。

1点はプレゼントゴールだったけど、0ー2にしたのは清水の力でした。

この試合は見る人にとって見ごたえのある素晴らしいゲーム。

勝ったから「素晴らしい」と言えるけど、負けていたら悔しさしか残らない試合だったでしょう。

本当に大きな勝利でした。

天と地ほどの違いがある結果に、選手たちとスタジアムの鹿島サポーターに感謝です。

 

これから2週間、気持ちよく過ごせます。

ありがとうございました。

|

« ACLブリスベン・ロアー戦(ホーム) | トップページ | 今日の鹿嶋は雨(クラハ練習ちょっとだけ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ACLブリスベン・ロアー戦(ホーム) | トップページ | 今日の鹿嶋は雨(クラハ練習ちょっとだけ) »