« 好調 横浜を撃破! | トップページ | ACLブリスベン・ロアー戦(ホーム) »

2017年3月11日 (土)

まさかのガンバ移籍(赤崎秀平)

赤崎のガンバへの期限付き移籍が発表されました。

この時期に移籍の発表があるなんて思ってもみなかったので、かなり驚きとショックがあります。

下の娘は泣いてしまいました。

赤崎選手のファンというわけでもなかったし、それほどどの選手が好きという感じでもなかったので、「どうしたの?赤崎選手が好きだったの?」と聞いたら、「アントラーズの選手が他のチームに行くことが悲しい」ということ。

昨日の試合でも90分声出して飛び跳ねて頑張っていただけに、本当に悲しかったのだと思います。

 

シーズン前に移籍を検討していたとの噂もありましたが、今年は鹿島で勝負すると心に決めたんだと思って「今年は一緒に戦うことができる!」と安心していたので、私自身も心の準備もできておらず・・・どうなんだろう?・・・・気持ちや考えがまとまりません。

赤崎は大卒なので、年齢的にゆっくりと成長していく余裕があるわけでもなく、選手としてピークの期間を考えると、出場機会に拘る気持ちは理解できます。

金崎、ペドロ、優磨、そこに土居、レアンドロ、充孝がポジション争いに加わってきて、昨日の試合ではルーキーの阿部がベンチ入りするなど、赤崎自身を取り巻く環境を考慮すると、他チームで出場機会を争うことの方がチャンスが多いと考えるのは仕方のないことです。

 

しかし、そんなに甘くないのがこの世界。

赤崎よりも真面目そうではない(それほど切羽詰まっている状況でもない)優磨ですが、昨日の試合では「ラストチャンスのつもりで・・・」と密かに心に決めて試合に臨んていたことを聞いて、ちょっと意外な真剣さの一面があることを知りました。

やはり最低でも、それくらいの強い気持ちで、常に練習や試合に臨まないとこの世界では生き残れないのですね。

〝ポジション争い〟という厳しい戦いは、試合で勝利することよりもずっと難しいのかもしれません。

年末はパーソナルベストかと思われるくらいの大活躍を見せた〝鹿島の守護神〟であったあの曽ヶ端が、今年はスンテの獲得によって、未だに公式戦に出場できていない状況です。

 

残念なことに、鹿島でのポジション争いに敗れて、他チームへ出場機会を求めて移籍していった選手で、その後に華々しい活躍をした選手は近年では殆どいません。

ガンバのFWにもアデミウソン、長沢、倉田、泉澤、堂安・・・etc、決して赤崎のレギュラーやベンチ入りが約束されるようなメンバー構成ではありません。

 

赤崎には絶対に成功して欲しいと思っています。

それも、「鹿島」で成功して欲しいと願ってやみません。

そのためには、何としてでもガンバでポジションを掴みとって活躍して、来年の期限付き移籍期間満了の際には、鹿島アントラーズから「絶対に戻ってこい!」と言われるような選手となることを願ってます。

 

ガンバ大阪は絶対に応援しませんが、赤崎の活躍だけはずっと応援し続けます!

 

頑張れ赤崎!

負けるな!赤崎秀平!


にほんブログ村


鹿島アントラーズランキング

|

« 好調 横浜を撃破! | トップページ | ACLブリスベン・ロアー戦(ホーム) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 好調 横浜を撃破! | トップページ | ACLブリスベン・ロアー戦(ホーム) »