« 天皇杯 準決勝進出! | トップページ | 天皇杯 川崎の夢を打ち砕く勝利 優勝!(その1) »

2016年12月29日 (木)

天皇杯 準決勝 横浜マリノスを撃破 決勝進出!

いや~勝ちました!

スコアだけを見ると2-0と鹿島の快勝のように見えますが、かなりヤバかったですね。

試合の中身でヤバかった部分もあり、そしてCWCを戦ったあとの“ふわっと感”がここで出てました。

 

試合の入りでは、それなりにボールも回って展開も良く、相手ゴール前まで難なく攻め込むことができて鹿島ペースで進められました。

しかし、それも束の間で、斉藤を警戒しすぎて反対側のマルティノスに山本がチンチンにやられてしまいます。

マルティノスの走りはストライドが大きく回転数もそれなりに早いため、早そうには見えてなくても山本が走力で圧倒的にやられてました。

かなり苦労して守備をしてましたが、危ない抜け出しやクロスを受けてしまいます。

そうこうしていると、今度は伊東が斉藤に抜きまくられてしまいます。

頑張って対応しているもののそれでも役者は斉藤の方が一枚上で、縦に横にしてやられます。

両サイドの攻防で負けてしまうことが多く、中(ゴール前)では結構なピンチを迎えることになってしまっていました。

相手のシュートミス(CWCなら決められているようなところ)にも何度となく助けられ、次第に昌子や植田、曽ヶ端がいつものペースに戻してくれる守備を見せてくれました。

それに呼応するように、小笠原と永木の量ボランチの守備もいつもらしさを出しながら、ピンチに繋がる場面でボールを奪い返してくれました。

決定的なピンチの場面は、ここのところ「神ってる」守備陣(山本、植田)が体を投げ出して凌ぎます!

 

こうして相手の攻撃をこらえている間に、徐々にいつもの鹿島らしさが戻ってきます。

解説の山本さんも言ってましたが、鹿島の攻撃はほんとにシンプルで手数が少なくシュートまで持って行けていますね。

そんな素早い攻撃で、柴崎のクロスを土居が頭でゴールします。

GKが弾き出しますが、完全にボールはゴールの中に入ってましたね。

赤崎のダメ押しを待たずしてゴールラインを越えているのがはっきりと分かり、TVの前で「ゴール、ゴール!」と大声で叫んでしまいました(補助審判は手でゴールラインを指示して何か叫んでましたね。ゴールしたということを主審に知らせていたのでしょうか?)。

 

横浜のミスにも助けられて、鹿島も少ないチャンスをものにして苦しみながらも1-0で前半を折り返すことができました。

これは気持ち的にも救われる展開になりました。

 

後半は1点のリードをしっかりと守りながら、慌てない試合運びで進めることができるようになります。

前半よりは鹿島にも自分たちのペースでやれる時間帯が増えてます。

中村俊のいきなりの存在感には驚きましたが、中村俊が入ることで横浜の他の選手たちにもスイッチが入ったかのように、中村俊のクロス(やFK)に精力的に飛び込んできます。

ゴールネットを揺らされたシーンでは、思わず「やられたー!」と言葉がでてしまいましたが、オフサイドに救われます。

 

前半はバック側の副審はオフサイドに甘く、メイン側の副審は厳しめにオフサイドを取ってました。

要するに、「横浜に甘く、鹿島に厳しい」ということだと勝手に思ってました。

でも、肝心なところできっちり仕事をしてくれましたね。

スローVTRが流れて見てみると、オフサイドですね~。

でも、取ってもらえない可能性もあるオフサイドだったかもしれません。

本当に救われてました。

 

そういった試合展開になると、こういった判定の直後にチャンスはやってくるものです。

鹿島は相手のパスミスから小笠原がボールを奪うと2タッチで永木へ、永木も2タッチで絶妙なスルーパスを柴崎へ、柴崎が1タッチでグラウンダーのクロス、これを優磨が1タッチで合わせて、待望の追加点を奪い2-0とリードを広げます(本当にシンプルで早い攻撃です!)。

こうなると横浜がより攻撃的に出てきても、昌子や曽ヶ端を中心にサイドから放り込まれても中でがっちりとこれを受け止めて跳ね返し、そうしているうちにサイドの攻防でも、斉藤にやられていた伊東が徐々に対応できるようになってきます。

反対側のマルティノスに対しても、山本が駄目でも、そこは昌子が1対1で殆ど勝利して、マルティノスを始めとする横浜の攻撃陣からボールを刈りまくります。

 

但し、前半からマルティノスの走力に対応を余儀なくされた山本の足が、終盤にきて悲鳴を上げてしまいます。

「あ~、マジ、やっちゃった~」と思っても、既に交代枠を使い果たしており、代えたくても代えられない状況に!

残り時間から、「もう無理せずにピッチの外に出て、残りは10人で」とTVの前で叫んでも、山本は外には出るはずもありません。

ベンチから、スタッフや小笠原たちが何やら叫びながら手で合図していたのが映ってましたが、これは山本に「ピッチの外に出ろ」と言っているように見えました。

それでも山本はピッチの外には出ようとせず、懸命にできる限りのプレーでチームの力になろうと戦いを続けます。

「もういいよ、無理するな~」と涙が出そうになりました。

最終的にはジョギング程度の走りはできるようになっていたので、大事には至らなかったのだと思います(思いたいです)。

軽傷であることを願いますが、元旦は無理なのかもしれませんね。

 

最後は曽ヶ端のファインセーブやポストにも助けられ、横浜の猛攻を凌ぎ切り、本当に苦しみながら勝利して、元旦に行われる吹田での決勝に駒を進めることができました。

 

こうなることを願って、選手達を信じて決勝のチケットは購入済です。

家族で決勝に参戦します!

2010年以来の元旦決勝です。

 

この日に、スタジアムでタイトルをかけて戦えることが嬉しいです。

そして、仲間と一緒に戦えることが何よりも嬉しいです!

みなさん、吹田で新年を迎えましょう!


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

|

« 天皇杯 準決勝進出! | トップページ | 天皇杯 川崎の夢を打ち砕く勝利 優勝!(その1) »

コメント

厳しい日程ですがコンディションを整えて戦い抜いて欲しいです。

投稿: ヒルアンドン | 2016年12月30日 (金) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天皇杯 準決勝進出! | トップページ | 天皇杯 川崎の夢を打ち砕く勝利 優勝!(その1) »