« リーグ戦 再開! | トップページ | やっと目が覚めてきた! 負けても明るい兆しの川崎戦 »

2016年10月24日 (月)

Jリーグ 2ndステージ FC東京戦(アウェイ)

遠藤、充孝、昌子が戦線復帰した東京戦でしたが、結果は残念ながら期待していたものとは違ってしまいました。

とても残念です。

もちろん、悔しい気持ちもあります。

しかしながら、現在のアントラーズのチーム状態を考えると、悔しがることすらおこがましいのかもしれません。

自分たちの力量や立ち位置を理解しているならば、まず、この試合で離脱していたレギュラーメンバーがピッチに戻ってきたことを喜ぶべきかと思います。

遠藤が「機能せず期待外れ」とか、「全く動けていなかった」とか厳しいブロガーさん達の声を聞きますが、故障明けの試合ですから前半だけで様子を見る起用方法も間違っていないと思います。

充孝を同時起用せずに、遠藤とは逆のピリオドで半分だけ出場させることもセオリーかと。

ここで無理してチャンピオンシップの時にまた不在となってしまっては、元も子もありません。

昌子や西を含めて故障していた選手達には、残り試合を活用して徐々に(とはいってもゆっくりはしていられないので時間を無駄にすることなく)調子を上げて行ってもらいたいという狙いは必ずあるはずです。

東京戦やこれから迎える川崎や神戸との試合についても、同様に復帰者のコンディションを上げて試合勘を取り戻すという作業を試合に含めて行かなくてはなりません。

目の前の試合一つ一つに全力で勝利を目指すということはアントラーズにとって当然のことであり、これを疎かにする気持ちは全くありません。

それでも2ndステージではタイトルの可能性はなくなり、チャンピオンシップへの出場権を手にしている現状であれば、狙うタイトルは間違いなくリーグタイトルしかありません。

そのために、2ndステージの残り試合を使っても許されるのでは?

それも「戦略」の一つだと思います。

このもう一つのミッションに取り組みながら試合での勝利を目指すわけですから、一戦必勝のアントラーズになりきれない面があって仕方ない状況だと思っています。

そんな状況下での試合で勝つためには、個々の選手が最大限に能力を発揮することは勿論、それに加えてチーム全体のインテンシティで相手に勝るというプラスアルファを出さなきゃいい試合は出来ないですよね。

 

そのためには何が必要なのか?

 

私が考えるその「何か」は、個々の選手のモチベーションであり、自分のプレイだけでなくチームメイトを助ける(というか、カバーする)献身性だと思います。

録画ですが、東京戦を観て感じたことは、個々の選手は体を投げ出してでも戦う姿勢が見受けられ、一生懸命やろうとしていることは伝わってきます。

でも、東京にあってアントラーズに無かったもの、それは「活力」や「躍動感」でした。

「これをチームの最低ラインにしよう!」とされた昨年のナビスコ決勝では、その「躍動感」やチーム全体の「活力」は素晴らしく発揮されていたと思います。

昨日の試合は明らかにそれよりも「活力」や「躍動感」は無かったです。

決して鹿島の選手やチーム力が他チームよりも劣っているとは、鹿島のサポーターなら思いませんよね?

では、なぜ1stステージに優勝したチームがこれほどまでに不調に陥っているのか?

個々の選手の技量が急に落ちるわけありませんから、ほぼ間違いなく、一人一人の選手のモチベーションが低下してしまっていて、これを選手自身もスタッフも上げることが出来ていないということのではないでしょうか?

昨日の試合でも、中断明け前の大宮戦でも、いやそれ以前の試合でも、アントラーズの選手のアグレッシブさがもっと発揮されていたら、このような結果にはなっていなかったと思います。

選手達もプロですから、そういった部分には気付いているはずでしょう。

それでも、そのことを修正できない(モチベーションを上げることができない)のですから、これは相当に重症な状態であることは間違いないでしょう。

稀代のモチベーターと言われたオリベイラ元監督なら、今の選手たちのモチベーションを急上昇させる方法を持っているかもしれませんね。

でも、そんなことを望んでもできないことは分かりきったことで、無い物ねだりして状況が改善できるはずはありません。

石井監督がその役を担うべきなのですが、石井監督が休養せざるを得なかった理由は、この選手のモチベーションを上げる努力をしても一向に改善できなかったことに行き詰まりを感じてのものだったのかなと、今の試合ぶりを見ているとそのような想像に至ってしまいます。

そして、一度は現場を放棄してしまった指揮官に対して、選手達が1stステージまでのようなモチベーションを発揮して応える気持ちになれるかというと、本音の部分で、現実的にそれは難しいことなのではないでしょうか。

 

そうであるならば、今の体制で状況を改善することはとても難しいことで、選手たちの更なるインテンシティを引き出すことは非常に困難だということになります。

期待するところは、チャンピオンシップという一発勝負の場面で、シチュエーションが選手個々のモチベーションをアップしてくれることしかありません。

解説の中田CROが言っていた「鹿島は選手の個の力で戦っている」というのは、チーム内部の事情をしるCROの言葉なのだからあながち間違ってはいないのでしょう。

ならば、チャンピオンシップというステージの力を利用して、選手個々のモチベーションアップに賭ける!

そこに向けて、コンディションを調整して上げてベストを目指し、正に一戦必勝、「負けたら終わり」の崖っぷち作戦しかないでしょう。

でも、それなら(多分年間2位となる)川崎との準決勝一発勝負、浦和とのホーム&アウェイで勝つことはできないことではないと思います。

「紛れがあれば・・・」とそこまで自分たちを卑下するつもりもないですけれど、選手の気持ちさえ戻れば、チームに活力が戻ってくれば、ピッチ全体に躍動感を感じさせてくれるほどの献身性を選手達が見せてくれれば、きっと両チームを相手にしても互角以上に戦うことは出来ると思います。

 

(残りのリーグ2戦を)捨て試合とする気持ちは全くありませんけれど、チャンピオンシップで勝ち抜くために、できることはこの2試合でやるべきでしょう。

それをサポーターも理解して後押しする(もしかすると、我慢する)ことが、今は必要なのでは?

勝てなくて悔しいし悲しいけど、我々が本当に欲しいものを手にするために、そこで笑顔になるために、今は我慢して、チームを信じて、サポーターとして後押しするしかないと思ってます。

そして、そのサポーターのやるべきことはひとつ。

気持ちと声を合わせて、目に見えない力をピッチの選手に贈り続けること!

 

 

東京戦を含めて、残りの2試合も結果は大切だけど、それだけに一喜一憂することなく、”その先〟を見極めて取り組む(考える)ことが大事です。

もしかしたら、「そんな悠長なことは・・」とお叱りを受ける考えかもしれませんが、自分たちの状況を棚上げして夢物語を語っても仕方ありません。

今のアントラーズの状況であれば、期待できることはそういうことかと・・・。

駄目ならば、来年仕切り直すだけですから。

「何かを失うのではないか」と恐れるのではなく、取れるチャンスがあるリーグのタイトルですから、〝なりふり構わず〟それを取りに行きましょう!

味スタに参戦されたサポーターのみなさんお疲れ様でした。

次の川崎戦でも、聖地での後押しよろしくお願いします。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

|

« リーグ戦 再開! | トップページ | やっと目が覚めてきた! 負けても明るい兆しの川崎戦 »

コメント

負けましたね。
相性の良い東京戦だったのですが、試合が始まるとどちらのチームが相性が良い(悪い)かわからない内容。
負けて当然の試合でした。おそらく今年の中でもワースト3に入ると思います。

幸いに、G大阪が引き分け、柏が負けてくれたので、棚からぼた餅的に年間順位3位がほぼ確定。
自力で勝点1を獲得してほしかった。何となくむなしい。せめて引き分けてくれれば笑みもこぼれたのだろうが・・・。

ホームの残り2試合。強豪の川崎と神戸。
ここで東京戦のような試合をしたら、来年の観客動員に影響してしまいそうな気がしてならない。

投稿: 神栖の愛犬家 | 2016年10月24日 (月) 15時13分

神栖の愛犬家さん、お久しぶりです。

川崎戦は非常に良い内容でしたね。それでも勝てないところは残念でしたけれど、東京戦までの状態を考えればガラッと雰囲気が一変して悪くない(これも)結果だと思います。

神戸戦は勝つことが求められると思っているので、そのつもりで応援したいと思ってます。やっとスタジアムに行けそうです!

微力ですが、チームのために頑張って声を張り上げて応援してきます!

投稿: 鹿莫迦 | 2016年10月30日 (日) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リーグ戦 再開! | トップページ | やっと目が覚めてきた! 負けても明るい兆しの川崎戦 »