« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月30日 (日)

やっと目が覚めてきた! 負けても明るい兆しの川崎戦

ホームでの川崎戦、もちろん勝利したかったから負けたことは納得できないけれど、内容的には圧倒的でしたね!

シュート本数は17-7、CKは10-2、ボール支配率は54%(しかも、川崎の支配率にはDFラインでのボール回しが大半?)。

あの超攻撃的なチームの川崎を完全に守備のチームにしてしまったほど、本当に内容的にはボッコボコの状態でした。

川崎はワンチャンスでも決定機を逃さずに得点できる力を持ったチームだから、ワンチャンスを油断してはいけないと思っていたら、見事その予想通りに失点してしまいました。

当初から、川崎相手にクリーンシートは期待していなかったので、この失点も謂わば織り込み済み、慌てることなく鹿島の攻撃を繰り返すのみ。

ところが、この日はツキにも見放され、バー直撃のシュートが3本、苦心して獲った得点がミスジャッジで取り消されるなど、「勝利するにはまだ早い!」と鹿島の神様に言われているかのようでした。

それでもチャンピオンシップに向けてのいくつかのミッションのうち、最初のそれである〝チームに活力を取り戻す〟ことは十分に達成できましたね。

選手の運動量は川崎を遥かに上回り、アグレッシブさを前面に打ち出しして献身性を全ての選手が見せることができ、(良い意味で)これまでとは全く違うチームに生まれ変わりました。

石井監督の得意とする「相手の長所を消して、主導権を自分たちのものとする」戦術も見事に機能し、単に前線からの厳しい守備だけでなく、ハーフェーラインまではリトリートしてそこからの積極的な守備が川崎をも全く別のチームにしてしまいました。

文字通り〝ワンチャンス〟であったところをものにするところが今の川崎の実力であり、そこまで我慢できなかったところが修正点だということもはっきりしました。

ファブリシオの守備ですよね。

このポジションには充孝が復調してきているので、また、柴崎が回復すれば永木と小笠原を活かしながらピースを埋めることができるので、修正は比較的簡単だと思われます。

優磨のFW起用も可能性を感じさせるものであり、赤崎の一瞬の輝きも観れた気がしていて、得点力不足は解消できていないものの、この試合のようなトライを繰り返すことで出口が見えてくるのではないでしょうか?

ただ、チャンピオンシップ3試合を勝ち抜くために必要なミッションとして、試合に勝利することが課題として残されており、次の神戸戦はこの試合のような内容でかつ勝利することが求められます。

内容は良かったけど・・・では次の神戸戦はいけないでしょう。

勝ち負けの関係のない消化試合と見られている神戸戦ですが、アントラーズがCSを勝ち抜くために絶対に勝たなければならない試合です。

とってもワクワクしてきました!

試合を通じてアントラーズから可能性を感じることができるようになり、これまでの閉塞感からようやく解放された感じです。

神戸も、川崎に負けず劣らず攻撃力のある強いチームです。

その神戸を相手に、川崎戦以上の難易度の高いミッションをクリアすることができるか?

厳しい条件ですが、このミッションに立ち向かうことが今は楽しくて仕方がありません。

多分、多くのサポーターが同じ気持ちだと思います。

世間的には注目も浴びることのない消化試合ですけれど、私(アントラーズサポーター)にとっては、その試合に込められた意味を考えると非常に重要な試合です。

ようやく仕事のない祝日開催になり、朝からスタジアムに行くことができます。

これまでスタジアムに応援に行けなかった鬱憤を晴らすわけではないですけれど、それくらいのパワーで応援したいとウズウズしています。

11月3日が待ち遠しいです!


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

| | コメント (2)

2016年10月24日 (月)

Jリーグ 2ndステージ FC東京戦(アウェイ)

遠藤、充孝、昌子が戦線復帰した東京戦でしたが、結果は残念ながら期待していたものとは違ってしまいました。

とても残念です。

もちろん、悔しい気持ちもあります。

しかしながら、現在のアントラーズのチーム状態を考えると、悔しがることすらおこがましいのかもしれません。

自分たちの力量や立ち位置を理解しているならば、まず、この試合で離脱していたレギュラーメンバーがピッチに戻ってきたことを喜ぶべきかと思います。

遠藤が「機能せず期待外れ」とか、「全く動けていなかった」とか厳しいブロガーさん達の声を聞きますが、故障明けの試合ですから前半だけで様子を見る起用方法も間違っていないと思います。

充孝を同時起用せずに、遠藤とは逆のピリオドで半分だけ出場させることもセオリーかと。

ここで無理してチャンピオンシップの時にまた不在となってしまっては、元も子もありません。

昌子や西を含めて故障していた選手達には、残り試合を活用して徐々に(とはいってもゆっくりはしていられないので時間を無駄にすることなく)調子を上げて行ってもらいたいという狙いは必ずあるはずです。

東京戦やこれから迎える川崎や神戸との試合についても、同様に復帰者のコンディションを上げて試合勘を取り戻すという作業を試合に含めて行かなくてはなりません。

目の前の試合一つ一つに全力で勝利を目指すということはアントラーズにとって当然のことであり、これを疎かにする気持ちは全くありません。

それでも2ndステージではタイトルの可能性はなくなり、チャンピオンシップへの出場権を手にしている現状であれば、狙うタイトルは間違いなくリーグタイトルしかありません。

そのために、2ndステージの残り試合を使っても許されるのでは?

それも「戦略」の一つだと思います。

このもう一つのミッションに取り組みながら試合での勝利を目指すわけですから、一戦必勝のアントラーズになりきれない面があって仕方ない状況だと思っています。

そんな状況下での試合で勝つためには、個々の選手が最大限に能力を発揮することは勿論、それに加えてチーム全体のインテンシティで相手に勝るというプラスアルファを出さなきゃいい試合は出来ないですよね。

 

そのためには何が必要なのか?

 

私が考えるその「何か」は、個々の選手のモチベーションであり、自分のプレイだけでなくチームメイトを助ける(というか、カバーする)献身性だと思います。

録画ですが、東京戦を観て感じたことは、個々の選手は体を投げ出してでも戦う姿勢が見受けられ、一生懸命やろうとしていることは伝わってきます。

でも、東京にあってアントラーズに無かったもの、それは「活力」や「躍動感」でした。

「これをチームの最低ラインにしよう!」とされた昨年のナビスコ決勝では、その「躍動感」やチーム全体の「活力」は素晴らしく発揮されていたと思います。

昨日の試合は明らかにそれよりも「活力」や「躍動感」は無かったです。

決して鹿島の選手やチーム力が他チームよりも劣っているとは、鹿島のサポーターなら思いませんよね?

では、なぜ1stステージに優勝したチームがこれほどまでに不調に陥っているのか?

個々の選手の技量が急に落ちるわけありませんから、ほぼ間違いなく、一人一人の選手のモチベーションが低下してしまっていて、これを選手自身もスタッフも上げることが出来ていないということのではないでしょうか?

昨日の試合でも、中断明け前の大宮戦でも、いやそれ以前の試合でも、アントラーズの選手のアグレッシブさがもっと発揮されていたら、このような結果にはなっていなかったと思います。

選手達もプロですから、そういった部分には気付いているはずでしょう。

それでも、そのことを修正できない(モチベーションを上げることができない)のですから、これは相当に重症な状態であることは間違いないでしょう。

稀代のモチベーターと言われたオリベイラ元監督なら、今の選手たちのモチベーションを急上昇させる方法を持っているかもしれませんね。

でも、そんなことを望んでもできないことは分かりきったことで、無い物ねだりして状況が改善できるはずはありません。

石井監督がその役を担うべきなのですが、石井監督が休養せざるを得なかった理由は、この選手のモチベーションを上げる努力をしても一向に改善できなかったことに行き詰まりを感じてのものだったのかなと、今の試合ぶりを見ているとそのような想像に至ってしまいます。

そして、一度は現場を放棄してしまった指揮官に対して、選手達が1stステージまでのようなモチベーションを発揮して応える気持ちになれるかというと、本音の部分で、現実的にそれは難しいことなのではないでしょうか。

 

そうであるならば、今の体制で状況を改善することはとても難しいことで、選手たちの更なるインテンシティを引き出すことは非常に困難だということになります。

期待するところは、チャンピオンシップという一発勝負の場面で、シチュエーションが選手個々のモチベーションをアップしてくれることしかありません。

解説の中田CROが言っていた「鹿島は選手の個の力で戦っている」というのは、チーム内部の事情をしるCROの言葉なのだからあながち間違ってはいないのでしょう。

ならば、チャンピオンシップというステージの力を利用して、選手個々のモチベーションアップに賭ける!

そこに向けて、コンディションを調整して上げてベストを目指し、正に一戦必勝、「負けたら終わり」の崖っぷち作戦しかないでしょう。

でも、それなら(多分年間2位となる)川崎との準決勝一発勝負、浦和とのホーム&アウェイで勝つことはできないことではないと思います。

「紛れがあれば・・・」とそこまで自分たちを卑下するつもりもないですけれど、選手の気持ちさえ戻れば、チームに活力が戻ってくれば、ピッチ全体に躍動感を感じさせてくれるほどの献身性を選手達が見せてくれれば、きっと両チームを相手にしても互角以上に戦うことは出来ると思います。

 

(残りのリーグ2戦を)捨て試合とする気持ちは全くありませんけれど、チャンピオンシップで勝ち抜くために、できることはこの2試合でやるべきでしょう。

それをサポーターも理解して後押しする(もしかすると、我慢する)ことが、今は必要なのでは?

勝てなくて悔しいし悲しいけど、我々が本当に欲しいものを手にするために、そこで笑顔になるために、今は我慢して、チームを信じて、サポーターとして後押しするしかないと思ってます。

そして、そのサポーターのやるべきことはひとつ。

気持ちと声を合わせて、目に見えない力をピッチの選手に贈り続けること!

 

 

東京戦を含めて、残りの2試合も結果は大切だけど、それだけに一喜一憂することなく、”その先〟を見極めて取り組む(考える)ことが大事です。

もしかしたら、「そんな悠長なことは・・」とお叱りを受ける考えかもしれませんが、自分たちの状況を棚上げして夢物語を語っても仕方ありません。

今のアントラーズの状況であれば、期待できることはそういうことかと・・・。

駄目ならば、来年仕切り直すだけですから。

「何かを失うのではないか」と恐れるのではなく、取れるチャンスがあるリーグのタイトルですから、〝なりふり構わず〟それを取りに行きましょう!

味スタに参戦されたサポーターのみなさんお疲れ様でした。

次の川崎戦でも、聖地での後押しよろしくお願いします。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

| | コメント (2)

2016年10月21日 (金)

リーグ戦 再開!

更新をサボってました。

すみません。

一応、仕事も忙しく休み返上で働いてました。それ故、クラブハウスに練習見学にも行けずでした。

タイ遠征で思わぬリフレッシュができたみたいで、今、アントラーズに一番必要な気力や活力が戻ってくれたなら、体力的に無理したとしても行った甲斐があったというものです。

更に、長い中断期間中に離脱していた選手たちの復帰目処も立ったみたいで、追い風が吹いてきそうな勢いです。

残り3試合でのミッションは、まずは勝ち点を一つでも稼いで年間3位を確定させ、チャンピオンシップにむけてチームの状態を高めていくこと。

背伸びしても始まらないので、現実の状況を冷静に分析して、今やるべきことを直近の達成目標として取り組むしかないですね。

楽観視は絶対にできない相手とシチュエーションですから、必死になって勝ち点1を取りにいく戦いから始め、その結果によって次の場面へ!という感じです。

明日は反響の強い味スタですから、応援の声もまとまった大きな応援になることを期待して、選手とサポーターが一体となった戦いになって欲しいと思っています。

スタジアムのすぐ近くに居ながら、仕事のため試合を応援に行くことができず申し訳ない気持ちです。

参戦されるサポーターに気持ちを託します。

頑張ってください。

よろしくお願いします。

| | コメント (0)

2016年10月 9日 (日)

日曜日、雨降りの朝

今日は会社がお休みでクラブハウスに練習見学に行こうと思っていました。

でも、鹿嶋の朝は今どしゃ降りです。

これではちょっと外出する気にもなれないですね。

お昼過ぎには雨は上がる予報になっているので、外出はそれからですかね。

レノンのお散歩もまだ行ってないので、早く行ってあげないといけないのですが・・・。

 

アントラーズはタイのチョンブリFCとの試合で大勝(5-0)したようです。

良かったです。

オフィシャルのハイライト映像を見ました!

得点シーンばかりでなく、かなり危ないピンチのシーンも2度ほどありましたね。

また、相手のゴール前でのマークがユルユルだったような気がします。

アントラーズの選手が、相手のマークを上手く外してあのようにフリーになっているならいいのですが、相手がフリーにしてしまっていての5-0なら額面通りには喜ばない方がいいかもしれません。

調子に乗らずに、油断せずにという意味合いからですけどね。

 

今回のタイ遠征はハードスケジュールで、レギュラー陣やベテランには厳しい遠征だっとと思います。

それでも、ネットから流れてくる様々な情報をトータル的に見ると、選手達は一様に明るく、気分転換になっているようですね。

チームの雰囲気が大宮戦に負けた後の重く暗い状態を引きずってしまうよりも、体力的には厳しくてもモチベーションが改善されたなら、何よりの遠征効果であったと思います。

その気持ちのままで日本に帰ってきて、まだ1週間以上試合日程は空きますから、その間にコンディション調整をしてフル充電してもらいたいです。

故障した選手達も、遠藤や充孝の東京戦あたりからの復帰が情報としてありました。

嬉しいニュースですね!

でも、無理してアウェイ東京に行くよりも、更に1週間以上の調整期間を持って、ホーム川崎戦或いは神戸戦に照準を合わせてもらいたいというのが本音です。

試合勘を戻すために、東京戦でベンチ入りというのでも悪くはないですね。

さあ、後は昌子と西ですね。

どうなんだろう?

順調に回復しているものだと信じてます。

 

やっぱり、クラブハウス行ってみようかな?

にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

| | コメント (0)

2016年10月 4日 (火)

琉金 屋外舟の全換水

Cimg5146

久しぶりに琉金の屋外舟の全換水を行いました。

舟全体に緑苔がびっしりと付着していたものを、ブラシを使って綺麗にして、水も全換水しました。

Cimg5147

この夏に、一番大きかった更紗琉金(アミーゴで購入)が転覆病で☆になってしまい、現在は江戸川堀口さんで購入した3尾のみとなっています。

Cimg5148

同時期に同世代の3尾を購入したものです。

今は、3尾の大きさが異なってきました。

素赤の2尾が大きくて、更紗はその2尾よりも明らかに小さいです。

素赤同志も大きさには僅かですが差ができつつあります。

Cimg5149

Cimg5150

Cimg5151

今年もそろそろ冬眠に備えることを考えなければなりませんね。

どうするかな~、青水で冬眠させるか?それとも真水で起こしたままにしておくかな?

多分3尾ともメスなので繁殖を考えなくていいから、いかようにもできるんだけど、さてどうするか?

鹿嶋の気候だと12月に入って決断すればいいので、それまでに青水の準備だけはしておこうかな。

ゆっくり考えます。


にほんブログ村


金魚 ブログランキングへ

| | コメント (0)

2016年10月 3日 (月)

Jリーグ 2ndステージ 大宮アルディージャ戦(カシマスタジアム)

試合から数日経ってしまいましたが、先ほどようやく大宮戦の録画を観ました。

土曜日は仕事だったため、職場でタブレット観戦になり、途切れ途切れでしか試合を観れていませんでした。

1失点目は見れましたが、その他の得点及び失点シーンは見ることができていませんでした。

でも、ところどころ見ることができた場面では、殆どアントラーズが相手陣地内で攻撃しているシーンでした。

その時の選手の姿は、金崎に代表されるようにみんな必死でボールに喰らいつき、走って収めてパスを出して、気持ちが感じられるプレーであったと思いました。

そして、先ほど録画を見て、試合結果との印象で大きく異なっていたことに気付きました。

1-3という結果と、他のブロガーさん達、そして試合に参戦した仲間の試合印象によると、大宮に全く歯が立たず敗れるべくして敗れたというようなイメージでした。

しかし、録画を観る限りでは、失点した場面以外にアントラーズのゴールを脅かされるようなシーンは無かったと思います。

そして、試合の殆どの時間でイニシアチブを取って、試合を支配していたのはアントラーズだったと思います。

もしかすると、大宮にボールを持たされていただけなのかもしれませんが、実力で大宮に点差ほど劣っているとは到底思えませんでした。

でも、結果が全てなんだと改めて思い知らされる試合になりましたね。

岡山戦よりもアントラーズの試合内容は良かったと思いますが、結果が全く逆(勝利←→敗戦)で、結局のところ悲しい気持ちと勝ち点を1点も取れなかったという事実だけが残りました。

大宮の3点は見事な得点ばかりでしたが、アントラーズとそれほど決定力が違うチームでもないでしょう。

でも、土曜日は大宮に神様が微笑み、アントラーズには幸運の神様は微笑まなかった。

最初の脩斗のヘディングが決まって先制点を取れていれば、もしかすると結果は全く違っていたのかもしれない。

その程度の差しかないと思う。

怪我人(遠藤、充孝、昌子、西、ブエノ、垣田)が戻ってくれば、十分にどのチームとも戦える力はあると思います。

 

あれほど批判した2ステージ制でしたが、皮肉なことにそのレギュレーションの恩恵を最も受けているのが今のアントラーズです。

恥ずかしい気持ちも若干ありますが、チャンピオンシップの出場権は、1stステージに優勝して文句なしに勝ち取った権利で出場することができます。

できることなら、年間3位を死守して、浦和と川崎とのCSで逆転優勝を狙いたいと思ってます。

怪我人はCSまでの1か月でしっかりと治してもらって、CSにベストメンバーが組めることを祈るばかりです。

それまでの残り3試合、東京~川崎~神戸とどのチームとの戦いも勝ち点を計算できる試合ではありませんが、今いるメンバーで必死になって戦い抜くしかありません。

インファイトも応援で迷走している場合ではありません。

ゴール裏の応援がしっかりしなきゃ、選手達の後押しなんてできるはずはないでしょう。

選手達がどうのこうのと批判する前に、ゴール裏の応援が再び一つになってスタジアムの雰囲気を高めなければ、どうのこうの言う資格はありません。

選手は選手でやるべきことがあり、サポーターはサポーターでやるべきことがあるはずです。

サポーターが選手やチームの批判をしているような状況ではありません。

とにかく、やるしかないのです。

選手や監督を批判して諦める人に奇跡が起こるはずはないでしょう。

だから、小さな力しかない自分ですが、選手を信じて自分がスタジアムで応援できる神戸戦までの間はひたすらタブレットに向かって祈り続け、最終戦では再び喉をつぶすまで応援したいと思っています。

もう、やるしかないんです!

決して諦めないことです。

選手よりも先に諦めることは絶対にしない。

隣のサポーターよりも先に諦めることはしない。

誰か一人でも必死で戦い続ける仲間がいれば、自分も諦めずに応援を続けるのみです。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

| | コメント (2)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »