« Jリーグ 2ndステージ ホーム磐田戦(上がってきた) | トップページ | Jリーグ 2ndステージ 大宮アルディージャ戦(カシマスタジアム) »

2016年9月26日 (月)

久しぶりの更新

磐田戦の夜から熱が出て、仕事を休むことなく必死の回復に努めて、木曜日の天皇杯に「声なし」で参戦し、とりあえず普通の体力までに復帰することができました。

まだ、喉の調子は本物ではなくて、痛みが無くなった程度なので無理をするとぶり返しそうな感じがします。

それにしても今回の風邪には参りました。

喉が痛くて、唾を飲みこもうとするんですけど本当に痛くて痛くて・・・・。

発症したのが土曜日の夜だったので、日曜日~月曜日(祝日)の2日間は病院にも行けず、市販薬で熱を下げては効果が切れるとサイド熱が出てくるといった繰り返しとなり、余計に喉の状態を悪化させてしまった感があります。

とにかく寝て、栄養を取って、火曜日に病院でもらった抗生物質で治療して、何とか木曜日の朝には熱は下がって、しかし喉は痛いという具合になり、マスクして声を出さないようにしてゴール裏で参戦してしまいました。

周囲の皆さんに気を遣わせてしまって申し訳なかったです。

タンバリンのみの応援はサポーター歴の中で初めてでした。

ですから、岡山との試合内容がどうだったとか全く気にすることもできず、とにもかくにも勝ったことだけで「良かった~、やりきった!」という安心感に包まれていました。

今週の新潟戦は仕事のためライブで観戦できずに、家に帰ってから録画で観戦しました。

前半はシュートゼロだったんですね。

珍しい!

後半開始早々の柴崎のゴラッソは見事で、これによってチームの落ち着きも取り戻され、いつもの鹿島の展開でゲームをコントロールできましたね。

最後にはリーグ戦2試合連続でPKを獲得し、今回は文句なしのPK獲得で、これを得点に見放されていた金崎がようやく決めて、2-0で難しいアウェイでの勝ち点3をゲットすることができました。

試合内容については、磐田戦~岡山戦~新潟戦と続けて満足できるものではないというファンの声を多く聞きます。

そうかもしれません。

しかし、今は何よりも一番欲しいのが「勝利」という結果であり、これを獲得出来ていることで良しとするしかないでしょう。

あの柏戦以降、今年の鹿島とは石井監督と心中するつもりで応援しています。

ですから、以前の強かった時代の鹿島のサッカーや現在の上位陣のサッカーのようなものを今のチームに求めるものではありません。

しかも、遠藤、中村、西、伊東、昌子と多くの離脱者を抱えて、チームの台所は火の車状態であるため、それを承知であるならば今は「勝利」できている以上の無い物ねだりには何の意味も持ちません。

今の試合結果を喜んで、ポジティブに捉え、次戦への糧とするしかありません。

リーグ戦は、残りの対戦相手は大宮(H)、東京(A)、川崎(H)、神戸(H)となります。

ホームでの試合が3試合も残っています。

そして、強い相手ばかりとの対戦になりますが、決して勝てない相手ではないでしょう。

少なくとも互角には戦える力が、今の鹿島にはあると信じています。

年間3位を死守して、少しでも上位陣に勝ち点で近づき、チャンピオンシップをホームで戦えるように頑張るしかないです。

大宮戦から東京戦までには3週間開くので、それまでには故障者のうち何人かは戻ってこれることを期待しています。

鹿島には、これからは〝上がり目〟しかないのですから、一気に全てを良い方向に改善することではなく、一つずつ、少しずつチーム状態を上げていくようにすればいいですよね。

そういった意味でも、前半シュートゼロをどう捉えるかということよりも、金崎にようやくゴールが生まれたことで、次にどのように繋がっていくかという期待感を持つようにしています。

悪くないよ、今の鹿島アントラーズは!


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

|

« Jリーグ 2ndステージ ホーム磐田戦(上がってきた) | トップページ | Jリーグ 2ndステージ 大宮アルディージャ戦(カシマスタジアム) »

コメント

伊東が怪我で出られなくなってソッコが右SBで出ましたが
しっかり体張って守ってくれていましたし、
ブエノもあぶないところもあったけどよく喰らいついていました。
攻撃の面では怪我人続出の中では
うまく起点になれる選手がいないせいか苦しい展開が多かったですが、
永木小笠原柴崎の3人が中盤をうまく回してたし
三竿も試合途中から守備と攻撃参加もしていたのでなんとかなっていた。
夢生もPKを決めて2桁得点もできたし、これで乗ってくれたらいいですね。

攻撃面でどうしても人数をかけて攻撃する形が少ないけど、
しっかりセットプレーなどで点を取れるようになっているのはいいことだと思います
怪我人が戻ってくるまではこういう我慢する展開が多くなると思いますが
チームとして纏まって戦える状態だと思っています

最近めっきり寒くなってきましたし、お体をお大事に

投稿: | 2016年9月26日 (月) 19時45分

すごくひどい風邪をひいてしまったんですね。
早く全快されて声を出して応援できるようになるといいですね。

新潟戦 前半は我慢の戦いだったみたいですが、
後半の柴崎選手のダイレクトボレーシュートはすごくきれいで
何度も観てしまうくらい嬉しかったです。
鹿島は今は苦しい時期ですけど
苦しい時期を同じ気持ちで乗り越えた時
チームがさらに一つになれるって思ってます。
理想の戦い方はできないかもしれないけど、
一つ一つ勝利を積み重ねていくことでチーム力が向上して
鹿島はもっと強くなるって信じてます。

鹿莫迦さん くれぐれもお体をお大事になさってくださいね。
次の試合はベストコンディションで参戦できますように。

投稿: laugh | 2016年9月27日 (火) 17時43分

laughさんはじめ皆さんにご心配おかけします。

おかげさまで喉の調子もほぼ完治し、応援には問題ないくらいに回復しました。

しかし、残念なことに仕事の都合で、次回参戦できるのはなんと最終戦しかありません。悲しい現実です。

テレビから気持ちを目一杯送りながら応援します。

投稿: 鹿莫迦 | 2016年9月28日 (水) 06時55分

岡山戦、新潟戦と更新がないので、おかしいなと思っていたら、風邪をこじらせてしまったのですね。
選手が体調不良で休むことがありますが、ブログを書いてる方々も体調維持管理に同じように大変なご苦労があると常々感じております。
回復されたようですが、今まで以上に御自愛下さい。

ここ3試合は勝っています。
プロですから結果がすべてという人もいますが、試合内容は確かに満足のいくものではありません。
勝ってはいるものの、どうしても不安感がぬぐいきれないのです。
今のチーム状態のままで、年間勝ち点3位を維持できるのか、CSを勝ち抜くことができるのだろうか。
CSでは川崎・浦和が相手です。もしかしたらG大阪が相手かもしれません。
磐田戦で復調の様子が見られましたが、続く岡山戦・新潟戦では元通りのひどい試合内容で、どうしてもポジテムにはなれません。

投稿: 神栖の愛犬家 | 2016年9月28日 (水) 16時34分

神栖の愛犬家さん、ご心配おかけしました。

体調の方はすっかり良くなって、今は喉に痰が絡むくらいに回復しています。スタジアムで大声を出すと駄目かもしれませんが、幸か不幸か次の参戦予定は仕事の都合上で最終節の神戸戦になります。それまでには完璧に調子を整えておきます。

さて、チームの状態は試合内容もスタッフの人間関係も含めて厳しい状況であり、これ以上の上がり目にも乏しいことは明らかですね。怪我人(遠藤、中村、西、昌子)が戻ってくること位が期待されるところです。でも、このメンバーが全て戻ってくればJでも最強レベルになりますけどね!

ですから、できないことを求めることなく、現状のチーム力を冷静に見つめて、このチームと最後まで全力で戦い抜くということに気持ちを切り替えています。過去の栄光や「鹿島アントラーズは本来・・・・」というような妄想は捨てて、げんじつを見て進んでいきます。

投稿: 鹿莫迦 | 2016年10月 1日 (土) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Jリーグ 2ndステージ ホーム磐田戦(上がってきた) | トップページ | Jリーグ 2ndステージ 大宮アルディージャ戦(カシマスタジアム) »