« クラブハウス練習見学(写真で雰囲気を) | トップページ | Jリーグ 2ndステージ ホーム磐田戦(上がってきた) »

2016年9月11日 (日)

Jリーグ 2ndステージ 柏レイソル戦(アウェイ) 心で涙を流した敗戦

Cimg5139

斜陽、黄昏。

日立台の風景じゃない、鹿島アントラーズのチーム状況です。

 

鹿島アントラーズの選手の状態は故障者が多くて、ベストメンバーを組めることができないのは理解できます。

苦しいチーム状況であることはわかります。

そして、たとえベストメンバーが組めたとしても、今の柏レイソルに互角以上の確率で勝てる見込みなど無いこともちゃんと認識しています。

そう、それほど今のレイソルは強いチームです。

でも、付け入る隙はなくはない。

そして、アントラーズはそれができるチームであり、それができる選手達であると思ってます。

 

そんな状況を、スタジアムに集まったサポーター達は十分にわかっていて、試合前から気合いでは負けないように応援のボルテージも高めてチームに足りない力を後押ししようと、やるべき準備はできていたと感じていました。

試合が始まっても、その見通し通り厳しい戦いになりましたが、サポーターと共に選手達もアグレッシブに戦っていました。

さすがに、気持ちだけでは上手くいかないもので、実力に勝るレイソルはきっちりとアントラーズの守備のミスを見逃さずに決めるべき人が決めて、厳しいリードを奪われてしまいました。

リードされて浮足立ってしまったアントラーズにたたみかけるように、レイソルの外国人選手のパワーとテクニックでPKを取られる絶体絶命の大ピンチ。

なんと、これを曽ヶ端がファインセーブで救ってくれた!

 

まだ行ける!

選手やサポーターはそう感じた。

そして、それを実現しようとみんなで攻撃のギアを上げようとしました。

でも、レイソルの力がそれを許さない。

手立てが段々となくなり、行場を失う状況になっていた時間帯になっても、何故かアントラーズのベンチは動かない。

サポーターも声を出して飛び跳ねて、ピッチ上の選手と一緒に戦っていたからわかる感覚なんだけれども、閉塞感を打破するために有効な選手交代(ベンチワーク)を期待していました。

リードされているんだから、レイソルよりも先に動いてもいいはず。

それでもベンチは動かない。

レイソルが先に動いても、アントラーズのベンチは動かない。

 

なんで?

同点に追いつき、逆転しなくてはならないんだから、閉塞感を打破する一手を打って欲しいと思っていたんですよ、選手もサポーターも。

太郎を赤崎に代えてピッチに送り出し、その後はどうするの?

優磨がFWじゃなくて、聖真がFWに?

持ち味が活きないんじゃ?

この交代後の状況を見ても、このままじゃ駄目なのは見ていたらわかるじゃない?

勝ちたくないの?

石井監督は動かない。

 

レイソルに2点目を奪われて、石井監督と大岩コーチがようやくボードを見て相談している。

遅いよ!

1点差を追いつけない状況だったのに、2点目を取られてから追いつくための一手を打つのなら、どうして1点差の時に打たないの?

 

しかも、相談していたにもかかわらず動かない!

ええ~??????

なんで動かないの?

1点差が追いつけない状況で2点目を取られた。

何かを変えなくてはどうしようもないはずなのに、誰も代えないってどういうこと?

 

この瞬間に、ベンチが勝ちを放棄したということをサポーターは悟ったし、ピッチ上の選手達はもっと早くそれを悟っていたに違いないです。

結局、試合終了間近になって垣田を聖真に代えて投入したけど、その前にも石井監督と大岩コーチはボードを見て色々相談していた。

でも、それで判断した交代が聖真⇒垣田?

代えたことは否定しないけど、そんなに時間を掛けて様子を見て、コーチと何度も相談して、出した結論が、それ?

時間をかけなくても、また、何度も相談しなくてもできるなんじゃないの、その程度の判断は?

そして究極は、石井監督の代名詞にもなっている「交代枠1名残し」とは・・・・。

 

それは絶対に、最善の判断じゃないよね?

 

ピッチ上の選手達も、ゴール裏のサポーターも最後まで決して諦めなかった。

時間と共に、(何も手を打たない)ベンチワークによって段々と気力が奪われていく感覚とも戦いながら、決して諦めていなかったのに。

ベンチが勝利することや追いつくことを、いや、最低でも1点でも返すことを諦めてしまっては、戦っている選手やサポーターはどうすればいいんだ!

サポーターはベンチにいる選手達を信じていたよ!

そして交代による化学反応に期待していたのに・・・。

ベンチはサブの選手達を信用していないのか?

 

どうして?

 

試合後に、ゴール裏から発せられた言葉の中に「やりきったのか!やりきってないだろー?」という叫びがありました。

正に、ゴール裏全体が感じていた気持ちを代弁してくれた叫びだったと思います。

やれることは、本当にまだまだあったはずだと思っています。

それを、やって、ないよね!

 

今日の試合に関しては、ベンチワークが全く理解できません。

サポーターの何人かも言ってましたが、去年の松本戦と同じくらい失望感が大きかった試合になってしまいました。

これまでも試合に負けた時は、悔しい気持ちになったことは何度もあります。

でも、今日の敗戦は本当に悲しい気持ちに包まれてしまったというのが正直なところです。

 

ブーイングはしなかったけど、本当に心の中で涙が流れてきました。

アントラーズにあってはならない試合でした。

アントラーズはどんなに内容が良くても〝負け〟を許容するチームではありません。

それでも〝負け方〟っていうものがありました。

敗戦の中にも、アントラーズのスピリットが少なからずありました。

今日の試合には、今日の敗戦には、それが感じられなかった。

やってはいけない負け方でした。

 

選手達は敗戦を黙って受け入れるのではなく、監督ともう一度腹の底から自分たちの思っていることについて話し合うべきだと思います。

「チームのために」という言葉は、もしかしたらこれからも選手や監督の口から出るのかもしれないけれど、本当に心の底からその言葉を言うために、もう一度腹を割ってお互いに思っていることをぶつけ合うべきだと思います。

そうしないことには、今年に関して、アントラーズの〝次〟は無いように感じています。

「石井監督が率いる鹿島アントラーズを支える」と誓ったからには、チャンピオンシップが終わるまで今のチームを支え続けます。

だけど、少なくとも我々が支えるアントラーズは、監督やスタッフ、そして選手達が本当に気持ちを一つにして一丸となったチームであってほしいと望みます。

 

あぁ、悲しい、ただただ悲しい。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

|

« クラブハウス練習見学(写真で雰囲気を) | トップページ | Jリーグ 2ndステージ ホーム磐田戦(上がってきた) »

コメント

悲しいですが現実なんですよね。

怪我人が多く、サブに若手しかいないのは
同情に値するものの、
監督の手腕に疑問符が付きますね。

何となく何となくやってる。
リーダーシップを感じない。


チャンピオンシップにはなんとかなるよ!って
雰囲気はまったく感じません。
残念ながら。

投稿: ハッピー | 2016年9月11日 (日) 08時40分

ハッピーさん、コメントありがとうございます。

選手達は悪くないですよね。控えの選手が力不足とか、小笠原が居てそれは無いと思います。問題は偏にベンチワークだと思います。

言い方は悪いですが、監督の思考がちょっとおかしいんじゃないかと思いました。

これが石井さんの采配とは思いたくないですけど、磐田戦でも同じように感じられてしまったら、その時はもう今年についてはアントラーズと一緒に沈む覚悟が必要かもしれません。もちろん、そうなっても沈まないように必死で応援して、もがいてもがいて最後まで悪あがきをするつもりです。

一緒に悪あがきしてくださいね!

投稿: 鹿莫迦 | 2016年9月11日 (日) 20時19分

監督含めベンチワークはまあ言われてる通りなのでおいといて、
チームとしてみるとカイオが居なくなって縦に仕掛けることができるのがアツタカしかいない。
2列目でキープとクロスとミドルができるのがヤスしかいない。
2列目で1対1でしかけてシュートする意識が高そうなのがファブリシオ。
右SBでビルドアップだったり組み立てに参加とボールの置き所としての西。
とにかく2列目が怪我人だらけだったのが辛いところでしたが、
怪我人抜きにしても酷かった。
前半からパスは繋がらずロングボールを蹴っては跳ね返されていい形の攻撃がないまま。
失点してからただのショートパスですらずれて繋がらず。ソガがPKを止めてくれたところで
チームを鼓舞してさあ1点返すぞっていう雰囲気がなかった。
交代で入った太郎もロスト連発で逆カウンターの起点に。
2失点目の柴崎のジョギングもなんだかなって感じでした。途中までは攻撃でどうにか前に前にっていうのは見えていたんですけどね。

どうしても勝ちたいっていう覇気が見えないんですよね。
CB2人は最後の部分で踏ん張ってたのは見れたけど、最後の最後で体を投げ出して止めるとか
球際激しくスライディングするとか、そういうのがチーム全体に足りないと思います。


まあ色々言いたいこともありますがうまく言葉がまとまらないのでここまでに。
長文失礼しました

投稿: | 2016年9月12日 (月) 00時50分

完敗でした。 
それしかありません。
守備も攻撃も相手が上回り、点が入る気配は感じられず、失点の恐ればかりだけで時間が進む展開。
やはり思っていたとおり強力助っ人外人にやられました。見せ場はPK阻止だけだったような。
前節に柏は首位の川崎から5点とっています。今回もその位点が入ってもおかしくない内容でした。
失点2ですんでよかったと思うくらいです。
選手交代も皆さんが言っているいるように、疑問しかありません。

本当に年間勝ち点3位があやうくなってきました。それだけはなんとしても死守です。
このままで行けば、CSは3チームになりますし、来年のACL出場権も得て、ルヴァンカップや天皇杯もシードとなります。

来年一試合でも多くの試合を見たいので、なにがなんでも死守してくれー アントラーズよ。

投稿: 神栖の愛犬家 | 2016年9月12日 (月) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クラブハウス練習見学(写真で雰囲気を) | トップページ | Jリーグ 2ndステージ ホーム磐田戦(上がってきた) »