« Jリーグ アウェイ甲府戦 | トップページ | Jリーグ ホーム浦和戦 負けて得るもの »

2016年7月18日 (月)

小谷流の里 ドギーズアイランド 日帰り

今日は、「小谷流の里 ドギーズアイランド」にレノンとお出かけしてきました。

8月の旅行に備えて、レノンのドライブ訓練と同伴カフェの練習をしてきました。

鹿嶋を10時30分に出発して、東関道の佐倉ICで降りて、一般道を少し走って「ドギーズアイランド」に到着したのは約1時間後の11時30分過ぎでした。

Img_2654

チケットカウンターで受け付けをして、日帰り利用ということですぐにドッグランに向かいました。

※日帰り料金(休日料金) 大人1000円×2人、子供450円×1人、レノン(中型犬)800円×1頭で3,250円

Img_2658

レノンは初めてのドッグランです。

Img_2660

リードから解放されて走り回るのかと思いきや、はしゃぐ娘の後を追いかけるのが精一杯です。

Img_2663

広いところで走り回ることを知らないのか? 嫁さんと娘に促されて、ドッグランの中をついて回って歩くだけ・・・・。

Img_2665

それでも、レノンなりに楽しそうです。

現在、「ドギーズアイランド」では中・大型犬用のドッグラン2か所が共に工事中で、駐車場の脇に臨時の大規模ドッグランが用意されています。

それに加えて、貸切ドッグランのBが工事中で使用できないため、貸切ドッグランのAとCが無料で一般開放されていました。

写真はその貸切ドッグランCです。

他のお客さんはおらず、文字通り貸切で利用できました。

Img_2670

日差しが出てきて、直射日光の下だとかなり熱いです。

水分補給させようとしても、レノンは外出先では一切水を飲みません。

どうしたら良いものかと頭を悩ませております。

Img_2673

とりあえず、ドッグラン内の日陰(木陰)に避難しました。

Img_2677

この後はフォレストウォークに行きました。

Img_2679

フォレストウォークを歩き出すと、早速レノンに試練が・・・。

湧水が道路に溢れ出し、この水にビビッて進めません。

Img_2680

ちょっと強引に引っ張って促し、何とか前進開始です。

Img_2685

アスファルトの照り返しがきつく、レノンもちょっと苦しそうです。

木陰に入ると少しは息が付ける感じです。

約20分のフォレストウォークを終えて、カフェに行く前にレノンの体を冷やすため「じゃぶじゃぶ池」に。

Img_2696

初めての水には抵抗があり、後ろからお尻を押して水の中に押し込みました。

Img_2698

仕方なく水の中に入ってますが、ビビリ感が半端ないです。

Img_2699

そして、更に熱中症予防で体を冷やすためドッグプールに挑戦です。

Img_2700

こちらのプールでは、じゃぶじゃぶ池の比じゃないくらい抵抗しました。

無理やりぴっぱってプールに入れました。

Img_2703

Img_2705

深いところまで歩かそうと引っ張っても、このとおり絶対に動きません。

Img_2706

仕方ないので、娘がレノンの体に水を掛けて冷やしてあげました。

レノンの体をプールで冷やしたあと、「小谷流ベーカリー&カフェ」で遅めのランチです。

Img_2712

Img_2716

池のほとりで、爽やかな風を感じられるテラス席でレノンと共にランチです。

レノンは最初は落ち着きがなく、嫁さんが少しの間抱っこすることでようやく落ち着き、この後は足元で大人しく、粗相することもなく座っていました。

※「シーフードセット」1,500円「グラタンセット」1,500円、「小谷流シュークリーム」280円、「八街ジンジャー」350円、「グレープジュース」400円、「ジンジャーエール」400円 合計約4500円

 

レノンも初めての経験でお疲れの模様なので、今日はここでお帰りにしました。

14時30分にドギーズアイランドを出発して、帰りもスムーズなドライブで1時間で我が家に到着しました。

 

ところで、今日はレノンにとっての初めてのロングドライブでした。

〝車酔い〟対策として「酔い止めローション」を使って予防していましたが、佐倉ICを降りて一般道を目的地に向かって走っていた時に、やぱり嘔吐してしまいました。

帰り道も心配しましたが、なんとか無事に我が家まで戻ってくることができました。

来月の旅行に向けて、レノンにとって良いトレーニングになったかな。


にほんブログ村


黒柴犬 ブログランキングへ

|

« Jリーグ アウェイ甲府戦 | トップページ | Jリーグ ホーム浦和戦 負けて得るもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Jリーグ アウェイ甲府戦 | トップページ | Jリーグ ホーム浦和戦 負けて得るもの »