« どちらの危機感が勝るのか? | トップページ | カイオ、仲間とクラブハウスにお別れを »

2016年7月 4日 (月)

Jリーグ 2ndステージ ホームG大阪戦 やられた・・・

土曜日に行われたG大阪戦は、残念ながら赤崎のリーグ戦今季初ゴールで先制したものの、セットプレーでやられて屈辱の3失点で敗戦となりました。

試合の入りは満点と言えないまでも、「優勝ボケ」とは言われないレベルの入りが出来ていました。

金崎やカイオの不在をマイナスと感じさせない試合運びで、それこそ赤崎の先制点までは十分にガンバに力量で差のあるところを見せることができていた展開でした。

その先制点直後の失点は、ぽっかりと空いてしまったMFとDFの大きな空間でアデミウソンにボールが渡ってしまったこと、それとその後の対応でも迷いがあったと昌子がコメントしているように、鹿島にとっては〝完全なミス〟で失点に繋げられてしまいました。

それほど難しいシュートでなかったにも関わらず、曽ヶ端がセーブできなかったのは、やはりそのシュートとそこに至るまでの展開が想定外だったということでしょう。

同じように、相手のCKでの守備についても、失点する以前にも失点シーンと同じようなマークミスがあって、結局のところ試合中にそのマークのずれというかミスを(1度ならず2度までも)修正できなかったことが大量失点につながってしまいました。

但し、それ以外のところでは、パスを回し相手陣地内へ攻め込む展開は鹿島らしさがありました。

確かに得点の匂いはしていませんでしたが、そのような閉塞感はこれまでの試合でも何度か味わったことがあります。

金崎がいないことで、前線でボールを納めてくれるポイントが無かったことは相違点として挙げられます。

カイオがいないことで、個人としての突破がなかなか見られなかったことも確かに事実です。

それでも、カイオだって自ら仕掛けて、フリーの味方を使わずにボールロストしてカウンターを喰らうことは何度もありました。

それを考えれば、そこの部分は「行って来い」でしょう。

映像で試合を観た感覚としては、もう一度守備をしっかりとやり直すことができれば、1stステージと同じような試合はできると思います。

本当なら〝同じ〟では駄目なんですけどね。

でも、初戦で1-3と大敗しているのに大きなことは言えません。

川崎や広島は3点取って相変わらず強いところを見せています。

浦和は相手よりも一人少ない状況で、何と逆転勝ちを収めました。

大宮や柏は接戦をしっかりと勝ちきり、横浜や神戸は攻撃力を爆発させて勝利してます。

鹿島以外の上位チームは、全て1stステージ同様の強さを発揮しています。

完全に出遅れました。

そして、次はアウェイでその強い広島と対戦です。

滅茶苦茶ピンチです。

短いステージで連敗をしたら、これを取り返すためには15試合かかることは経験から学んでいます。

絶対に負けられないし、アウェイでも勝ち点3が絶対に必要な試合となります。

もがいても、焦っても、それで勝てる相手ではないでしょう。

勝利するためには、まず失点しないこと、そう守備をもう一度やり直すことが最低条件です。

鹿島の守備は「全員守備」でありますが、「連動」がポイントです。

「前線から、連動して」

ここをもう一度整理して、攻撃陣が必ず1点取ってくれることを信じて。

そう思います。

そういった思いを胸に、明日はクラブハウスへ練習を見学しにいきます。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

|

« どちらの危機感が勝るのか? | トップページ | カイオ、仲間とクラブハウスにお別れを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どちらの危機感が勝るのか? | トップページ | カイオ、仲間とクラブハウスにお別れを »