« 青木 旅立つ | トップページ | Jリーグ 2ndステージ ホームG大阪戦 やられた・・・ »

2016年6月30日 (木)

どちらの危機感が勝るのか?

ステージ優勝に関連する記事が連日のように報じられています。

翌日、翌々日くらいなまだいいのですが、2ndステージ初戦を2日後に控えた今日もまだそのような記事を目にします。

嬉しい内容が書かれているのですけれど、ここまでくると「褒め殺しか?」とさえ思えてきます。

もしかすると、これは世間の“対アントラーズ作戦”なのかもしれません。

鹿島サポーターの皆さんはどうですか?

優勝ボケになってないですか?

もう、気持ちは次なる戦いに切り替えられていますか?

今年のチャンピオンシップで優勝した後なら、1週間でも1ヶ月でもその余韻に浸っていればいいでしょう(天皇杯があれば切り替えは必要ですが)。

でも、明後日ですよ、ガンバとの戦いは。

我々の目標はJリーグチャンピオンになることであり、その前には年間1位にならねばなりません。

考えてもみてください。

ステージ優勝という言葉に踊らされて浮かれているうちに、鹿島がガンバに勝ちきれず、川崎が闘志満々で勝利したら、たった1試合で年間順位は逆転されます。

ステージ優勝は確かに大きな貯金なのかもしれませんが、年間順位のところの貯金はたった(勝ち点)1しかないのです。

もうそろそろ、その現実を思い出さないといけません。

再び『危機感』を持って戦闘モードにならなければ、次の試合では奈落に突き落とされます。

アントラーズがこれまで勝利し続けてこれた大きな要因の一つには、この『危機感』があります。

都会のビッグクラブとは違い、田舎のクラブが存在していくためには勝ち続けるしかありません。

勝てなくていい試合など1試合も無いはずです。

負けられない危機感、勝たなければならない危機感、これがあるからこそアントラーズは強くなれるのです。

そういう意味での“挑戦者”であり続けるべきであり、そのことを忘れて戦いに臨んではいけません。

選手たちはもうとっくに気持ちの切り替えは終わっているはずですから、サポーターもハッキリと気持ちを切り替えなきゃ駄目ですね。

自戒の念も込めて。

因みに、ガンバは宇佐見が移籍して居なくなりました。

これはチャンスと思うのではなく、ガンバは主力流出の危機感のもと、より一層団結して試合に臨むことでしょう。

このガンバの危機感が勝るのか、それともアントラーズの危機感が勝るのか?

この辺りが、勝負のポイントになるような気がします。
 

「勝ちたい気持ちが強い方が勝つ!」


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

|

« 青木 旅立つ | トップページ | Jリーグ 2ndステージ ホームG大阪戦 やられた・・・ »

コメント

ガンバは宇佐見が抜けましたが、アントラーズはカイオが抜けます。
どちらが戦力ダウンかといればアントラーズではないでしょうか。(私の主観ですが)

カイオのドリブルがさえた時は、どこのチームのDFも止められません。
カイオのドリブルだけでもスタジアムに観に行く価値があると思っていました。

無いものねだりしてもしかたないので、ここはカイオが抜けた穴を全員で補わなければなりません。
中村や鈴木には特にがんばってもらいましょう。

いままで素晴らしいプレイをありがとう カイオ!
UAEでの活躍を願っています。

投稿: 神栖の愛犬家 | 2016年7月 1日 (金) 15時15分

神栖の愛犬家さん、ガンバ戦は残念でしたね。

カイオが抜けたことはサポとしても精神的に痛いです。ただ、カイオの鹿島への気持ちもわかっているし、プロとして家族を支えていくことについても十分に理解できます。辛いですが、カイオを笑顔で送り出してあげることにします。

アルアインはカタールのクラブと違って「給料未払い」ということはないでしょう。でも、契約金とか移籍金の支払いが速やかに行われるかどうか確かに不安ですよね。カイオ自身のスキルアップやステージアップにつながるかどうかは分かりません。欧州移籍ならその可能性は高いのでしょう。

従って、お金とスキルアップの2点がどうなるのか? この結果によっては、早めの退団も有り得ると思ってます。その時は間違いなく鹿島に戻ってきてくれると信じてます。今回、プロとして「お金」でUAEへ行ったカイオですが、日本に帰ってくる時は「お金」じゃなく「気持ち」でチームを選択してくれると私は信じています。

投稿: 鹿莫迦 | 2016年7月 4日 (月) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青木 旅立つ | トップページ | Jリーグ 2ndステージ ホームG大阪戦 やられた・・・ »