« サテライト 横浜Fマリノス戦(カシマ) 赤崎、待望の今季初ゴール! | トップページ | 青木 旅立つ »

2016年6月26日 (日)

Jリーグ ホーム福岡戦 1stステージ優勝!

Cimg4925

福岡って、こんなに強かったのか。

苦しかったよ、ほんとに。

優勝がかかった試合の緊張感とも戦った、本当に苦しんだ末の勝利。

Cimg4930

選手たちの力、そして3万人のサポーターの声援でなんとか掴み取った勝利!

正直な気持ち、ステージ優勝した喜びよりも、福岡にこの試合で勝てたことの喜びを試合終了の瞬間に感じていました。

Cimg4928

一つの試合に勝利することの難しさ、安堵、そして喜びと、改めて目の前の試合に集中して勝利することの大切さを感じました。

その上で、冷静にステージ優勝を理解して喜ぶことができました。

Cimg4936

ステージ優勝、鹿島はこれだけではユニフォームに「☆」を付けません。

ステージ優勝は年間3位よりも下の位置づけであり、ここはまだまだ2016年の通過点に過ぎません。

我らの目標は「年間1位」、「Jリーグチャンピオン」です。

来週はすぐにG大阪との2ndステージ開幕戦が始まります。

優勝の余韻に浸るのは今晩と明日くらいにして、来週からは気持ちを入れ直して戦いを再開しましょう。

鹿島のサッカーを完成させるべく、2ndステージも優勝を狙い、年間1位となって、チャンピオンシップで優勝して、。完全優勝を目指しましょう!

 

アントラーズファミリーのみなさん、今日はお疲れ様でした。

そして、優勝おめでとう。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

|

« サテライト 横浜Fマリノス戦(カシマ) 赤崎、待望の今季初ゴール! | トップページ | 青木 旅立つ »

コメント

前期(1ndステージ)ではあるが「優勝」と呼べるものを手にしたのは確かなので素直に喜んでおります。

年間勝ち点で3位以内に入れる可能性は高いものの、確実ではないので、チャンピオンシップ出場が確実な前期優勝を勝ち得たことは大きいと思います。

我がアントラーズはもちろん2ndステージも取って年間勝ち点一位を目指すのみですが、川崎のみならず浦和・広島・G大阪・F東京などなどは、2ndステージにかけてくるでしょう。
オリンピックやワールドカップ予選で主力が抜けることを考えると、2ndステージも容易ではないと思われます。


私も娘と福岡戦は参戦しました。感動のゲームと優勝セレモニーだと思いました。

最後にジネイと青木がピッチに立った瞬間は思わず拍手しました。
トロフィーを最初にかかげたのはキャプテン小笠原ではなく、植田でした。
何故?と思いましたが、あとでスカパーを見てわかりました。小笠原の気遣いだったのですよね。

青木もサポーター席でメガホンを取り、最後の挨拶をしてましたよね。

選手もスタッフもサポーターもアントラーズファミリーという言葉どおりの振る舞いの前期優勝セレモニーだったと思います。

投稿: 神栖の愛犬家 | 2016年6月27日 (月) 17時40分

神栖の愛犬家さん、優勝おめでとうございます。

ステージ優勝嬉しいですね。通過点だとは思いながら、川崎に初優勝されていたら、やはり相当悔しい思いをしたでしょうね。その点からも優勝できて良かったです。ステージ優勝にはACLの出場権くらいくれたらいいのに。

ジネイのゴールはオフサイドじゃないですよね? たとえ際どかったにしても、時間帯、得点差であのシチュエーションであればオフサイドの旗は上げられないはずですけどね。ウェリントンを退場させなかったどころか、イエローカードさえ出さなかった、更には金崎と太郎へのファウルでPKを取らなかった主審の村上と併せて、土曜日はやはり11対14の試合だったんですね。

そんな環境の中で2-0で勝てたことは、本当に選手たちと一体となったスタジアムの力があってこそだと思いました。

来週のガンバ戦もこれくらいのスタジアムパワーで戦うことができればいいですね。

投稿: 鹿莫迦 | 2016年6月27日 (月) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サテライト 横浜Fマリノス戦(カシマ) 赤崎、待望の今季初ゴール! | トップページ | 青木 旅立つ »