« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月30日 (木)

どちらの危機感が勝るのか?

ステージ優勝に関連する記事が連日のように報じられています。

翌日、翌々日くらいなまだいいのですが、2ndステージ初戦を2日後に控えた今日もまだそのような記事を目にします。

嬉しい内容が書かれているのですけれど、ここまでくると「褒め殺しか?」とさえ思えてきます。

もしかすると、これは世間の“対アントラーズ作戦”なのかもしれません。

鹿島サポーターの皆さんはどうですか?

優勝ボケになってないですか?

もう、気持ちは次なる戦いに切り替えられていますか?

今年のチャンピオンシップで優勝した後なら、1週間でも1ヶ月でもその余韻に浸っていればいいでしょう(天皇杯があれば切り替えは必要ですが)。

でも、明後日ですよ、ガンバとの戦いは。

我々の目標はJリーグチャンピオンになることであり、その前には年間1位にならねばなりません。

考えてもみてください。

ステージ優勝という言葉に踊らされて浮かれているうちに、鹿島がガンバに勝ちきれず、川崎が闘志満々で勝利したら、たった1試合で年間順位は逆転されます。

ステージ優勝は確かに大きな貯金なのかもしれませんが、年間順位のところの貯金はたった(勝ち点)1しかないのです。

もうそろそろ、その現実を思い出さないといけません。

再び『危機感』を持って戦闘モードにならなければ、次の試合では奈落に突き落とされます。

アントラーズがこれまで勝利し続けてこれた大きな要因の一つには、この『危機感』があります。

都会のビッグクラブとは違い、田舎のクラブが存在していくためには勝ち続けるしかありません。

勝てなくていい試合など1試合も無いはずです。

負けられない危機感、勝たなければならない危機感、これがあるからこそアントラーズは強くなれるのです。

そういう意味での“挑戦者”であり続けるべきであり、そのことを忘れて戦いに臨んではいけません。

選手たちはもうとっくに気持ちの切り替えは終わっているはずですから、サポーターもハッキリと気持ちを切り替えなきゃ駄目ですね。

自戒の念も込めて。

因みに、ガンバは宇佐見が移籍して居なくなりました。

これはチャンスと思うのではなく、ガンバは主力流出の危機感のもと、より一層団結して試合に臨むことでしょう。

このガンバの危機感が勝るのか、それともアントラーズの危機感が勝るのか?

この辺りが、勝負のポイントになるような気がします。
 

「勝ちたい気持ちが強い方が勝つ!」


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

| | コメント (2)

2016年6月27日 (月)

青木 旅立つ

鹿島一筋16年、ジーコスピリッツの体現者であった青木が完全移籍で鳥栖へ旅立ちました。

3連覇の立役者と言っても良い位に、鹿島アントラーズの汗かき役として黙々と自らの仕事をこなす、正に職人的な選手でした。

また、本当にどのポジションでも高いレベルでプレーできるポリバレントな選手として、鹿島のピンチを何度も救ってくれた多能な選手であったことは間違いありません。

Jリーグ入りする時には、当時の全てのJ1クラブから誘いがあった中、鹿島アントラーズを選んでくれたことを、何度「青木がいてくれて良かった」と安堵したことでしょう。

正確なサイドチェンジのロングボール、キャノン砲と呼べるミドルシュート、あのジュニーニョを完全に抑え込んで何もさせなかったマンマーク、青木のプレーを凄いと思ったことは何度もありました。

青木のサッカーへの取り組み方を思い返してみると、「献身」、「尊重」、「誠実」それら全てを満たしていた選手だったんだと改めて感じることができます。

年齢的にも再チャレンジをするには、これが最後のチャンスかもしれません。

でも、実際に今の青木はスピード、スタミナ、パワーそれらのどれをとっても、決して若い頃から比較して落ちているとは思いません。

来月には鳥栖との対戦を控えている鹿島にとって、大いなる脅威になることは間違いなく、青木にもその心配を実現させるだけの活躍を期待しています。

何処へ行っても、青木は「アントラーズファミリー」の一員であると思っています。

心から活躍を祈っています。

再び、ピッチ上で汗を一杯かいて、体中で息をしながら活躍する青木の姿を見れることを期待しています。

頑張れ青木、ありがとう青木!

Cimg4938

Cimg4939

Cimg4940

Cimg4941


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

| | コメント (0)

2016年6月26日 (日)

Jリーグ ホーム福岡戦 1stステージ優勝!

Cimg4925

福岡って、こんなに強かったのか。

苦しかったよ、ほんとに。

優勝がかかった試合の緊張感とも戦った、本当に苦しんだ末の勝利。

Cimg4930

選手たちの力、そして3万人のサポーターの声援でなんとか掴み取った勝利!

正直な気持ち、ステージ優勝した喜びよりも、福岡にこの試合で勝てたことの喜びを試合終了の瞬間に感じていました。

Cimg4928

一つの試合に勝利することの難しさ、安堵、そして喜びと、改めて目の前の試合に集中して勝利することの大切さを感じました。

その上で、冷静にステージ優勝を理解して喜ぶことができました。

Cimg4936

ステージ優勝、鹿島はこれだけではユニフォームに「☆」を付けません。

ステージ優勝は年間3位よりも下の位置づけであり、ここはまだまだ2016年の通過点に過ぎません。

我らの目標は「年間1位」、「Jリーグチャンピオン」です。

来週はすぐにG大阪との2ndステージ開幕戦が始まります。

優勝の余韻に浸るのは今晩と明日くらいにして、来週からは気持ちを入れ直して戦いを再開しましょう。

鹿島のサッカーを完成させるべく、2ndステージも優勝を狙い、年間1位となって、チャンピオンシップで優勝して、。完全優勝を目指しましょう!

 

アントラーズファミリーのみなさん、今日はお疲れ様でした。

そして、優勝おめでとう。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

| | コメント (2)

2016年6月19日 (日)

サテライト 横浜Fマリノス戦(カシマ) 赤崎、待望の今季初ゴール!

今日は16時から、カシマスタジアムにて横浜Fマリノスとのサテライト戦がありました。

Img_2520 Img_2522

たまにはSSS席から観戦です。

Img_2523

西と櫛引は体幹トレーニング中でした。

さあ、今日の先発メンバーです。

Img_2524

Img_2528 Img_2531

ファン・ソッコ、太郎、ジネイ。

Img_2533

Img_2534 Img_2535

優磨、平戸、ジネイ、三竿。

Img_2536 Img_2537

ソッコと青木、伊東です。

Img_2538

昌子の抜けた穴を埋めるのは、ブエノかソッコか?

Img_2539 Img_2540

Img_2541 Img_2542

写真だけダラダラと貼っていきますので、今回はたたみます。

続きを読む "サテライト 横浜Fマリノス戦(カシマ) 赤崎、待望の今季初ゴール!"

| | コメント (3)

2016年6月18日 (土)

Jリーグ アウェイ神戸戦 自力V復活!

蒸し暑い神戸で、気持ちの入った熱い戦い。

気合い満点の神戸に圧倒された前半を耐え凌ぎ、絶好調・聖真のゴールで息を吹き返しました。

そしてハーフタイムで落ち着きを取り戻し、前半のズレを修正したところで遠藤待望の今季初ゴールで逆転!

追加点を狙うもホーム神戸に気持ちで粘られ、何度かあった危ないシーンを、こちらも気持ちで跳ね返す。

疲れ以上の気迫で、最後まで全員が走りぬき、遂に川崎を捉えてトップに躍り出て、自力優勝の可能性が復活しました。

 

本当に暑い中、選手と共に必死に最後まで声を出して飛び跳ねて、大きな大きな勝ち点3を鹿島に持ち帰ってくれたサポーターにも感謝です。

 

気持ちは増々高ぶりますが、ここは一番、落ち着いて、聖地でいつもの鹿島の戦いを見せるだけです!

だけど、気持ちだけ焦って(優勝を夢見ても)も仕方ありません。

我々はまだ何も手にしていません。

喜ぶのは、次の試合、リードした状態で試合終了の笛を聞いた時です!

その瞬間までは、僅かな心の隙すら見せることなく、全身全霊、精神を研ぎ澄まして戦い抜き、絶対に勝利を手にしましょう!

 

相手の福岡は、今日の結果をそのままに、「鹿島を喰ってやろう!」と勢い込んで乗り込んでくるに違いありません。

絶対に気迫で負けないように、選手は落ち着いて、サポーターは最初からトップギアで、聖地の雰囲気を最高に高めた中で戦うことに集中です。

 

全力で!

全員で!

今こそ、アントラーズに対する想いの全て賭けて、目の前の敵となる福岡に戦いを挑んでいきましょう!

 


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

| | コメント (0)

2016年6月14日 (火)

神戸戦に向けて始動!

休日明けの練習はファンクショナルトレーニングから始まります。

Img_2449 Img_2452

紫色のシャツを着た金髪の女性がトレーナーのようですね。

Img_2453 

筒を使ったトレーニングは体幹を鍛える効果でもあるのでしょうか?

上半身というよりも下半身強化のようです。

Img_2454 Img_2459

おもりを抱えて、こちらは腹筋を強化?

Img_2457 Img_2458

ゴールからつるしたゴムに足をかけて腕立てをしています。

膝を曲げて体の中心に引き寄せます。

どのトレーニングも体幹に効くのでしょうね。

Img_2460 Img_2461

大岩コーチが柴崎に手本を見せています。

Img_2468

ファンクショナルトレーニングをたっぷりと行った後、通常の練習メニューに移ります。

Img_2483 Img_2485

Img_2487

いつものように4か所にのポイントからのパスワークです。

これが複雑で、いつ見てもどのような順番でパスを回すのか私にはわからないです。(汗)

Img_2484 Img_2494

チーム状態が上がってきて、後は赤崎にゴールが生まれてさえくれれば!

Img_2490 Img_2491

好調で、そしてとってお仲のいい二人(優磨と金崎)。

共に笑顔が自然とこぼれます。

Img_2492 Img_2493

篤人も練習に加わっています。

浦和戦では肝心なところで渾身のセーブを見せた脩人。

Img_2495 Img_2496

充孝と柴崎。

Img_2497 Img_2498

昌子と全体トレーニングに戻ってきたブエノ。

Img_2499 Img_2500

ジネイとカイオ。

誠実で愛嬌のあるアントラーズのブラジル人選手達は、昔も今も、そしてこれからもずっとファミリーです!

Img_2501 Img_2502

セットプレーの練習では、コーチ陣が守備側として立ちはだかります。

大岩、羽田、柳沢だって・・・、手強いコーチ陣ですね。

Img_2519 Img_2506

石井監督の「FWだけ残って」の声で、柳沢レッスン(特訓)が始まります。

Img_2509 Img_2516_2

聖真のシュートに磨きをかけます!

充孝もシュートの感覚を取り戻します。

Img_2517 Img_2513

川俣、櫛引も横っ飛びでセーブします。

Img_2510

3か所同時のシュート練習なので、GK3人(曽ヶ端除く)はFW陣以上にハードです。

古川コーチの声も響き、最終的にはGKの特訓になっていました。

櫛引もバテバテです。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

| | コメント (0)

充孝 復活まであと少し!

充孝はまだ別メニュートレーニングになっています。

Img_2463 Img_2465

Img_2503

それでも、篤人と同様に一部全体練習に合流できるまでに戻ってきました。

Img_2477 Img_2481

FW陣の居残りシュート練習にも参加しています。

Img_2514 Img_2516

もうちょっとで戻ってこれそうです!


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

| | コメント (0)

篤人 順調なリハビリ

Img_2450 Img_2451

クラブハウスでの篤人のリハビリは、順調に進んでいるようです。

Img_2464 Img_2466

全体練習のウォーミングアップに加わっています。

Img_2469 Img_2474

ボールを使ったパスワークトレーニングにも参加しています。

Img_2476 Img_2478

Img_2479 Img_2488

Img_2489 

全体練習がセットプレーの練習に移った後は、一人で長い距離のランニング(一部ダッシュ)を行います。

Img_2504

リハビリは順調に進んでいるというよりも、ペースアップしているようにも感じました。

問題は〝痛み〟が出ているかどうかですね。

ブンデスの開幕には絶対に間に合わないと思ってました。

でも、篤人自身はそこを目標に仕上げていくつもりなんですね。


鹿島アントラーズ ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (0)

2016年6月13日 (月)

Jリーグ アウェイ浦和戦 天王山を制す!

見事な勝利でした。

あの浦和戦についてどのような言葉で語ろうとも、私の文章力ではあの素晴らしい勝利に水を差すような言葉でしか表せないので、試合についてあれこれ語ることはやめます。

 

全力を振り絞って勝利したことによって優勝戦線に生き残りました。

天王山を制した後、ネガティブなことを言うつもりもないですけど、こういった試合の後は次の試合の結果が本当に大事になります。

その相手と場所は、あのケチョンケチョンにやられた記憶も新しい、ノエスタでの神戸戦です。

 

あの時とはメンバーもシチュエーションも違うけど、だからといって鹿島が有利なんてことは全くありません。

浦和戦と同じような気持ちで神戸に向かっていかないと、それこそ足元をすくわれてしまうことにもなりかねません。

死力を振り絞って、埼スタで浦和に何年振りかで勝利したことすら水の泡と化してしまうでしょう。

 

年間順位を考えた戦いでは、まだ折り返し地点でしか過ぎないけれど、レギュレーション的には1stステージの優勝を争う残りの2試合です。

ホッとするのはこの2試合を連勝して終わった後にしましょう。

 

怪我人も戻ってきていて、鹿島アントラーズのチーム力もピークに近くなってきています。

自信を持って、そして必死になることを忘れずに、残り2試合を絶対に勝利して乗り越えましょう。

 

神戸戦も浦和戦と同じ様に、立ち上がりの15分、そして前半の戦い方が肝心になります。

試合の入りで、決して相手の勢いを受けることなく、鹿島のアグレッシブさを余すことなく前面に出した、気合い満点の入り方でいかないとね!

攻めるときも守る時も、全員攻撃・全員守備くらいの気持ちで戦わなきゃならないですね。

 

そしてサポーターも、スタジアムで応援できる人、テレビで応援する人、試合を観れなくても気持ちだけでも応援する人、アントラーズファミリーみんなで一丸となって、神戸、そして福岡を撃破しましょう。

 

間違うことなかれ、1stステージの残り2試合、私たちの戦う相手は川崎ではなく、神戸と福岡です。

目の前の敵を倒すことだけに、それぞれ90分間集中を切らすことなく、最後まで戦い抜こう!

 

埼玉スタジアムで応援されたサポーターのみなさん、お疲れ様でした。

圧倒的少数のスタジアムで、選手を勇気づける心強い応援が響き渡っていましたね。

最高の応援でした。

勝利をありがとうございました。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

| | コメント (2)

2016年6月 9日 (木)

レノン in  しおさいはまなす公園

先日の休日に、レノンと一緒に「しおさいはまなす公園」に行ってきました。

これまで卜伝公園、下津海岸、神栖中央公園と散歩エリアを徐々に広めてきました。

ドライブ(クレート)に慣れさせる目的も含めて、車に乗せて出かけて、現地に着いてから散歩を楽しむという感じで出かけています。

今回は初めてのはまなす公園です。

Cimg4897

最近は初めての場所でも、そんなに怯えなくなりました。

尻尾もくるんと巻いて立てているので、少しは楽しめているのかな?

Cimg4901

はまなす公園と言えば「すべり台」です。

滑り台の音には少しビビッてます。

Cimg4903

Cimg4904

でも、成長の証し、表情はお散歩を喜んでいるように見えます。

Cimg4907

直ぐに、尻尾をくるん!

後は元気に尻尾を振ってくれるといいんですけどね~。

Cimg4917

顔つきも段々と大人びてきて、結構、男前になってきたかな?

Cimg4919

今では「お座り」はお手のもの!

アイコンタクトもばっちりですよ。

家の中では「お手」もできるようになりました。

 

急な階段の上り下りも全然平気です。

Cimg4924

お散歩が終わって、駐車場の車に向かって歩いていると家に帰ることがわかるみたいで、自らドアの前でお座りしてドアが開くのを待ってます。

ドアが開いたら、一人で車の後部座席にに飛び乗って、載せてあるクレートに自分から入っていきます。

臆病なレノンでしたけど、今では世話しやすいお利口さんになってます。

家の中でも「そそう」は殆どしなくなりましたよ!

 

夏の旅行には、家族みんなと一緒に行けそうですね!


にほんブログ村


黒柴犬 ブログランキングへ

| | コメント (0)

2016年6月 6日 (月)

篤人 クラブハウスでリハビリトレーニング実施中

Img_2408

篤人がクラブハウスでリハビリを開始しています。

今日は別メニュー調整となっている充孝と、それとどうしたことか?曽ヶ端と一緒にフィジカルトレーニングを行っています。

Img_2421

いきなり別メニューとなった曽ヶ端にもびっくりですが、充孝は思ったより時間が掛かっているんですね。

その充孝と同じメニューで篤人はトレーニングを始めています。

Img_2425

チューブを使ったトレーニングメニューに移ります。

Img_2426

トレーナーとマンツーマンでメニューを進めていきます。

Img_2428

インターバル。

やはり、まだ右足を気にしているところはあります。

まだ、トレーニングを再開したところですから痛みがあったり、気になっていたりしても、それは当然のことですね。

Img_2430

再びチューブトレーニングで負荷をかけていきます。

Img_2439

トレーニングを終えて、ピッチ脇で座って試合を見学しています。

柳沢コーチと試合を観ながら、アントラーズの選手たちの動きについて感想でも話しているのでしょうか?

「岳は早く海外に行ったほうがいいね!」とか・・・。

Img_2444

練習試合とクーリングダウンが終わってクラブハウスに戻る際に、小笠原と何やら談笑しています。

小笠原が篤人にちょっかいを出しているみたいですね。

Img_2445

そして、いきなり並んでダッシュ、競走です!

怪我の篤人に対して万全の小笠原、余裕があるのは篤人の方か?

Img_2446

やっぱり篤人の勝ち~。

「リハビリ中でも満男さんには負けませんよ!」ってとこかな。

Img_2447

今日はそんなに暑くない鹿嶋の気候でしたけど、フィジカルトレーニングを含めていいトレーニングをして汗をかいた篤人。

汗を拭います。

Img_2448

練習、お疲れさまでした。

この後は子供たちからのサイン攻めで、クラブハウスに戻るまでかなりの時間を費やした模様です。

ファンサービスにも、嫌な顔を見せずにしっかりと応えていました。

明日も頑張ってね!(明日はチーム練習は休みか?)


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

| | コメント (2)

ブエノ 何故か別メニュー調整

Img_2422

どういうことなのか、ブエノが別メニュー調整をしています。

怪我でもしたのか、はたまた体のどこかに違和を感じて早目の調整なのか?

Img_2437

写真はゆっくりとしたジョギングですが、まずまず負荷の高いメニューもこなしていたので、そう心配することはないのでしょう。

Img_2431

ソッコも戻ってきているので、ここは無理せずゆっくりと確実に体調を戻して欲しいと思います。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

| | コメント (0)

クラブハウスでの練習試合 東京国際大学戦

10時30分から、クラブハウスにて東京国際大学との練習試合が行われました。

Img_2410 Img_2411

今日の先発は以下の通りです。

GK       川俣

DF 西  植田 大橋 脩人

MF   小笠原  柴崎

MF  遠藤      太郎

FW    土居  ジネイ

サブメンバーは、小泉、永木、伊東、カイオです。

Img_2409 

昨日の大宮戦に先発したメンバーは、フィジカルトレーニングで軽いメニューでの調整です。

Img_2412

ジネイは負傷も癒えて、ほぼ100%の状態ですね。

調子という意味で100%になっているかどうかはわかりませんけど・・・。

Img_2413

昌子が代表戦で不在の為、ディフェンスリーダーとして期待がかかる植田です。

今日は声も出ていてコーチングといった面でも、コンビを組んだ若い大橋をリードして頼もしさも出てきました。

大宮戦はちょっと出来が悪かったと聞きますが(まだ試合の録画をみていないので)、今日は相手との力関係からも安定した守備で安心して見ていられました。

Img_2414

小笠原は、例によって練習試合では省エネ運転です。

Img_2415 Img_2416

それでも、遠藤共々、余裕のボール回しです。

厳しくいくところは行ってますので、これがベテランの落ち着きというものですね。

Img_2417

柴崎が本調子になれば、チームのギアは一気に上がります!

前線にスルーパスを出し、時には自分で駆け上がる姿がでてきたことは調子のバロメーターが上がってきた証拠です。

Img_2419

新たな左サイドのコンビ、脩人と太郎。

Img_2420

セットプレー(FK)のキッカーは柴崎。

その後、獲得したPKでのキッカーは太郎。

太郎はこれをきっちりと右隅に決めます!

Img_2423 Img_2424

Img_2432

後半から川俣に代わって出場した小泉。

危ない場面でも、シュートをはじき出す見事なセーブを2本ほど見せました!

Img_2434

後半出場のカイオの前には広大なスペースが開いています。

Img_2436

後半から小笠原に代わって出場した永木です。

Img_2438 Img_2440

後半にベンチに下がったメンバーは、小笠原(永木)、太郎(カイオ)、西(伊東)、川俣(小泉)の4人です。

ところが、カイオが途中で左腕を負傷して、再び太郎が登場しました。

Img_2441 Img_2442

山本も休養十分で、浦和戦は万全の状態で迎えられそうです。

Img_2443

今日の試合は30分ハーフだったのかな?

前後半を終えて、最後はクーリングダウンで練習終了です。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »