« ナビスコ予選 神戸戦 久しぶりのボロ負け | トップページ | ファン・ソッコが戻ってきた! »

2016年3月30日 (水)

レノンのお散歩とちょっとの進歩

最近のレノンに少しだけ変化がみられるようになりました。

いい意味での変化で、お散歩に出かけるときに抱っこされずに、自分で歩いて玄関を出ることができるようになりました。

まだ少しだけ嫌がりますが、それでもリードで外出を促すと、それほど抵抗することなく外に出ることができるになったのです。

そして、玄関から歩いて、いつものお散歩コースにも行くことができるようになりました。

これまでは、抱っこして玄関を出て、家が見えなくなるまで抱きかかえて移動しないと駄目でしたが、それが歩いて自ら進んでお散歩コースを歩くようになったのです。

普通の犬ならなんてことない話ですが、超ビビリのレノンにとっては大きな進歩だと捉えています。

1月に我が家に来てから3か月かかりましたね。

この3か月が早いか遅いかは、我が家にとってはそれほど意味のないものだと感じています。

レノンと家族で一緒にそんなことで喜べることが、とっても嬉しくて充実したレノンとの生活になっています。

 

先日、調子に乗って、レノンと初めて下津海岸に行ってきました。

Photo

家から近くの海岸で波打ち際を愛犬と一緒に歩くなんて、凄く理想的な愛犬ライフだと思っていました。

勿論、レノンは波の音にビビリ、波の動きにビビリ、砂浜に降ろしても駐車場に戻りたくて戻りたくて仕方ありません。

記念写真を撮るにも大変で、リードを持つ娘以外にも私が首輪を持っていなければじっとしていないくらい、そこから逃げ出そうと必死になっています。

Photo_2

波打ち際から必死に戻ろうとするレノンです。

海岸線を元気よく一緒に走ることができるようになるまで、まだまだ時間が掛かりそうです。


にほんブログ村


黒柴犬 ブログランキングへ

|

« ナビスコ予選 神戸戦 久しぶりのボロ負け | トップページ | ファン・ソッコが戻ってきた! »

コメント

春になりましたから浜辺の散歩も気持ち良さそうでいいですね。

レノンちゃんのビビる様子がうかがえ、飼い主さんはたいへんでしょうが、私はほのぼのとした気分になれました。
これからもレノンちゃんの記事を楽しみにしてます。

神栖にも日川浜があり、車で自宅から20分ぐらいで行けるのですが、我が家でアンズを連れて行ったことはありません。
いくらオテンバ娘でも所詮はマルチーズ。超小型犬ですから、波を見たらやはりビビリまくりではないかと思います。

でも、海や波を見た瞬間、アンズがどのような行動にでるか、試してみたい衝動にはかられます。

投稿: 神栖の愛犬家 | 2016年3月31日 (木) 15時20分

神栖の愛犬家さん、コメントありがとうございます。

レノンは海にビビるとは思ってましたが、想像したよりは大丈夫でした。相当ビビるだろうと思ってましたから、意外と行けるかも!と思ったくらいです。それでもやはり駄目でしたけどね(笑)

犬種や個体差にもよると思いますが、車とかの人工物よりも自然の音や動きなどには元来耐性があるというか、犬にとって受け入れやすいのかもしれませんね。

投稿: 鹿莫迦 | 2016年3月31日 (木) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナビスコ予選 神戸戦 久しぶりのボロ負け | トップページ | ファン・ソッコが戻ってきた! »