« クラブハウス練習見学 各代表選出で選手が少ない! | トップページ | レノン 去勢手術 »

2016年3月14日 (月)

アウェイ仙台戦 悲しい敗戦

今日の記事は
書いていくうちに
やっぱり支離滅裂な内容になってしまいました。

読んでいただける方は
その前提でお読みください。 

(仙台戦を録画観戦して)

土曜日のアウェイ仙台戦はリーグとマスコミの狙いもあって
〝正義の仙台〟と〝ヒールの鹿島〟の図式がありありでしたね。

鹿嶋も被災地であってスタジアムの被害自体は
カシマスタジアムの方が甚大だったような記憶が・・・・。

それでもこの日程でマッチメイクされてしまうと
そんな役割をこなさなくてはならない悲しさで
そんな気持ちを払しょくするためには
この試合にどんな形でも勝利するしかなかったんですよね。

残念ながら、思うような結果にはならなかったけど
だから悔しいというわけでもない。

試合を観た感想としては
仙台にインテンシティでもアグレッシブさでも
そしてモチベーションという面でも勝てていなかったことは
少なくとも認めなくてはならないでしょう。

アントラーズの選手達も決して駄目だったとは思いません。

若干動きは重いような気がしましたけど
それでも敗戦に値するようなものではなかったと
チームとしての戦い方も
決して負けるような内容ではなかったと思います。

ここまで2戦を辛うじて勝ってきたとも思ってないし
ガンバに、そして好調の鳥栖にも
しっかりと勝ちきった実力は
紛れもなくアントラーズの実力だと思います。

仙台との試合内容はこれまでのアントラーズの実力
そのままの試合内容と言ってもいいと感じました。

決勝点となった金久保のゴールは
簡単なシュートではなく見事なゴールでした。

あれを決められたら失点は仕方ないでしょう。

そこに繋がるクロスへの対応とか
金久保へのマークやゴール前の数的優位を保つなど
修正すべき点はあるのでしょうけれど
それ以上に決めた相手を褒めるべきゴールであったと。

得点力が無いのは結果から見たら事実であって
それを否定はしませんが
今までこの戦い方でやってきていて
得点を取れる時にはこの戦い方でも
複数得点を取ることが出来ています。

大事なのは1点でも相手より多く得点して勝利すること
それを目指して戦っているのだと思っています。

仙台戦は惜しいチャンスを合計しても
全て決めなきゃ勝てなかった試合でした。

やっぱり仙台に守りきられてしまったのが
勝てなかった原因ですよね。

 

(今後の先発メンバーについて)

だから今後も同じメンバーでいいのかどうかは
対戦相手とのフォーメーションがどうなのかによって違ってきますが
練習でコンディションの良い選手や
調子の良い選手を優先的に起用する場面ではあると思います。

しかし、先週の練習見学で感じたように
現在の先発メンバーや交代出場しているメンバー以上に
練習で目立つ選手がいるのかどうかは疑問です。

起用される選手には起用されるだけのパフォーマンスを
練習で示すことが出来ており
起用されない選手はやはり練習でも
それなりのアピールしか出来ていないというのは感じます。

試合をスタジアムで直接見ていない私が言うのもなんですが
練習を見て感じるところは
単に「そろそろ○○をつかうべき」というような
そんな簡単なセレクトはスタッフには出来ないと思います。

間違いなく石井監督は
練習での選手たちの状態を見て
先発メンバーを選んでいますよね。

私だってジネイを見てみたいし
永木が奮闘する姿を見てみたいと思います。

そんな簡単にメンバーを決めれたら
監督もコーチも楽でしょうね。

そうじゃないから大変なんですよスタッフは。

ですから我々サポーターは
コーチ陣が鍛え上げ
監督が選んだその時のベストメンバーを
精一杯応援するしかないのですよね。

まだ1試合もスタジアムに参戦できていない私は
チームの敗戦や選手の調子を語る資格はありません。

今週末はいよいよカシマスタジアムに初参戦できます!

どれだけ選手に力を与える応援をできるか?

仙台戦の敗戦から立ち直るためには
次の東京に勝しかないんですから
いつまでも敗戦を引きずっているのではなくて
気持ちを切り替えてもう一度モチベーションを高めて
試合に臨まなくてはなりませんね。

仙台に負けて悔しいというよりも
とっても悲しかったというのが正直な気持ちです。

また悲しい思いをするのは嫌ですから
必死になって聖地で声を出し
気持ちを込めて応援したいと思います。  

(試合のジャッジについて)

ちなみに、仙台戦での西村主審のジャッジについて
多くの方が問題点を提起されていましたね。

2度のPK見逃しや仙台寄りの笛など
私も皆さんの言うとおりだとは思います。

しかし、オカルトかもしれませんが
私自身、西村主審と鹿島との相性は
シーズン当初の試合では相性は悪く
シーズン末の試合にあっては非常に相性が良くなる
というタイプの審判だと思ってます。

2007年の清水との最終戦では
マルキが倒れたところをPKを取ってくれたのは
あれは西村主審じゃなかったですか?

そんなもんですよ。

だからPKがどうのこうのというよりも
あれがあっても無くても結果は変わらなかったと思います。

どちらかPKを取ってくれてたとしても
その時はその後の展開もどう変わっていたか?
そんなことは誰にもわかりません。

故に審判との相性の話も含めて
結果が全てなんですよ。

だから、次の試合は内容がどんなものであっても
結果にこだわる試合にしなくてはなりません。

私ひとりだけでも
そんな気持ちで臨みたいと心に期しています。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

|

« クラブハウス練習見学 各代表選出で選手が少ない! | トップページ | レノン 去勢手術 »

コメント

この時期の被災地どうしの試合はいろいろと嫌なことがあります。 それは地上波のテレビでは仙台ばっかりもちあげて鹿島が勝ったら悪者そんな気がします!

でも負けたことをひきずっても始まらないのでこれから全勝してタイトルとりまくりたいですね

投稿: 鹿 | 2016年3月15日 (火) 21時04分

鹿さん、コメントありがとうございます。

テレビの演出は仕方ないことと諦めるしかありませんね。それで被災被害の大きかった地域の方々の活力が生まれるのであれば、そういう役割だと割り切るしかないです。

今週末は連敗しないように、全力でモチベーション上げていかねばなりませんね。

投稿: 鹿莫迦 | 2016年3月16日 (水) 07時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クラブハウス練習見学 各代表選出で選手が少ない! | トップページ | レノン 去勢手術 »