« ジェフ千葉との練習試合 | トップページ | 琉金 冬眠から起こしました »

2016年3月 7日 (月)

2016 ホーム開幕戦 きっちり勝利で勝ち点3ゲット!

今年の聖地開幕戦となったサガン鳥栖との一戦は
苦しみながらもきっちりと勝ちきって
貴重な勝ち点3をゲットすることができました。

これで開幕から2連勝となり
大宮に得失点差でリードされて現在2位と
好位置発進となりました。

2試合とも1点差を守り切って
クリーンシートの失点ゼロと
まずまず評価できる内容でもあると思います。

人によっては複数得点が取れず
また鳥栖にはポゼッションでも優位に立たれ
細かなミスやアグレッシブさに欠けるということで
内容的には反省すべき点が多いとの見方もあるでしょう。

しかしながら開幕戦のガンバ大阪は
宇佐美とパトリックの飛車角落ちとは言っても
腐ってもガンバであり
2戦目の鳥栖は正直言って
かなり調子が良いチーム状況にあって
普通に強いチームだと思われます。

そんな強敵相手に
苦戦しながらも勝ちきることができたことは
素直に良かったと評価してもいいのではないでしょうか?

確かに鳥栖との試合では
いつもなら綺麗に回るパスワークも相手に渡してしまったり
アグレッシブさでも互角以上とは言えずに
どちらかと言えば鳥栖の方が
アグレッシブさでは目立っていたようにも見えました。

この試合の内容評価は報道によって
またサッカー記者さん達によって
いろいろな評価がされていました。

鹿島が良かったとするものもあれば
鳥栖が勝っていたとするものもあり
サポーター評も同じように
厳しいものもあり
評価するものもありで
如何様にもとれる試合内容のようでした。

私個人の味方としては
確かにいつもの鹿島らしくない
ケアレスなミスが多かったものの
アグレッシブさやモチベーションの部分では
鹿島が足りないというよりも
鳥栖のそれが素晴らしかったというべきかなと思いました。

それでも試合後のハイライトになると
結局は鹿島のチャンスや得点シーンが主であって
鳥栖のハイライトシーンは2回くらいしかなく
最後の決定的なシーンがあったくらいでした。

ということは、鹿島的には内容的には良くないと言ってもいいけど
他チームとの比較においては
決して悲観するような内容ではないと思います。

求めるものが高いのです。

それは、そうあるべき理想だと思うので低くする必要もないし
見直すものでもないでしょう。

より高みを求めて反省すべき点は反省し
次に修正すべきところは修正する。

当たり前のことであって
現在のチーム状況も普通の鹿島だと思います。

2試合先発したメンバーは安定感を感じさせてくれるし
豪華なサブメンバーには安心感というか喜びさえ感じられます。

それでも小笠原や金崎はカードが2枚目を出されていて
下手をすると次の試合で3枚目が出されて
早くも出場停止になるかもしれません。

その時のためにサブメンバーやその他のメンバーも
出場したら先発組と同じようなプレーが出来るように
そろそろ準備のピッチを上げていってほしいものですね。

そのメンバー達が出場したサテライトリーグでは
川崎に2-5で敗れたと聞きました。

得点が少ないのはそれほど心配する必要はありませんが
失点が「5」というのは少々不安になります。

これ結果を見る限り
急造チームであることを加味しても
まだまだ控え組の選手達にも
チーム戦術が浸透しているとは想像できません。

メンバーがそっくり入れ替わるわけではなく
先発組の中に1~2人の控え組が加わるようになるので
サテライトリーグの出来がそのまま彼らの実力とは思いませんが
自信を失わないように明日以降の練習に励んでもらいましょう。

丁度、代表組が5人も抜ける週となるので
このタイミングをチャンスと思って
「ポジションを奪ってやる!」というくらいのギラギラ感を
練習から見せてもらいたいものです。

明日の練習は見学に行く予定ですので
そういったポイントで誰が目に入ってくるか
楽しみにしておきます。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

|

« ジェフ千葉との練習試合 | トップページ | 琉金 冬眠から起こしました »

コメント

ホーム開幕戦!! この試合はもちろんスタジアム参戦しました。

私がこの試合で注目したのはなんといっても「豊田封じ」。
源や植田のプレーに集中して観戦しました。

植田はマンマークで豊田についていましたし、
植田が豊田と離れたときは源がカバーに入っていました。
受け渡しもうまくゆき、完全に封じこめたと言えます。
豊田はボールが回ってこないのでイライラがつのったことでしょう。


録画を見ましたが、この三人のプレーはあまり映っていませんでした。
ボールのないところの攻防を見られるのはスタジアム参戦しかありません。(あたりまえですが)
スタジアム参戦できた喜び、そして最高の結果。

源よ!植田よ! 今日は頼もしく見えたぞ。
次も宜しく!

投稿: 神栖の愛犬家 | 2016年3月 8日 (火) 14時02分

神栖の愛犬家さん、コメントありがとうございます。

スカパーで解説の秋田さんが言っていたように、試合開始早々の豊田への植田のファウル覚悟のプレーが効果的できたね。

あそこでの勝負付けについては秋田さんはCBには必ず必要なプレーだと常々おっしゃってますからね。

植田がそれを意識してやっていたかどうかはわかりませんが、頼もしいCBへと成長をしているのがわかりますね!

投稿: 鹿莫迦 | 2016年3月 8日 (火) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジェフ千葉との練習試合 | トップページ | 琉金 冬眠から起こしました »