« 我が家の新規加入 | トップページ | まさかの山村移籍 »

2016年1月 7日 (木)

柴犬レノンの電撃加入!

我が家に柴犬のレノンが急遽仲間入りしました!

Cimg4617

1月3日に、鹿嶋のホーマックのペットショップを覗いたら
お店の中央あるサークルの中で
お客さんの往来に怯えていた1匹の柴犬がいました。

とても大人しく、というよりも
かなり人に怯えながら
見に来る人々から震えながら
逃げるようにサークル内をうろうろしていました。

すでに誕生から5が月近くが経過していて
やや大きめのサイズになっていたこともあってか
ガラスケースの中ではなく
人が周囲360度から眺めることのできる
サークルに入れられていました。

そのためか人に抱かれても震えがひどく
そんな状況がとても可哀そうにも思えました。

Cimg4619

一旦は家に帰ったものの、この犬が気になって
嫁さんと再びホーマックを訪れてみると
1組のご夫婦がお店の人に抱かれたこの犬を眺めながら
色々と詳しい情報を聞いているようでした。

既に、嫁さんからは「どうする?買っちゃう?」と相談されていて
私自身も少しはその気になりつつあったので
お店の人に情報を聞いて良ければ・・・・と思っていただけに
そのご夫婦の状況を見て「あ~買われちゃうのかな?」と少し心配に。

それでも、買われていくならその子の幸せになるので
その時はそういう運命だったんだと思うようにしようと考えました。

ところが次の瞬間、そのご夫婦が他の犬を見にサークルから移動しました!

「ここは!」と私が思うよりも早く
嫁さんがお店の方に「抱っこしていいですか?」と
すかさずアプローチをしかけました。

もうその後は、嫁さんが抱っこした柴犬を
離すことはありませんでした。

Cimg4621

元々、嫁さんは犬が大好きで
子供たちも以前から「犬を飼いたい」と訴えていて
しかしながら、私が昔の経験から
犬を飼うことにはかなり消極的でした。

昔の経験とは
勿論、愛犬との死別でした。

小学生の頃に犬を飼っていましたが
フィラリアで死んでしまい
悲しかった思い出には耐えられるのですが
その時に死んでしまった愛犬に触れることができなかった
ということが自分でもショックでした。

そんな思いは二度としたくないという気持ちが
再び犬を飼う気持ちにブレーキをかけていたのです。

それでも、嫁さんの犬に対する愛情と
子供たちの気持ちを考えて
意を決して犬を飼うことにしました。

私も犬は大好きですから
この柴犬がお店で怯えている姿を見て
「この犬しかいない」という気持ちになり
この子の明るく元気な笑顔を見てみたい
という思いがMAXになりました。

 

 

1月4日に初めて我が家に来ることになり
名前も『レノン』に決定しました。

家族会議を行い
みんなでいろいろと候補を上げて検討した結果
嫁さんがビートルズのファンで
候補にあげたジョン・レノンの「レノン」で
意見が一致しました。

今日で4日目になりますが
まだまだ臆病な部分はあって
家の中でも、サークルから自分で出てくることが
なんとか出来るようになったところです。

尻尾も少しは上がるようになってきましたが
屋外には抱っこでしか出れない状況です。

鳴き声もまだ聞いたことがありません。

夜鳴きに悩まされるのかと心配していましたけれど
そんな状況ですから少しは鳴いてくれる方が嬉しい現状です。

少しずつ心を許してくれるようになるべく
ゆっくりと愛情たっぷりに接していくしかありませんね。

※写真にも怯えて逃げてしまうので〝いい顔〟のショットにはなりませんね。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

|

« 我が家の新規加入 | トップページ | まさかの山村移籍 »

コメント

私もホーマックでこの子を見た思いがあります。我が家にも愛犬がいますがホーマックを訪れたときは必ずペットショップにいきます。
レノンに対する著者の家族の愛情が文章より読み取れます。レノンちゃん いい家族とであえたね。よかったね。今度は笑顔で写真に写ってね。と言いたいですね。

投稿: 神栖の愛犬家 | 2016年1月 8日 (金) 13時58分

神栖の愛犬家さま、コメントありがとうございます。神の変換ができなくてスミマセン。

今日のレノンは少し環境になれてきたみたいで、家の中ではテンションも上がってきたそうです。嫁さんからのメール情報です。尻尾が上がってくることも増えてきて、徐々に元気良さも出てきているみたいです。

今後もアドバイス方よろしくお願いします。

投稿: 鹿莫迦 | 2016年1月 8日 (金) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が家の新規加入 | トップページ | まさかの山村移籍 »