« まさかの山村移籍 | トップページ | 2016年 初めてのクラブハウス練習見学 »

2016年1月13日 (水)

2016年チーム始動!

本日、鹿島アントラーズの2016年シーズンが始まりました。

スローガンと登録選手が発表され
気持ちも新たに全冠制覇を目指す第一歩となります。

 

チームスローガンは「Football Dream ともに」に決まりました。

永遠のテーマをメインスローガンに
アントラーズファミリーが〝ともに〟力を合わせて
新たな歴史を創造していくために新たな領域に歩みを進める
というもの。

好調の時のみならず苦しい時も選手やスタッフと〝ともに〟
乗り越えようとするサポーターでありたいと思います。

 

登録選手の発表でサプライズがありました。

 

まずはブエノの加入です。

清水エスパルスから完全移籍での加入となりました。

DF登録のようですが
レンタル先の神戸ではCBだけでなく
SBでの出場もあるようです。

必須となっていたSB層への補強に違いなく
西、山本、伊東に加えて4人目のSBと考えていいのでしょう。

更に、CBでも計算できるという利点があり
カイオとは千葉国際高校時代の同級生ということも
鹿島での活動等、彼の気持ちの面でプラスに働くことでしょう。

スピードはカイオ以上との噂もあり
182㎝の高身長であることもチームの強みになりますよね。

即戦力の加入ということで
クラブとしてはいい仕事をしたという評価でいいんじゃないでしょうか。

 

次に、三竿の加入です。

東京ヴェルディから完全移籍での加入です。

鹿島にとっては〝痛い〟山村の移籍があって
今年の戦力ダウンだけじゃなく
将来に向けての大きな戦力ダウンだっただけに
19歳と若くその将来性も高いと期待できる三竿の加入は
山村の穴を埋めるだけの可能性を秘めた補強になるはずです。

そして、ボール奪取に秀でた三竿の加入は
鹿島のウイークポイントとの言うべき
ファーストボランチの補強になると思われ
小笠原の後継者に永木
柴崎の後継者候補に久保田と三竿というラインナップになり
守備力を更に強化するためにも効果的な補強です。

豊川と同じく、オリンピック代表の残り枠に
ギリギリ滑り込んだ選手だったのですね。

これで鹿島所属のオリンピック代表は
植田、櫛引、三竿となります。

そのクラスの選手が完全移籍で補強できたことは
今の鹿島にとって本当にラッキーなことですね。

東京ヴェルディが良く有望な若手を手放したと思いましたが
今のヴェルディは育成型のチームになっていて
育てて売り、その利益でクラブ運営をしていくという考えなんですね。

そうは言っても、このクラスの選手を獲得した
鹿島のフロント力を素直に褒めるべきだと思います。

 

そして、柴崎は背番号「10」で残留となりました。

この冬のウインドウでの移籍はなくなったということでしょう。

しかし、今年は最後の契約年になるため
今年度中の契約延長や夏の移籍等
タイミングが重要になってきますね。

0円移籍という事態は
チームとしてもできれば避けたいと思っているはずで
柴崎がこれからも海外移籍を志向するなら
夏の移籍も十分有り得るという
覚悟をしておいた方が良いかもしれません。

たとえ0円での移籍となったとしても
これから柴崎に条件の良い海外チームからオファーがあった場合は
「柴崎のために移籍させてやる」という気持ちでいいと思います。

柴崎に対するアントラーズファミリーの気持ちとして
それくらいの気持ちがあることを柴崎には感じてもらいたいと思います。

 

また、登録選手の中に金崎の名前がありませんでした。

多分、チーム間での問題ではなく
金崎本人の気持ちが固まっていないのでしょう。

ポルティモネンセが移籍金を吊り上げたいから
移籍の話がまとまらないのではなくて
金崎と鹿島との話がまとまらないのでしょうね。

金銭面の条件というよりも
金崎自身が海外でプレーしたいという気持ちがあり
ただ、希望するようなチーム、条件のオファーが無いのでしょう。

もし、鹿島が金崎の慰留を諦めているようなら
このタイミングでレンタル移籍期間の満了を発表しているでしょうから
海外移籍のウインドウが閉まる2月1日までに
金崎が「鹿島に残留する」と決断するを待っている状態なのでは?

チーム始動までにすっきりと気持ちよく
鹿島でプレーすることを決めて欲しかったと思いますが
選手の気持ちとして夢があることも理解しなくてはいけませんね。

たとえチーム始動から遅れて合流することになっても
金崎が全力で全てを出し切って
鹿島のためにプレーしてくれるのはもうわかっています。

許される期間までゆっくりと自分自身の気持ちを整理して
自らの進路を決断すればいいと思います。

その上で、鹿島を選択してくれれば言うことはありません。

 

もし、金崎が移籍してしまうようなら
その時はジネイに頑張ってもらいましょう!

ジネイにはそれだけの力があります。

絶対に鹿島を輝かせる力を持った選手だと信じています。

今年はジネイに賭ける年になるかもしれませんね。

 

なにはともあれ、2016年の鹿島アントラーズはスタートしました。

今年もこのスタッフ・選手と〝ともに〟精一杯に戦い抜くのみです!

アントラーズファミリーで気持ちを新たに
力を合わせて頑張りましょう!


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

|

« まさかの山村移籍 | トップページ | 2016年 初めてのクラブハウス練習見学 »

コメント

はじめまして。
鹿嶋に住んでますが
サッカーは詳しくないので
詳しく解説されていて
よく分かりました。
子供がサッカーを始めたのを
きっかけに興味がちょっと出た程度ですが
時々読ませてください。

投稿: せいパパ | 2016年1月13日 (水) 06時59分

せいパパさん、コメントありがとうございます。

素人解説なのでいい加減で自分の想像の部分が大きいです。文章も下手なので読みにくいかもしれませんが、気が向いたら当ブログに遊びに来てください。

子供さんのサッカーは楽しみですね。将来はアントラーズの選手なにることを目指して頑張って下さい。私も応援いたします。

投稿: 鹿莫迦 | 2016年1月13日 (水) 16時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まさかの山村移籍 | トップページ | 2016年 初めてのクラブハウス練習見学 »