« スプラウト | トップページ | 金崎は本当に行ってしまったのか »

2016年1月13日 (水)

柴犬レノンの日記(少しずつ)

玄関に置いたサークルから出てこないのは変わりなく
餌の時にだけ恐るおそる出てくる相変わらず臆病なレノンです。

食後にサークルに戻れなくするために
入口を閉めて、家族と団らんの時間です。

Cimg4634

それでも、ようやく尻尾を立てていることが出来るようになりました。

Cimg4627

家の中では、表情も少し緩むようになってきています。

それでも「ワン」と吠えたところを
私は聞いたことがありません。

嫁さんと子供たちは聞いたことがあるのですけど・・・・。

 

今朝は食後に、抱っこして庭に出てみたところ
震えはしていたもののすぐに落ち着き
昨日までの嫁さんや子供たちのトレーニングの成果出ていました。

調子に乗って門を出て道路に出てみたら
車の音や動きが怖かったのでしょうね
何と抱っこしたまま「う○ち」されてしまいました。

一旦家に戻り、レノンの気持ちを落ち着かせてから
嫁さんとレノンとクラブハウスに行きました。

私が車を運転して
嫁さんが後部座席にレノンを抱っこして座ります。

最初はガタガタ震えていましたけど
少し走ると慣れてきたようです。

クラブハウスに着いても抱っこのままです。

Cimg4645

かなり震えていましたので、いっぱい体をなでてあげると
少しずつ震えは収まり、表情も穏やかになってきます。

短い時間で車に戻ると
車内では今度は安心して抱かれています。

レノンが落ち着いたところで
もう一度、練習場まで抱っこのままお散歩します。

すると、小刻みな震えはあるものの
さっきのようなガタガタとした震えは有りませんでした。

落ち着いている様なので
レノンを褒めてあげたあとすぐに車に戻り
家に帰りました。

 

午後には玄関の外でゆっくりと日向ぼっこ

その時もレノンは家に入りたくて入りたくて仕方ありません。

ドアの前で「早く開けてくれ」と言わんばかりに
座って待っています。

それを無視して隣の石段に座っていると
レノンが寂しいのか怖いのか
私の体に寄り添ってきます。

ずっと(20分くらいかな)そのままレノンの好きに任せて
寄り添ってくる時には体を沢山撫でてあげました。

 

最後に抱っこでお散歩トレーニングです。

今朝は失敗しましたが、今度は抱き方を変えて
左手でお尻を支えてあげるように抱っこしながら
家の周囲をゆっくりと歩きます。

抱っこされているから安心しているのか
今度は全く震えがありません。

車が行き来しても震えません。

落ち着いているようなので

家が見えなくなる場所まで行っても大丈夫でした。

家に戻り、サークルの中で安心したレノンに
おやつ(ドッグフード1粒)をあげて今日のトレーニングは終了です。

今は安心してサークルのドッグハウスの中で寝ています。

 

それと昨日から、口をくちゃくちゃして
何か口の中に引っかかっているかと思うようなしぐさをするので
口の中を覗いてみたら
右上の歯がぐらついて少し血がにじんでいました。

生え変わりだと思うのですが・・・・
経験がないのでちょっと不安です。


にほんブログ村


黒柴犬 ブログランキングへ

|

« スプラウト | トップページ | 金崎は本当に行ってしまったのか »

コメント

我が家の生後7ヵ月になる愛犬マルチーズの「アンズ」は、女の子なのにイタズラ好きで、頑固で、いつも吠えてばかりです。大人しい性格のレノンちゃんとは対照的なおてんば娘ですね。でも寝ている顔の可愛いさや甘えてくるしぐさに家族全員メロメロになってしまいます。そんなアンズですが、生後5ヵ月を過ぎてから始めた「しつけ」ではレノンちゃんとは違う意味でやはり苦労させられています。まず言うことを聞かず、自由気ままに行動してしまい、我が家では大きな人の声と犬の吠え声が絶え間なく流れています。(留守かどうか近所にすぐわかってしまう)内容は違いますが、愛犬のしつけ・トレーニングにお互いがんばりましょう。

投稿: 神栖の愛犬家 | 2016年1月14日 (木) 15時26分

神栖の愛犬家さま、コメントありがとうございます。

今はあんずちゃんのオテンバぶりが羨ましく感じます(笑)

本当にお互い違った意味で苦労してますね。その分、ともに愛情も高まるような気がしていますが。

トレーニング頑張りましょう!


投稿: 鹿莫迦 | 2016年1月15日 (金) 00時10分

初めまして、栃木在住のアントラーズファンです。いつもブログを楽しく見させていただいてます。柴犬レノン君を飼われたとの事で嬉しくてコメントしてしまいました。
我が家には赤柴の女子:桜子(4歳)がいます。やはり大変な臆病なんですよ。1歳くらいまでは、びっくりしたり怖かったりすると、おしっこやウンチが出てしまうことがありました。
今では笑い話ですが「どうしよう?」って真剣に悩んでました。なるべく多くの人(目標100人だそうです)に優しくなでてもらったり、抱っこ散歩を増やしたりしました。
今は、すごく人好きでフレンドリーな犬になりましたよ。でも人ごみなどは今でも大の苦手です。アウトレットやサービスエリアでは、情けな~く尻尾を下げて歩いてますし、飼い主がベンチに座るとすかさず膝に乗ってきます(笑)
でも臆病気味な犬は、たいてい大人しいので子供や犬嫌いの人からも好かれるみたいです。
お口の件は、たぶん乳歯が抜けているのかと思います、うちも同じでした、クチャクチャしている時に探してみたら小さな乳歯が落ちていたことがあります。なぜか保管してます(笑)
犬育ても試行錯誤ですが、お互いに犬との生活を楽しみたいですね。
レオン君の成長を楽しみにしています。アントラーズもいよいよキャンプですね。

投稿: 桜子管理人 | 2016年1月17日 (日) 11時08分

桜子管理人さん、コメントいただき嬉しかったです。ありがとうございます。

「桜子」ちゃんの経験話は大変参考になります。抱っこしてうんちは一昨日も嫁さんが散歩(抱っこ)の時にやられたみたいで、昨日も今日もお散歩トレーニングで表に出た時に漏らしてしまったとのことでした。気長に考えて、多分このまま愛情を注いであげれば元気な笑顔を見せてくれる日が必ず来ると信じています。毎日、少しずつでも慣れてきていることがわかるようになってもきています。

歯はまだ抜けていないいみたいで、食事の時とか気になるみたいでくちゃくちゃやっているようです。

明日、鹿島地方は雨模様ですけれど、午後には雨は上がるみたいですからお散歩トレーニングしようと思ってます。

また、桜子ちゃんを育てられた経験からアドバイスしていただけることがあれば、是非とも教えてください。よろしくお願いします。

投稿: 鹿莫迦 | 2016年1月17日 (日) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スプラウト | トップページ | 金崎は本当に行ってしまったのか »