« 交渉終了 | トップページ | レノンのお散歩トレーニング 今日の進歩 »

2016年1月18日 (月)

レノンの散歩トレーニング

今日はレノンの予防接種に行きました。

狂犬病の予防接種です。

意外と大人しく、既にワクチン接種を経験しているからなのか
全く逃げることもせず、おとなしくじっと注射されてました。

怯えるようなところもありませんでした。

 

次回の病院は2月の下旬に
去勢手術の診察(手術できるかどうか)に行くことになりました。

まだ、睾丸が小さいので手術はもう少し後の方がいいみたいです。

発情を覚える前には去勢したいのですけどね。

 

それと歯の方は、やはり生え変わりだそうです。

放っておいても大丈夫とのことで
「もし、なかなか抜けずに隣から新しい歯が生えだしてきて
2本そろって生えてきてしまう形になるようなら
病院に連れてきてください」とのことでした。

 

 

動物病院まで車でいきましたが
ドライブには少しは慣れてきたみたいです。

動き出しの最初にビビッてましてけど
直ぐに落ち着いて嫁さんに抱っこされてました。

病院からの帰りは余裕すら見せてました(笑)

 

 

午後になって雨も上がり、少しの晴れ間があったので
週末に、嫁さん達が連れて行った公園までお散歩トレーニングです。

 

流石に公園までは抱っこしていかないと動きません。

 

公園に着いて下におろすと早速ビビりまくり
とりあえずおしっことうんちをしました。

その後は周囲をぐるぐる見回しながら
来た道の方向へダッシュして戻りたがります。

無理して引っ張らずに好きにさせていると
公園の入り口まで来たところで
そこから先には怖くて進めません。

もう一度、公園の中の方に誘ってやると
人間の後をブルブル震えながら恐るおそるついてきます。

 

5~10分ほどその繰り返しで
震えが収まらず帰りたがっているので家に戻ることにしました。

 

公園の入り口まで歩かせ
一歩が踏み出せない出入り口のところは抱っこして
その先の通ってきた道まで抱っこして行きます。

そこで下に下ろすと先を行く娘の呼ぶ声に反応して
忍び足で恐るおそる歩き出します。

 

周囲の匂いを確認しながら
少しずつ家の方向へ歩き
レノンのペースで歩かせます。

途中、怖がってか嫌がってか進まない時は
時間をかけて自ら進みだすまで待ちます。

少しだけ名前を読んで歩みを促すと歩きだします。

 

進んでは立ち止まり、進んでは立ち止まりを繰り返し
家の前の道路まで来ると、
そこから先は門の方までスムーズに歩きます。

門から玄関まではダッシュです!

玄関のドアの前でお決まりのお座りで
「早くドアを開けてくれ!」と待ってます。

 

お散歩トレーニングのご褒美に
ドッグフードを一粒あげて
今日のお散歩は終了です。

 

写真を撮る暇というか
お散歩バックとリードを持っていたので
カメラを撮る余裕はまだありませんでした。

残念ながらお散歩トレーニングの写真はありません。

 

今日は〝初めて〟公園から家まで歩いて帰ってこれました。

凄い進歩です。

まだまだ真似事のようなお散歩ですけど
リードを持ってレノンと一緒に歩けたことは
とっても嬉しい出来事でした。

 

お散歩中に、ずっと震えていたのは怖さと寒さが原因と思います。

怖さを取り除くには反復練習しかないですが
寒さ対策としてはもう少し暖かい日にお散歩するか
防寒着を着せるか考えた方がいいですね。
過保護ですかね?

 

私が次にレノンとお散歩できるのは
来週の月曜日までありません。

それまでは嫁さんと娘たちとお散歩トレーニングです。

来週には震えが止まっているくらい
お散歩に慣れてくれているといいのですね!


にほんブログ村


黒柴犬 ブログランキングへ

|

« 交渉終了 | トップページ | レノンのお散歩トレーニング 今日の進歩 »

コメント

レノン君のお散歩の様子が可愛いですね。家に帰りたがるって事は、一番安心できる場所をわかっているからで、とても大切なことをきちんと理解していてすごいと思います。
歩ける距離はすこしずつでも確実に増えて、いつの間にかグングン引っ張って楽しそうにお散歩するでしょうね。自分から歩き出すのを待っている様子に感心してしまいます、私はせっかちなのでついつい引っ張ってしまって、もう少し犬のペースに合わせてあげたら良かったと反省です。
レノン君は車に酔わないのですか?そうだとしたら、とても羨ましいです!うちの犬は車酔いがひどくて、車に乗せるとガタガタ震えて、しばらく走るとオシッコとウンチをしてしまいます。いつも車内が香しくなってましたね(笑)
田舎なので車に乗せないと動物病院にも行けないので、、、、乗車訓練に苦労しましたが、今では何時間でもOKで一緒に旅行にも行ってます。
人があきらめなければ犬の柔軟性は素晴らしいので結構苦手を克服してくれるみたいですね。
寒くなりましたが、お互いに散歩がんばりましょう。いつも長文でゴメンナサイ。

投稿: 桜子管理人 | 2016年1月19日 (火) 17時10分

桜子管理人さん、コメントありがとうございます。

レノンの車酔いは心配しているところですが、まだ嫁さんに抱っこされた状態でしか車に乗っていないため、更には移動距離も5分程度のところしか行ってないので、車酔いするのかどうかもわかりません。一人で乗れるようになって長い距離をドライブしたら車酔いするかもしれませんね。

今日も公園まで散歩に行ったらしいのですが、アスファルトの道路は抱っこして畑の間の土の道は歩かせて公園に向かったみたいです。家とは逆の方向へ歩いたなんて凄い進歩です。でも、公園に入ることは嫌がったそうです。公園には入らず、いつもの帰り道とは違う道から歩いて帰ってきたそうです。車が通る時は足の間に隠れて怯えていたようですけれど、そんなに歩けるようになったなんて感激です。

鹿嶋は冬でも日差しがあって、風が強くなければ比較的暖かいので、お散歩トレーニングは人間にもレノンにも無理なく続けられそうです。その点は鹿嶋の気候に感謝しています。

投稿: 鹿莫迦 | 2016年1月20日 (水) 20時14分

レノンちゃんのお散歩の様子が目に浮かびます。震えながらのお散歩トレーニングは彼にとっては未知の世界で不安なのでしょう。
我が家の愛犬アンズの公園散歩デビューを思い出しました。レノンちゃんと同じ犬とは思えないオテンバぶりです。
車からだっこして公園の入り口まで連れて行ったのですが、そのときには手足をバタバタさせ “早く降ろせー”って感じでした。
しょうがないので芝生で降ろすと、次の瞬間 “猛ダッシュ”です。びっくりしてリードを引っ張りましたが、走りたくてたまらない様子。
初めての公園なのに、不安はないのでしょうか。不安より好奇心が勝ったということなのでしょうか。
それから私の体力の続く限りのランニングでした。私は息もあがりハァハァしているのに、横でチョコンと座ってなにごともなかったような顔で私の方を見ていました。
“ご主人様 なさけないなぁ 私は7ヵ月なのに あなたは大人でしょ もうくたびれたの?”って感じです。
その後の公園ランニングは、息子や娘と一緒に行きます。私一人ではアンズも物足りないでしょうから。

投稿: 神栖の愛犬家 | 2016年1月21日 (木) 15時43分

神栖の愛犬家さん、コメントありがとうございます。

レノンの震えは〝未知の世界で不安〟私もまさにその通りだと考えます。故にその世界を〝安心できる楽しい世界〟だと認識させてあげることができればレノンが自ら散歩に行きたくなるのではないかと。

社会化適応期を逃してしまっているレノンには、普通の犬以上に我慢強く馴致させてあげることが必要ですよね。好奇心や公園に楽しいことがあると認識させる方法には何があるのでしょうかね?散歩で公園まで来たらご褒美におやつをあげるとかしてみようと思ってます。

今日は嫁さんとのお散歩で、3歩だけですが自ら公園方向に走ったそうです!

投稿: 鹿莫迦 | 2016年1月21日 (木) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 交渉終了 | トップページ | レノンのお散歩トレーニング 今日の進歩 »