« 優勝の余韻冷めやらぬクラブハウス練習見学(その2) | トップページ | 誰がいて、誰がいない?クラブハウス練習見学 »

2015年11月 8日 (日)

Jリーグ 2ndステージ 横浜FM戦(カシマスタジアム)

Photo

戦前の心配を見事に払しょくする盤石の勝利でした!

 

私の戦前の試合予想としては
非常にネガティブなものでした。

相手の横浜には1stステージで戦った時に
ジネイの大活躍もあって
それまでのベストゲームと言える内容で勝利していました。

しかし、その時、中村俊は欠場していて
今の横浜の戦力と大きく違います。

また、鹿島の状況はナビスコ優勝の直後ということもあり
慢心や油断をゼロにして力を100%発揮できるかという不安がありました。.

ガンバとの試合
今シーズンのベストゲームと言える内容で
自分たちの力を100%発揮した試合をした後で
もう一度、同じような能力100%発揮の試合をできるのか?
という不安がありました。

人間、自己ベストを連続して更新するということは
並大抵のことでは成し得ません。

果たして我々にそれができるか?
という非常に難易度の高いミッションのように感じていました。

さらに、横浜というチームが前回対戦時よりも強力な布陣で
しかもここ10何戦も負けていない好調を持続しているということで
今回ばかりはネガティブにしかなれませんでした。

そのため、試合前から危機感を持って臨まなくては
広島とガンバの結果を見る前に
自分たちで優勝の望みを絶ってしまうことになると。

 

しかし、期待を裏切られたというか嬉しい誤算であったというか
アントラーズは見事にナビスコ優勝によって得た力と自信を
この試合に実力として繋げてくれました。

試合開始から落ち着いた試合展開で
警戒心が明確に出ていた横浜の構えを揺さぶり
選手一人ひとりのアグレッシブさも失うことなく
見ている人や相手チームに「強い!」という印象を与えることのできる
試合だったのではなかったでしょうか。

2得点のカイオの出来は素晴らしかったことはもちろん
1点目の時にゴール前に確実に詰めていた金崎や
逆サイドで走り込んでいた赤崎
見事なドリブルでチャンスを作り出し
完璧なパスで決定的なシーンを作り出した遠藤。

チームとしての連動が
ゴールという個々の決定力を高めることになっています。

それ以外にもスタッフの正確な相手チーム分析から
「どのように相手チームの機能を無くしていくのか?」という戦略により
それを選手全員で確実に遂行できていることが強固な守備力に繋がっています。

ファンソッコと昌子がコンビネーションを上げる方法を見つけることが出来たことも大きな要因ですが
試合毎に異なる相手チームの要となる選手
その選手を消していく作業を
毎試合異なる鹿島の選手がそれを担い
確実に実行していることが効果を発揮しています。

この試合では相手のキーマンである中村俊を
柴崎と小笠原が二人で消していたことが良かったと思います。

トップ下(あるいは1.5~2列目)に位置する中村を
徹底的にマーク(といってもベタマークではないですけど)して潰して
ボランチの位置まで下げてしまうことで
〝失点の危険度を下げる〟ということが出来ていました。

特にこの試合では柴崎の働きに注目して見ると
ナビスコでの小笠原のプレーを参考にして
「それを自ら実践してみよう」といった意図すら感じることができる
柴崎の守備だったと思います。

地味ながら非常にチームに貢献できていたんじゃないでしょうか。

また、唯一「ヤバいかな~」と思われた斉藤の突破についても
その原因としては山本一人が悪いのではなくて
ここはカイオとの守備面での協力が薄かったりしたことが要因だったのか
鹿島としては斉藤を捕まえることが出来てない時間帯が
チームとして僅かなピンチの時間でした。

その時間帯を他の選手が懸命に守備に戻り
フォローして凌いでいたシーンには
みんなが必死になって戦う気持ちが伝わってきて
個人的には凄く感動していました。

後半には運動量と献身性を高める役割で豊川が投入されて
山本の守備的負担が軽減されるとともに
鹿島のピンチを迎える位置もゴール前ではなく
高い安全な位置でのそれに変わったと思います。

前半のFKを与えたシーンでは
鹿島の〝壁〟の気合いがボールを超えさせず
後半の決定的なピンチには守護神曽ヶ端のセーブが炸裂し
チームのピンチを救ってくれました。

その時に曽ヶ端の表情が
「まずかった、ごめんな」とチームメイトに言っているかのようであったのは
どうしてだったのかは分かりませんでしたが・・。(笑)

 

試合毎に自信をつけている優磨のプレーにも
サポーターとして嬉しさを感じています。

まだ、自らがチームを引っ張るという域に達していないのは当然ですが
ルーキーイヤーにリーグ戦に出場してキーマンになれている現状は
十分に満足できる内容だと思われます。

技術もあり、高さもあり、
そして何よりも気持ちを前面に出した
金崎ばりのゴリゴリ押し進んでいくプレースタイルに頼もしさを感じます。

それこそ間近で一緒に金崎とプレーできていることが
彼にとって一番の勉強になっているのでしょう。

 

 

昨日の試合も
良いところが書ききれないくらい
素晴らしい内容での勝利でした。

鹿島としては
自分たちのやれることを
全てやった結果の勝利でした。

 

残念ながら
ガンバは広島を止めることはできなかったみたいですね。

ナビスコで我々が懸命に対策を講じ
必死になって能力をフルに発揮し
ようやく勝つことが出来たガンバを
広島はアウェイのアドバンテージ(ただ今の広島はアウェイ連勝中)をものともせず
大事なところで勝ちきってしまうところが
今の広島の強さなんでしょうね。

 

鹿島としてはやるべきことはやりました。

それでも我らの望みが叶わないのは
「広島が強かった」と思うしかないですね。

 

リーグも残り1戦となります。

しかも、その試合が今年最後の試合になる可能性が高くなってしまいました。

ここのところ
ホーム最終戦で勝利してセレモニーを迎えることは出来ていません。

優勝の可能性もゼロではありませんが
モチベーションを維持するためにも
ホーム最終戦を勝って終わることができるか
さらに言えば、目の前の敵に勝つ
「どんな勝負でも絶対に勝つ」というジーコスピリットを体現できるか
ということを我らのミッションとして
その気持ちを出して戦う試合になると思います。

 

鹿島アントラーズが鹿島アントラーズであり続けることは
常に勝ち続けることでしか証明できない。

これは、これからも永遠に続く
鹿島アントラーズというクラブの命題です。

そして、それに応えていくのは
選手と我らサポーターの役目であることに間違いありません。

そのことに奮い立つ気持ちを抑える必要はないですよね!


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

|

« 優勝の余韻冷めやらぬクラブハウス練習見学(その2) | トップページ | 誰がいて、誰がいない?クラブハウス練習見学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 優勝の余韻冷めやらぬクラブハウス練習見学(その2) | トップページ | 誰がいて、誰がいない?クラブハウス練習見学 »