« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月29日 (日)

鹿島めぐり(海の眺めが最高のカフェポルト)

久しぶりに再開します「鹿島めぐり」です。

調べてみたら2011年以来になります。

凄く住みやすい鹿嶋なのに、もっとアピールしなきゃダメですよね。

スタジアムに併設されたモールに開店した「MAHALO」は次回紹介するとして、今回は鹿嶋市内の隠れ家的なお店の「カフェポルト」を紹介します。

アントラーズのフリークスでも紹介されていたお店なので、鹿島サポならご存知かもしれません。

Cimg4568

場所は平井中学校の近くで、クラブハウスからスタジアムへ向かう道路沿いにあるガソリンスタンド(ENEOS)を市街地側(海とは反対側)に上ります。

するとすぐの高台にお店が見えてきます。

黄色いログハウスの建物が「カフェポルト」です。

Cimg4582

料理の写真は撮りませんでしたが、この日はハンバーグランチを頂きました。

チーズハンバーグランチで家庭的な味で、惜ししいスープも付いていて、更にはご飯は大盛りも小盛りもOKです。

サービスで頂いたデザートはブルーベリーのヨーグルトムースで、甘さと酸っぱさが丁度いい塩梅でとても美味しかったです。

この店の特徴は2つ!

一つは「わんちゃん同伴できるお店」であること。

ログハウスに併設されたテラス席には、ワンちゃん用のゲージがあり、鹿島の爽やかな風を気持ちよく感じながら、美味しいご飯やドリンクが楽しめます。

そして、もう一つは「鹿島灘の素晴らしい眺望を楽しみながら食事ができる」ことです。

夜は流石に海が真っ暗なので、景色を楽しむにはランチが一番です。

ワッフルも美味しそうだったので、午後のティータイムとして楽しむのもいいですね。

ちょっと注意すべきは営業日と営業時間ですが、毎週木曜日~日曜日の11時~16時までの営業となっています。

夜のディナーは電話予約制となっています。

Cimg4572

のんびり海を見て、JAZZの音色を聴きながら、スローライフを楽しむにはばっちりですね!


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

続きを読む "鹿島めぐり(海の眺めが最高のカフェポルト)"

| | コメント (0)

2015年11月28日 (土)

順天堂大学との練習試合

今日は10時から順天堂大学との練習試合が
クラブハウスのグランドで行われました。

土曜日なので早目に行かないと駐車場が無くなると思ったので
9時15分にクラブハウスに行ったところ
何と、既にBグランドの駐車場まで満車の状態でした。

早く来られていた鹿世さんに聞いたところ
8時過ぎにはクラブハウス側の駐車場は満車になっていたとのことでした。

11月に早くも公式戦が無くなり
『鹿島ロス』のサポーター達が我慢できずに集まってきた感じです。

みんな、アントラーズ好きですね~(笑)

Img_2017

CBは植田が先発のようです。

Img_2022

Img_2021

キャプテンは西。

柴崎も出場するようです。

Img_2020

前半が始まる頃に
小笠原と共に本山が出てきました。

良かった、会うことが出来て。

Img_2023

前半と後半で選手を入れ換えるのかな?

Img_2024

柴崎は攻撃的MFの位置で出場します。

Img_2025

Img_2026

Img_2029

本山の後の「10番」は
本当ならば柴崎が付けるはずなんですけどね。

果たして来期は「10番」をつけてくれるのかどうか?

Img_2030

大橋はボランチで山村とコンビを組みます。

時折、前線に鋭いスルーパスを出していましたが
もう少し存在感をアピールできるような
目立ったプレイをしてくれればと感じました。

身体も大きく
ポテンシャルはきっとこんなもんじゃないはず。

Img_2032

植田がレギュラーになれないポイントの一つに
簡単なつなぎのパスを淡泊にミスパスしてしまうところがあると思います。

フリーで慌ててる場面でもなく
普通にポンと出せばいいだけのパスを
何故か相手に「取ってください」と言わんばかりのパスを出してしまいます。

守備の時の体の当て方も
ソッコと比べたらまだまだ優しすぎ。

遠慮してるわけではないのだろうけど・・・。

Img_2033

ソッコは信頼感が出てきましたね。

先日の発表に名前が無かったので
多分、このまま来期も残ってくれるのでしょうね。

Img_2036

曽ヶ端に代わって前半の半分を出場した佐藤です。

これが見納めになりそうです。

何処へ行くことになるのか分かりませんが
人格も素晴らしく
鹿島では青木と並んで全ての面でプロフェッショナルといえる
貴重な選手でした。

キックオフパーティーの時に
私が「すみません、写真いいですか?」と声を掛けたら
「ゴールキーパーの佐藤です」と爽やかに挨拶してくれました。

当然、こちらは佐藤選手だと知っているのですが
とっても気持ちよいプロとしての対応だと感心していました。

そんな対応をしてくれるのは
アントラーズでも彼一人でした。

本当に素晴らしい人物です。

これからの活躍を祈ってます。

Img_2037

さあ、後半のメンバーが出てきました。

本山も出場します!

Img_2039

カイオと2トップです。

Img_2041

Img_2047

シーズンは終わってしまいましたが
本山はまだまだキレキレ状態です!

得点こそありませんでしたが
縦横無尽に走り回り
決定的なスルーパスを何本も出していました。

何処へいくのかな?

でも、何処へ行っても試合に出れば
まだまだクリスタルの輝きを放つことが出来そうな動きでした。

Img_2051

そして、隆雅も
鹿島のユニを着て試合に出るのはこれが最後になるのでしょう。

今日は思い切った上りと
気持ちの入ったプレーを見せていました。

昌子から「隆雅、迷うなー!」と声が飛んでました。

そう、迷いなく思い切ったプレーを続けることができたら
クロスの精度は素晴らしいものがあるので
きっと左サイドで活躍することは可能だと思います。

何処へ行っても
〝思い切りの良いプレー〟を心掛けて頑張って欲しいです。

Img_2053

最後の方になって
金崎がグランドに出てきました。

まだ、痛みはあるのでしょうか?

金崎の完全移籍の知らせを心待ちにしています。

柴崎が海外へ移籍してしまったら
鹿島の「10番」はもしかしたら金崎がつけるのかな~?

それはそれで面白いかもしれませんね。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

| | コメント (0)

2015年11月26日 (木)

鹿島の「10」番が・・・

本山が退団とは・・・、ある程度の覚悟はしていたものの
実際にこうなってしまっては残念だという気持ちしかありません。

そして、鹿島以外のユニを着ることについても
悲しいやら嬉しいやら複雑な気持ちになってしまいます。

まだプレーする姿を見れる喜びとともに
鹿島以外のユニを着ている姿を想像したくないという思いもあり
本当に気持ちが整理できません。

今日は本山以外にも
佐藤、ダヴィ、隆雅の退団若しくは契約満了の発表があり
いよいよこの時期がやってきたということですね。

毎年の鹿島なら
天皇杯まですべてが終了してから選手たちの去就の発表が通例なのですが
今年は既に天皇杯も終わっていて
いつもより1か月以上早いオフィシャルからの発表を聞く羽目に。

この先、柴崎の海外移籍の動向からも目が離せない状況ですが
願わくば、今日の発表で鹿島を去る選手たちは終わりにして欲しい。

柴崎の為を思うと、今、海外に移籍することは良い判断だと思いますが
サポーターの我儘としては柴崎を含めて
鹿島の選手たちとのお別れはできればしたくない。

本当にサポーターの我儘だとは思いますが
新たに仲間になる話は大歓迎でも
別れ話については、できれば聞きたくないです。

でも、本人たちが決断したことは尊重しなくてはならないですね。

まだクラブハウスで練習をしているので
もしかしたら今年で鹿島を去る選手にも
まだ会える可能性はありますよね?

週末には、クラブハウスに会いに行きたいです。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

続きを読む "鹿島の「10」番が・・・"

| | コメント (0)

2015年11月22日 (日)

Jリーグ 2ndステージ 名古屋グランパス戦(カシマスタジアム)

Cimg4558

Cimg4559

Cimg4560

Cimg4561

Cimg4562

Cimg4563

Cimg4564

Cimg4566

Cimg4567

2015年シーズン終了。

今日は本当に精根尽き果てた・・・・。

やれることはやりました。

身体の疲労も完全ピークです。

早いけど疲れたので休みます。

 

今年1年
スタジアムでお世話になったサポーター仲間のみなさん
ありがとうございました。

また、お世話になりましたアントラーズ関係者の皆様
本当にありがとうございました。

来年は必ずアントラーズファミリーの力を合わせて
リーグ戦&チャンピオンシップを優勝して
喜びの涙を流しましょう。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

続きを読む "Jリーグ 2ndステージ 名古屋グランパス戦(カシマスタジアム)"

| | コメント (0)

2015年11月21日 (土)

土曜日のクラブハウス練習見学

明日は今年のリーグ最終戦である名古屋戦です。

その前日練習の見学に
クラブハウスに行ってきました。

Cimg4507 Cimg4510

Cimg4511 Cimg4512

センターサークルを利用して
皆で円になってウォーミングアップです。

また、今日は横断幕が沢山掲げられています。

選手たちの気持ちを盛り上げるべく
サポーターが用意した横断幕で
メッセージが書かれたものもあります。

Cimg4508 Cimg4509

Cimg4522_2 Cimg4547

充孝も戻ってきました。

彼のコメント通り
名古屋戦に間に合わせましたね!

Cimg4516 Cimg4515

柴崎もスタンバイOK。

Cimg4514 Cimg4517

昌子も明日の出場は大丈夫な感じです。

Cimg4513 Cimg4519

セットプレーの確認で
明日の先発及び控えの雰囲気がわかりました。

Cimg4523

GK 曽ヶ端

DF 西、昌子、ソッコ、山本

MF 小笠原、柴崎、遠藤、中村

FW 赤崎、カイオ

控え 佐藤、山村、青木、植田、杉本、豊川、優磨

Cimg4525 Cimg4527

土居とジネイが出てきました。

土居はウォーキングのみでした。

Cimg4529 Cimg4539

ジネイはいよいよ仕上がってきた感じです。

Cimg4528 Cimg4530

ハーフコートのミニゲームです。

Cimg4532 Cimg4533

Cimg4535

ゴールキーパーへのバックパスの反則があり
ゴール前で間接FKです。

Cimg4537

こちらは普通のFKをカイオが蹴ります。

Cimg4538

Cimg4541

明日の先発組はここで練習終了。

個別にミドルシュートの練習をする柴崎。

Cimg4542 Cimg4545

充孝とカイオは
柳沢コーチのシュート練習です。

金崎の代表でのボレーシュートは
この練習でやっていた形ですよね!

Cimg4548

居残り練習の3対3です。

この中には本山も残っています・・・・。

Cimg4549

ジネイの練習のピッチも上がってきてます。

 

今日の練習でやはりダヴィはいませんでした。

そして、金崎の姿も有りませんでした。

久保田は代表から帰ってきて
全体練習に合流していました。

 

明日の試合は僅かですが優勝の可能性を残した試合です。

「世界中に笑われようともカシマスタジアムは諦めない」

我々サポーターが選手と共に示す姿勢は
鹿島アントラーズがリーグ戦を戦う意味を考えれば
自ずと決まってくる。

試合終了まで全力で戦おう!


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

| | コメント (0)

2015年11月16日 (月)

誰がいて、誰がいない?クラブハウス練習見学

Cimg4477

チームは昨日
1200人の見学者の前で
湘南との練習試合を2-0で勝利しました。

今日は通常の練習を行い
明日に全休というスケジュールになっています。

朝に所用を済ませ
10時30分前にクラブハウスに到着。

練習は既に
アップを終えようとしているところでした。

Cimg4478 Cimg4479

ここにきて怪我人が続き
噂ではレギュラー陣にも
別メニューの選手が沢山いるとのことで
一体、誰がどのような現状なのか
確認してみました。

早速、二人別メニューでジョギングしている
ジネイと赤崎がいました。

ジネイは順調に回復していると思われますが
赤崎はどうしたのでしょうか?

腰を痛めての調整と耳にしましたが
昨日の練習試合にも出場はしていなかった模様です。

今日の練習では走り込み中心で
「無理をしないで・・・」という具合かな?と思われます。

週末の試合が駄目かというと
そうでもないような気がします。

なんとか間に合わせてくるのではないでしょうか?

Cimg4480 Cimg4481

アップ後の練習は
ハーフコートを使ったミニゲームです。

2チームに分けて
この練習に参加しない選手が何名かいます。

充孝も見学です。

充孝は右内転筋を痛めていて
現在の状況は全体練習に参加するものの
対人メニューは避ける感じです。

Cimg4482 Cimg4483

Cimg4485 Cimg4486

ファン・ソッコはミニゲームにも参加しています。

ソッコは足裏の筋肉を痛めているとのことですが
通常のメニューをこなすことは問題ないようです。

ミニゲームは8分間隔で2分休憩のパターンで
これを何本か繰り返し行っていました。

ソッコはキム・ジソクとピリオド毎に交代で
出場~休憩を繰り返していました。

今日の練習では無理をせず
週の初めで試合まで時間のある今のうちは
軽めの負荷にしておこうと考えられているのでしょう。

Cimg4488

大岩コーチの後姿。

貫録というか
何かいい雰囲気を醸し出していますよね!

頼もしいです。

一方、今日の練習には柳沢コーチの姿がありませんでした。

風邪でもひいたのでしょうか?

Cimg4489 Cimg4490

ジネイは来年どうなるのでしょうか?

もし天皇杯に負けていなかったら
今年中にジネイの復活する姿を見れたかもしれませんでした。

それくらいのペースで戻ってきているように感じます。

外国人との来季の契約がどうなるのか?

今日の練習にはダヴィがいませんでした。

変な勘繰りをしてしまうと
既に来季の契約について
クラブは選手に意思表示をしているはずで
そうなるとダヴィの来季契約は「更新せず」の方向だと思われます。

さらにはニュースで
大宮がダヴィをリストアップしているとの報もあります。

最終戦に出場する見込みがないのであれば
もしかすると、既にダヴィは鹿嶋にいないのかもしれません。

最終戦に優勝の可能性が残っていること
それとホーム最終戦ではセレモニーがあることを考えると
そこには姿を見せるんのではないかとは思いますが
そういったセレモニーにも参加しない可能性も?

ジネイについては
その能力は証明済で
怪我さえなく年間を通して使えることが計算できれば
来期の契約の可能性もあると思われます。

でも、ジネイの場合
そこにはリスクがあって
コンスタントに出場できるかどうかも
契約上は重要な確認事項になってきます。

助っ人という確実に結果を残してもらうべき選手については
その実力はさることながら試合欠場を最小限にして
年間を通してコンスタントに出場できるということが求められます。

そういった観点から
ジネイとの契約については
新戦力の調査状況や契約締結の進み具合で
さらにはジネイ自身への他チームからの勧誘がない
といった諸条件が整わない限り
実現することはないのでしょうね。

しかし、ダヴィとジネイと来期は契約しないことを前提に
新たな助っ人外国人選手を探す場合は
当然のことながら彼ら以上の実力の持ち主を探すことになります。

ダヴィは別として
ジネイ以下の選手との新たな契約を考えるケースは
ジネイの怪我の不安が拭いきれない時であり
ジネイとは異なるポジションの選手である時が
これに当てはまると考えます。

逆に、そうでなければジネイと契約することが
鹿島にとっては確実な〝補強〟となる可能性もあります。

従って、ジネイの怪我の回復状況と
新たな外国人探しの状況次第ということだと想像します。

Cimg4491

キム・ジソクは韓国の高校に在学する高校生とのこと。

ポジションは左サイドバックということは
鹿島では一番の補強が求められるポジションで
左利きの彼の実力がどの程度なのか
まだ練習を見る限りでは判断できませんが
契約する場合はC契約となるらしく
その場合、外国人枠から外れるという特典があるそうです。

石井監督をはじめとするスタッフは
彼の実力を既に見極めているのでしょうから
他チームからの移籍による補強が出来なかった場合
キム・ジソクとの契約は有り得るのではないでしょうか。

プレイしていない時の彼の体つきは
華奢な感じも否めないのですが
プレーしている時は
その体つきをより大きく見せます。

こういった見え方の違いについては
〝能力のある証拠〟と私は考えるようにしています。

Cimg4492

ミニゲームを見学している選手達です。

昌子に植田、そして充孝です。

ソッコもいますが
これはジソクと交代しているピリオドで
彼らのボール回しに参加していた時の写真です。

植田はどうして別メニューなんでしょう?

湘南との練習試合にも出場していないので
怪我としか考えられませんね。

充孝と同じような感じで
対人練習を避けているようでした。
(他の練習には普通に参加)

Cimg4493 Cimg4494

ここにきて状態が良くなってきた杉本。

優磨や豊川に試合出場で遅れをとっているので
本人的にも気合いが入るところでしょう。

そしてGKの小泉。

GKも補強ポイントに間違いないのですが
佐藤や川俣に次ぐ4番手の小泉は
まだ育成選手扱いといった方がいいかもしれません。

身体の大きさや足元の技術は
他のGKにも劣ってませんので
ポジショニングやキャッチング
セービングといった技術向上を
古川コーチから徹底的にしごかれて
その上で実戦によるコーチングを覚えていくことが
これからの彼に必要なことなのでしょう。

試合出場にはまだまだ遠い道のりですが
若い彼には時間がたっぷりあるので
古川コーチの指導の下
鹿島の正GKを目指して欲しいです。

Cimg4495

本山も調子が良さそうです。

天皇杯では久々の出場にもかかわらず
120分をフル出場し
若いチームの中にあってただ一人のベテランということで
若手を試合中に引っ張る仕事もあって
精神的にもかなり疲労したことでしょう。

でも、その久しぶりの出場が
逆にコンディションを上げることになったのでは?

今日のミニゲームでも
終始消えていた小笠原とは対照的に
攻守に渡って何度もパスワークに顔を出し
精力的でシャープな動きと運動量には
往年のクリスタルが輝きを取り戻してきたようにも感じました。

名古屋戦での出番があるかどうかは分かりませんが
出場すれば〝鹿島のクリスタル〟が
再び輝きまくることは間違いありません!

そして、その試合の後で
本山自身が出す答え
それがどのような答えなのか
今後の最大の関心事です。

Cimg4496 Cimg4497

シュート練習に加わる充孝。

本人も折角つかんだレギュラーの座を
怪我で失いたくはないでしょう。

カイオが結果を出しているだけに
ちょっと無理をしてでも頑張りたいという気持ちなのでしょうね。

その気持ちも十分に理解できるだけに
個人的には出場できるように頑張って欲しい
そして負傷個所を悪化させないようにして欲しいという
我が儘な気持ちを抱いてしまいます。

Cimg4498 Cimg4500

Cimg4501

赤崎とボールを蹴り合う昌子です。

右足首の捻挫ですよね。

ボールは蹴っているものの
激しい動きは避けているのでしょう。

最終戦の名古屋戦は
ソッコや青木もいることなので
無理することはないと思います。

植田は駄目かもしれませんが
控えには山村もいますので
昌子の怪我と引き換えにする試合ではないと思います。

Cimg4502 

クロスを上げる遠藤。

ここまで練習を見てようやく気付いたことが
「柴崎がいない!」ということでした。

「ここまで気付かなかったのか?」と怒られそうですが
代表に行っていないことも知っていたし
勘違いということではなかったのですが
気付かなかったなあ~。

湘南との練習試合には出場していたようなので
今日の不在については怪我なのか
それとも疲労回復を考慮しての休養なのかは分かりません。

海外への移籍が囁かれる柴崎ですが
彼が移籍してしまったら練習の風景は
今日のような感じなのでしょうね。

正直、彼がいなくても
不安を感じる練習風景ではありませんでしたが
やはり、柴崎がいるといないとでは全く違うのでしょうね。

彼の代役をチーム内で探すことは
若しくは国内の他チームから探すことは
かなり難しいことです。

最低でもルイス・アルベルトクラスの
助っ人の補強でないと駄目ですね。

タイプが違うか・・・・。

今日の試合でも最前列まで顔を出して
攻撃に参加していた山村が
柴崎の穴を埋めるべく意識して
そのように練習していたかどうかはわかりませんが
後から振り返ってみると
その意気込みが感じられる山村のプレーだったと思います。

Cimg4503 Cimg4506

練習が終了して
選手たちが5分間のクーリングダウンをしている時に
ボールが中央に綺麗に並べられました。

「何をするのか?」と見ていたところ
GKのキックの練習でした。

ここからゴールを狙って蹴っています。

古川コーチからポイントを指示され
無人のゴールめがけてロングキックを繰り返していました。

 

さて、今日の練習で誰が居なかったのか?

ダヴィ、土居、久保田(U-18イングランド遠征中)、金崎(日本代表)
そして柴崎が不在でした。

この中で理由のわからない不在は
ダヴィと柴崎。

まだ柴崎は大丈夫として
ダヴィの不在は時期的なこともあって
「そういうことなのか?」と考えてしまいます。

明日は全休ですが
水曜日以降の練習で彼の姿が見られるのかどうか?

今週のホーム最終戦までは
今年一年を苦しみながら共に戦ってきたメンバーで
全員が揃って(一丸となって)戦い抜きたいです!


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

| | コメント (0)

2015年11月 8日 (日)

Jリーグ 2ndステージ 横浜FM戦(カシマスタジアム)

Photo

戦前の心配を見事に払しょくする盤石の勝利でした!

 

私の戦前の試合予想としては
非常にネガティブなものでした。

相手の横浜には1stステージで戦った時に
ジネイの大活躍もあって
それまでのベストゲームと言える内容で勝利していました。

しかし、その時、中村俊は欠場していて
今の横浜の戦力と大きく違います。

また、鹿島の状況はナビスコ優勝の直後ということもあり
慢心や油断をゼロにして力を100%発揮できるかという不安がありました。.

ガンバとの試合
今シーズンのベストゲームと言える内容で
自分たちの力を100%発揮した試合をした後で
もう一度、同じような能力100%発揮の試合をできるのか?
という不安がありました。

人間、自己ベストを連続して更新するということは
並大抵のことでは成し得ません。

果たして我々にそれができるか?
という非常に難易度の高いミッションのように感じていました。

さらに、横浜というチームが前回対戦時よりも強力な布陣で
しかもここ10何戦も負けていない好調を持続しているということで
今回ばかりはネガティブにしかなれませんでした。

そのため、試合前から危機感を持って臨まなくては
広島とガンバの結果を見る前に
自分たちで優勝の望みを絶ってしまうことになると。

 

しかし、期待を裏切られたというか嬉しい誤算であったというか
アントラーズは見事にナビスコ優勝によって得た力と自信を
この試合に実力として繋げてくれました。

試合開始から落ち着いた試合展開で
警戒心が明確に出ていた横浜の構えを揺さぶり
選手一人ひとりのアグレッシブさも失うことなく
見ている人や相手チームに「強い!」という印象を与えることのできる
試合だったのではなかったでしょうか。

2得点のカイオの出来は素晴らしかったことはもちろん
1点目の時にゴール前に確実に詰めていた金崎や
逆サイドで走り込んでいた赤崎
見事なドリブルでチャンスを作り出し
完璧なパスで決定的なシーンを作り出した遠藤。

チームとしての連動が
ゴールという個々の決定力を高めることになっています。

それ以外にもスタッフの正確な相手チーム分析から
「どのように相手チームの機能を無くしていくのか?」という戦略により
それを選手全員で確実に遂行できていることが強固な守備力に繋がっています。

ファンソッコと昌子がコンビネーションを上げる方法を見つけることが出来たことも大きな要因ですが
試合毎に異なる相手チームの要となる選手
その選手を消していく作業を
毎試合異なる鹿島の選手がそれを担い
確実に実行していることが効果を発揮しています。

この試合では相手のキーマンである中村俊を
柴崎と小笠原が二人で消していたことが良かったと思います。

トップ下(あるいは1.5~2列目)に位置する中村を
徹底的にマーク(といってもベタマークではないですけど)して潰して
ボランチの位置まで下げてしまうことで
〝失点の危険度を下げる〟ということが出来ていました。

特にこの試合では柴崎の働きに注目して見ると
ナビスコでの小笠原のプレーを参考にして
「それを自ら実践してみよう」といった意図すら感じることができる
柴崎の守備だったと思います。

地味ながら非常にチームに貢献できていたんじゃないでしょうか。

また、唯一「ヤバいかな~」と思われた斉藤の突破についても
その原因としては山本一人が悪いのではなくて
ここはカイオとの守備面での協力が薄かったりしたことが要因だったのか
鹿島としては斉藤を捕まえることが出来てない時間帯が
チームとして僅かなピンチの時間でした。

その時間帯を他の選手が懸命に守備に戻り
フォローして凌いでいたシーンには
みんなが必死になって戦う気持ちが伝わってきて
個人的には凄く感動していました。

後半には運動量と献身性を高める役割で豊川が投入されて
山本の守備的負担が軽減されるとともに
鹿島のピンチを迎える位置もゴール前ではなく
高い安全な位置でのそれに変わったと思います。

前半のFKを与えたシーンでは
鹿島の〝壁〟の気合いがボールを超えさせず
後半の決定的なピンチには守護神曽ヶ端のセーブが炸裂し
チームのピンチを救ってくれました。

その時に曽ヶ端の表情が
「まずかった、ごめんな」とチームメイトに言っているかのようであったのは
どうしてだったのかは分かりませんでしたが・・。(笑)

 

試合毎に自信をつけている優磨のプレーにも
サポーターとして嬉しさを感じています。

まだ、自らがチームを引っ張るという域に達していないのは当然ですが
ルーキーイヤーにリーグ戦に出場してキーマンになれている現状は
十分に満足できる内容だと思われます。

技術もあり、高さもあり、
そして何よりも気持ちを前面に出した
金崎ばりのゴリゴリ押し進んでいくプレースタイルに頼もしさを感じます。

それこそ間近で一緒に金崎とプレーできていることが
彼にとって一番の勉強になっているのでしょう。

 

 

昨日の試合も
良いところが書ききれないくらい
素晴らしい内容での勝利でした。

鹿島としては
自分たちのやれることを
全てやった結果の勝利でした。

 

残念ながら
ガンバは広島を止めることはできなかったみたいですね。

ナビスコで我々が懸命に対策を講じ
必死になって能力をフルに発揮し
ようやく勝つことが出来たガンバを
広島はアウェイのアドバンテージ(ただ今の広島はアウェイ連勝中)をものともせず
大事なところで勝ちきってしまうところが
今の広島の強さなんでしょうね。

 

鹿島としてはやるべきことはやりました。

それでも我らの望みが叶わないのは
「広島が強かった」と思うしかないですね。

 

リーグも残り1戦となります。

しかも、その試合が今年最後の試合になる可能性が高くなってしまいました。

ここのところ
ホーム最終戦で勝利してセレモニーを迎えることは出来ていません。

優勝の可能性もゼロではありませんが
モチベーションを維持するためにも
ホーム最終戦を勝って終わることができるか
さらに言えば、目の前の敵に勝つ
「どんな勝負でも絶対に勝つ」というジーコスピリットを体現できるか
ということを我らのミッションとして
その気持ちを出して戦う試合になると思います。

 

鹿島アントラーズが鹿島アントラーズであり続けることは
常に勝ち続けることでしか証明できない。

これは、これからも永遠に続く
鹿島アントラーズというクラブの命題です。

そして、それに応えていくのは
選手と我らサポーターの役目であることに間違いありません。

そのことに奮い立つ気持ちを抑える必要はないですよね!


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

| | コメント (0)

2015年11月 3日 (火)

優勝の余韻冷めやらぬクラブハウス練習見学(その2)

Cimg4381 Cimg4390

ジネイがロドリゴPTと共にグランドに出てきました。

別メニューでのトレーニング開始です。

かなりのハイペースで回復しているように見えました。

あと1か月くらいなんだろうな~。

つくづく天皇杯を落としてしまったのが残念ですね。

Cimg4383 Cimg4382

全体練習はハーフコートを使った
6対6に移ります。

6人×4チームに分かれています。

石井監督が細かく指示を出しています。

Cimg4384 Cimg4385

カイオと昌子のマッチアップ。

カイオはシーズン当初よりも
謙虚さがプレーに出ている気がします。
というよりも、献身的になったといべきでしょうか?
驕りが無くなって手抜きがない感じです。

山村と充孝。

セレーゾ政権が年末まで継続していたら
きっとこの二人は来年は他チームに移籍していたに違いありません。

これほどの能力を持っていた二人を活かすことが出来ずに
カイオの慢心を生んでしまっていたことを考えると
チームの成績が上がるわけなかったんですよね。

選手の能力とチームの状態を見極めて
適切なポジションで適当なタイミングで選手起用してきた
石井監督の能力は素直(正当)に評価されるべきですね。

Cimg4386 Cimg4387

ゴール脇で自分たちの出番を待つ選手達。

Cimg4392 Cimg4396

練習の最後はペナルティエリアでダッシュです。

これはシャトルランですね。

7秒以内に戻ってくることが求められています。

Cimg4397 Cimg4398

5分間のクーリングダウン。

休日明けの練習でしたが
結構、普通通りの練習量でしたね。

明日からは横浜を想定した戦術練習になるのでしょう。

Cimg4399

石井監督と大岩コーチ。

タイトルという結果を出すことが出来て
これまでの指導が間違っていなかったことが証明されました。

残り2試合の大逆転優勝に向けて
選手達のモチベーションをもう一度高める作業を行い
まずは自分たちが横浜と名古屋に負けない(勝つ!)
というミッションを達成しなくてはなりません。

再び、ヤナギと古川さんを含めた指導体制で
奇跡に向けた挑戦を開始してもらいましょう。

Cimg4401 Cimg4403

練習後に選手たちがスタンドに向かって歩いてきました。

本山が見学者に向かって「中央に集まって!」と声を掛けています。

選手会長の大伍から
優勝報告と感謝の気持ちが述べられました。

Cimg4404 Cimg4405

「横浜戦も是非応援に来てください」と頼まれました!

そして、スタンドからも拍手が湧き上がりました。

Cimg4406

この後、みんなで選手と一緒に写真を獲る予定でしたが
カメラマンの方がクラブハウスに戻ってしまっていたので
「じゃあ、皆さんに撮ってもらおう」ということになり
選手たちはスタンドに向かって集合します。

Cimg4409

「10、9、8、7・・・・」と試合の時のように昌子が声を掛けています。

「ここにいる人たちは全員試合見に来てね!絶対だよ!」との声に
スタンドのファンも「行きまーす!」と手を挙げて応えていました。

Cimg4410

集合写真には入らなかったジネイをアップしておきます。

「ジネイ頑張って!」と声を掛けたら
手を振って笑顔で応えてくれました。

もう一度、鹿島のユニフォームを着て
ピッチで戦う姿を見てみたいです。

〝ジネイ〟コールしたいです!

Cimg4411 Cimg4413

クラブハウスには3年ぶりに
お祝いに送られた花が飾られています。

篤人からの花も飾られています。

Cimg4412

「オメデトウ!石井監督」の言葉にジーンときますね!

Cimg4414

Cimg4415

久しぶりだったからなのか
それとも感激する素晴らしい勝利だったからなのか
前回の時よりも多くの花が送られてきている感じです。

やっぱりこの風景ですよね!

Cimg4416

本当に「17冠 感動をありがとう!」です.

 

さあ、気持ちをリーグ戦に切り替えよう!

注)下の「続きを読む」には何も文章はありません。消せないんですよね~。申し訳ありません。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

続きを読む "優勝の余韻冷めやらぬクラブハウス練習見学(その2)"

| | コメント (0)

優勝の余韻冷めやらぬクラブハウス練習見学(その1)

Cimg4355 Cimg4356

今日は祝日ということもあって
スタンドには大勢のファンやサポーターが詰めかけていました。

練習は時間丁度にというよりも
少し早目の10時前に始まりました。

Cimg4357 Cimg4359

選手たちの表情には大仕事をやりきった達成感と
すぐに控えるリーグ戦への気持ちを引き締める表情が入り混じっているようです。

Cimg4360 Cimg4363

レクリエーションの要素が入ったウォーミングアップです。

Cimg4364 Cimg4365

大岩コーチになってから必ず取り入れられている
ウォーミングアップを兼ねたパスワークの練習です。

この練習は
試合で相手に取り囲まれた局面などで
活きてきているな~と感じることが多いです。

柳沢コーチもいつものように
選手達に間断なく声を掛けて
選手たちのモチベーションを高めています。

Cimg4366

ナビスコMVPに輝いた小笠原も
疲れなど召せることなく元気に練習しています。

Cimg4380 Cimg4367

練習はピッチの4分の3くらいを使った
12対12のパス回しに変わります。

Cimg4368 Cimg4369

ファン・ソッコも
鹿島での初得点と機動力全開の守備で
昌子とともに優勝に大きく貢献しました。

来年も鹿島でプレーしてくれるといいですね。

Cimg4371 Cimg4374

優磨に先を越された感のある大橋ですが
実力的には決して劣っていないと思います。

ポジション争いが激戦区のボランチでは
メンバーの薄いFWよりもチャンスが巡ってくる機会は少なくなってしまいます。

焦らずに頑張って欲しいですね。

Cimg4375 Cimg4378

遠藤はシーズン終盤になって疲労が抜けないのか
どうも動きが重い気がします。

横浜戦と名古屋戦の間隔が2週間開くことは
他の選手にとっては試合勘が薄れるので良くないと思ってますが
遠藤にとっては疲労回復の期間に充てることが出来るので
そういった面では良いのかもしれません。

柴崎も元気一杯です。

この時期になると移籍の話題が報道で増えますが
柴崎の海外移籍の報道も目にするようになりました。

残ってくれることが一番ですが
海外からの条件の良いオファーがくるのであれば
柴崎の海外挑戦は応援したい気持ちもあります。

早く海外でプレーしたほうが
柴崎にとっては良いと思います。

柴崎の後釜は探して見つかるようなものではありません。

「山村や若い久保田に頑張ってもらうから大丈夫!」くらいの気持ちで
送り出さなければならないと思っています。

Cimg4379

チームを引っ張る存在にまで成長してきた昌子。

ソッコとお互いに気を抜かないようにする
ナビスコでの裏話は良かったです。

先制点に関して前半の相手DFとの駆け引きも
「なるほど、そうだったのか!」と感心する話でした。

詳しくは田中滋さんのゲルマガをご覧ください。

長くなるので(その2)に続けます。

(下の「続きを読む」には何も文章はありません)


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

続きを読む "優勝の余韻冷めやらぬクラブハウス練習見学(その1)"

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »