« Jリーグ 2ndステージ 柏レイソル戦(カシマスタジアム) | トップページ | ナビスコカップ 優勝! »

2015年10月25日 (日)

Jリーグ 2ndステージ ベルマーレ湘南戦(アウェイ)

大事な勝ち星を失ったのは正に痛恨の極み。

試合前に感じていた「気持ち」の部分でさえ負けなければと思っていましたが
そこの差が試合の結果に繋がってしまったのだろうか?

試合を録画で観ました。

ベルマーレのインテンシティはいつも以上に高かったというのではなく
〝いつも通りの湘南スタイル〟だったのでは?
よくはわからないが・・・。

〝いつもどおり〟でなかったのは鹿島の方。
いや、いつものように肝心のところで自分たちのサッカーが出来ていなかった鹿島だったとも言えます。

年間の試合の中には
この試合のような上位同志の直接対決ではないものの
「勝ちきらなくてはならない試合」があるのもだが
こういう試合で勝ちきれないというのは
今の鹿島に実力として足りないものがあるということです。

広島が甲府相手に確実に勝ちきったことでもわかるように
強いチームというのはこういうタイミングの試合を勝ちきるチームなんですよね。

そこが今の鹿島と広島の差なんです。

 

テレビ観戦とスタジアムで雰囲気を含めて感じるものには違いがあり
この試合もテレビで観る限りは
鹿島の選手の〝気持ち〟は「全然足りない」というまでではなく
「少しだけ湘南に劣る」というレベルのものでした。

でも、その僅かな差が大きいのです。

試合の中のプレーで言えば
「あと1歩、あと半歩」というところの気持ちの差なんですよね。

返す返す勿体ない敗戦でした。

 

個々の選手について感じたのは
左サイドの中村と右サイドの遠藤にボールを預けることが出来れば
苦しい状況でもそれなりに形を作ってくれるので
攻撃のポイントが二つできるようになったということです。

だから、良い形を攻撃で作りだして
入ってもおかしくないシュートが何本もありました。

決定力不足といわれますが(本当に決定力不足なのは事実ですが)
「鹿島に決定力があったら毎試合何点はいるのだろう」と皮肉にも考えてしまいます。

それくらい多くのチャンスは作れていたことは事実です。

 

そして、この試合の失点の原因は何だったのだろう。

伊東のポジショニングとか山村のマーキングとか
色々な分析がありそうですが
単純にその部分だけの問題で失点を重ねた訳ではないでしょう。

システムの組み合わせによる弱点や
それこそ選手一人ひとりのインテンシティの差が混ざり合って
失ってしまった点なのでしょう?
う~ん、良くわかりません。

後半には1対1で負けなくなり
セカンドボールやルーズボールを鹿島の選手が拾えるようになります。

そして、前半同様にそこからゴール前までの攻撃の形は良いんですけれど
本当に〝決定力がない〟としか言いようがないですね。

やっぱり「決定力」か・・・。

最後の金崎の得点のように
入る時は簡単に入るのですけどね。

 

そして、今日も交代枠を1枚余してしまいました。

この部分については理解に苦しみます。

石井監督も就任した直後は
思い切った選手起用とズバッズバッと歯切れよく交代カードを切り
それが功を奏していたように記憶しています。

使われた選手のやる気を引き出し
チームに健全な競争原理を蘇らせたとも感じました。

「これからはある程度メンバーを固定して・・・」という石井監督のコメントを聞いた記憶もありますが
こうも毎試合、交代カードを余らせるほど固定しなくても・・・と思います。

バランスを崩したくないとか
このメンバーで勝ちきれると考えたとか
監督の判断だからコーチ陣が口出しできない部分はあるのでしょうけど
そこはチームの勝利のために思い切って監督に進言できるコーチ陣であって欲しいと思います。

トライして負けるならまだ納得できる部分もありますが
トライせずに負けるのは気持ちの面で消化しきれない部分が残ります。

思い切って交代させるのも「トライ」だと思うのですけどね。

 

広島との勝ち点差は「3」ですが
得失点差を考慮すると実質「4」の開きがあると考えるべき。

残り2試合なので
広島は次節のG大阪戦で勝利すればほぼ優勝が決まります。

鹿島の逆転は現実的なものではなくなります。

しかし、まだ鹿島にも一縷の望みが残っているとすれば
それは広島の相手がG大阪であるということ。

多分、広島を倒す力を十分に持っているガンバとの試合は必ず接戦以上になると信じます。

他力本願となりますが
「我らが望む結果」が期待できないわけではありません。

鹿島の対戦相手も好調の横浜と
こちらも勝つことが難しい相手ですが
ここは奇跡を信じて横浜戦に全てを賭けて戦うしかないでしょう。

全てを賭けて戦い
そして結果を待つしかないです。

その時点でまだ鹿島に「優勝」の可能性が残っているようなら
もしかすると奇跡は本当に起こるかもしれません。

可能性はゼロではありません。

そこに賭けます!

鹿島サポーターなら
その具現化をイメージすることが可能だと思います。

さあ、この本当の土壇場に来て
選手だけでなくこのイメージまで信じることができるかどうか?

鹿島サポーターの真価が問われるところです。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

|

« Jリーグ 2ndステージ 柏レイソル戦(カシマスタジアム) | トップページ | ナビスコカップ 優勝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Jリーグ 2ndステージ 柏レイソル戦(カシマスタジアム) | トップページ | ナビスコカップ 優勝! »