« ナビスコ準決勝 初戦アウェイにて勝利! | トップページ | 天皇杯 水戸戦前日の練習見学 »

2015年10月12日 (月)

3年ぶり ナビスコ決勝進出!

神戸の粘りに苦しみながらも
我慢と勝負強さでしっかりと勝ち切り
3年ぶりのナビスコ決勝への切符を手にしました。

想像していた通り
神戸の出足と運動量は素晴らしく
土壇場での粘りを見せて
相当に苦しめられた第2戦になりました。

その劣勢の中で奪った先制点は
間違いなく若いチームを救いました。

攻め込まれて自信を失っていく悪い癖というか
セレーゾ時代に見せた今季の鹿島の弱い部分が
あちらこちらに見えていた場面だったので
そんな状況での先制点は選手の気持ちを救う効果的な1点でした。

得点した充孝の技術は
彼自身には普通のものかもしれないけど
あそこで外してしまうのが鹿島のセオリーともなっていたことから考えると
「よくぞあの場面で決めてくれた!」と改めて充孝のテクニックに惚れ直しました。

アシストした赤崎の献身度は試合を通して光っていましたね。

先制点も
そして貴重な追加点となった金崎のシュートに繋げる部分の粘りも
アシストと言っても過言ではないでしょう。

昨日の試合で
赤崎は影のMVPでしたね。

守備での修正点は石井監督がコメントしていたように
すぐにでも修正しないといけないのでしょうが
それでもあのアグレッシブな神戸の攻撃を何とか凌いでいたところは成長があったとも取れます。

青木からソッコに変わったということや
連戦の疲労からDF陣だけでなく
他の全ての選手の運動量が少しずつ足りなくなってきていた影響もあったでしょう。

次の天皇杯も絶対に落とせないノックアウト方式の試合だけに
極端に戦力は落とすべきじゃないけど
それでもその後に控えるリーグの柏戦のことも考えると
これまでレギュラーで戦ってきた選手を効率的に休ませる時期ですね。

決勝の相手にはガンバ大阪です。

新潟の方が気持ち的に優位に立てると思っていたのは事実です。

特に今の鹿島の力量から勝算が立ちにくい相手は
段々と調子を上げている横浜と超攻撃力を持つガンバくらいのものです。

負けたけどその時の試合内容から
浦和にはそれほどの脅威を感じていません。

だから決勝での相手がガンバというのは
正直言って面倒だと思います。

でも、決勝のスタジアムは万博ではなく埼玉スタジアムという状況であり
戦いにくさというものや脅威というものをそれほど感じないというのも
正直な心境です。

相手を甘く見て
足元をすくわれる可能性を考えるよりも
勝てるかどうかわからない相手に全力で立ち向かう方が
気持ちの整理はしやすいですね。

警戒心というよりも
余計なことは考えず
真っ新な気持ちで
紛れのない挑戦者の気持ちで臨めるので
相手がガンバで良かったと思えるようになりました。

 

明日は水曜日の天皇杯の前日練習を見に行きます。

もちろん興味は「どのようなメンバーを監督はチョイスするのか?」」というところです。

明日の練習でどこまでそれが見えるかわかりませんが
そういった視点での見学を楽しんできます。

 

最後になりましたが
決勝まで連れてきてくれた選手やサポーターに感謝します。

ありがとうございました。
そして、お疲れ様でした。

水曜日は私もスタジアムで目一杯応援します!

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

|

« ナビスコ準決勝 初戦アウェイにて勝利! | トップページ | 天皇杯 水戸戦前日の練習見学 »

コメント

決勝はあの宿敵のホームスタジアム。
しかも鹿島はホーム(北側)。
いつもとは違う、私達の赤色に埼玉スタジアムが染まるなんて感慨深いです。

投稿: 鹿ゆり | 2015年10月13日 (火) 09時56分

鹿ゆりさん、コメントありがとうございます。

できれば埼スタではあいつらをやっつけてやりたかったという気持ちもありますが、それはガンバに勝ってから言うべきでしょうね。

勝たなければすべてが嫌な思い出になってしまいます。決勝で負けるほど悔しいものはないのですから、いろんな意味で埼スタの決勝を良い思い出にするためにも、まずはガンバに勝って優勝することだけに集中ですね!

お互いに頑張りましょう!

投稿: 鹿莫迦 | 2015年10月13日 (火) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナビスコ準決勝 初戦アウェイにて勝利! | トップページ | 天皇杯 水戸戦前日の練習見学 »