« ナビスコ 東京戦(アウェイ) | トップページ | 琉金(2015年夏) »

2015年9月 7日 (月)

ナビスコ東京戦(カシマスタジアム)

第1戦から修正すべきポイントをしっかりと修正し
見事な試合運びで今期何度目になるのかわからないが
これまたベストゲームと呼べるような内容での完璧な勝利!

出場した選手の全員が素晴らしいプレーを献身的に披露していたと感じました。

普通なら一人か二人くらいは
「もうちょっと」とか「次には」といったように
出来が良くない選手がいるもんですが
昨晩の鹿島の選手たちは
本当に誰一人駄目だったという評価を受ける選手はいなかったんじゃないでしょうか。

それほど皆が献身的に動いていたと思います。

ゴール裏の応援も
スタジアム全体の素晴らしい雰囲気を作る応援ができていたと感じました!
そこから鹿島の全力プレーが誘発されていたと思います。

雨の中
最後まで気持ちのこもった熱い応援お疲れ様でした。

 

昨日の石井監督の作戦としては
試合前のゲルマガで赤崎のコメントにあったように〝前線からのプレス〟
しかも〝取りきるプレス〟がポイントなんだと思っていました。

録画でそれを確かめようと見ていましたが
単にアグレッシブに前線からプレスをかけているのではなく
プレスを仕掛ける全員が
相手からボールを奪うんだという気迫が伝わってきていました。

しかも、これを90分続けることが出来たことが驚きです。

でも、交代枠は赤崎→土居という1枠しか使わずにこれを実行したということは
フル出場した選手の疲労度はかなり高かいものとなってしまったんじゃないでしょうか?

 

 

見事な勝利の裏に選手の疲労蓄積が心配になってきます。
しかもこの連戦の中ですから。

年齢的にも小笠原の疲労は特に心配です。

その次には、休みなく来ているSBの二人
特に大伍の疲労は心配で
いつか怪我をしてしまうのではないかと不安です。

頑張っている遠藤と金崎も
疲れはピークを越えてしまっている気がします。

若い赤崎はまだ大丈夫なんでしょうけど
それでも昨晩のようなランニングが今後の試合でも継続できるかというと
連戦の全てでこれを行うことは厳しいと思います。

 

 

中2日で続く連戦は
FC琉球との天皇杯とリーグ戦のG大阪との残り2戦となりましたが
ここをどう乗り切るのか?

できればG大阪戦ではベストメンバー(柴崎抜きですが)を組んで
しかもフィジカルコンディションもベストで向かいたいところなので
小笠原や大伍には休養十分で望んでもらいたいところです。

 

はっきり言ってFC琉球とG大阪と戦力を比較したら
当然G大阪の方が戦力は高いと思います。

そのためこの2連戦ではいかに琉球戦でG大阪戦を睨んだ選手起用が出来るかということがポイントになると思います。

 

皆さんご存知のように
特に昨年鹿島アントラーズは初戦で敗退してしまいました。
この大会初戦を甘く見ると必ず痛い目に遭います!

カテゴリーが下のチームがカテゴリー上位のチームに挑んでくるとき
そのチームは必ず全力で普段以上の力を発揮してきます。

たとえ相手が高校生であっても
そのように能力以上の力を発揮してくるチームであれば
戦って勝利することは決して簡単なことではありません。

ましてや今回はJ3のFC琉球です。
世間がジャイアントキリングを期待しても仕方のないカードです。

今の鹿島は「強い」と思われていますが
自分たちがそのつもりになった時には足元をすくわれることになります。

相手以上に必死になって全力で向かうことが絶対に求められます。

 

 

G大阪戦を睨んで疲労が蓄積している選手を休ませ
その上でチームとして全力を発揮する機能力を持たせたメンバー構成にするか
石井監督の選手起用に大いに期待しています。

 

幸いにも今の鹿島には
ダヴィが1試合休むことが出来ています。

そして、同じように充孝も1試合空きました。

土居は直近2試合とも途中からの短い時間の出場に留まっています。

東京との第1戦を休めたカイオは若さもあってあと2試合くらいなら
それほどパフォーマンスを落とさずにプレイできるでしょう。

伊東の怪我からの回復具合に問題が無ければ
大伍の代わりに出場しても十分に活躍を期待するだけの実力は備えていると思われます。

何と言っても鹿島には本山が居ます。
体調面では全く問題なく出場機会にも飢えていると思われます。

石井監督の体制になってからベンチ入りもままならない梅鉢と豊川は
このまま黙っていてはいけないでしょう。

それは植田にも同じことが言えます。
青木にCBの3番手を取られ
昨晩のような素晴らしいパフォーマンスを見せられて
植田としてはここは奮起すべきところですよ!

そうなるとソッコを休ませることも可能です。

山本のところには隆雅が頑張らないといけませんが
メンバーをそっくり入れ替えてしまうことは非常に危険なので
途中からここの交代できるように
他のメンバーの出来も重要になってきます。

GKも佐藤を今一度起用するといった考え方はありますが
ここは先にも述べたようにチームとしての軸を失わないように
曽ヶ端には頑張ってもらわないといけないでしょう。

 

 

明日はクラブハウスに練習見学に行ける予定なので
しっかりとその辺りを確認すべく行ってまいります。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

|

« ナビスコ 東京戦(アウェイ) | トップページ | 琉金(2015年夏) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナビスコ 東京戦(アウェイ) | トップページ | 琉金(2015年夏) »