« シルバーウイークのクラブハウス練習見学 | トップページ | 火曜日のクラブハウス練習見学 »

2015年9月28日 (月)

Jリーグ 2ndステージ 浦和レッズ戦(カシマスタジアム)

土曜日のカシマスタジアムでの試合はとても素晴らしい試合だったようですね。
惜しくも試合には敗れてしまったものの
試合の内容は本当にアントラーズのやりたい試合がきっちりと出来ていた試合だったように思えます。

また、スタジアムで応援してくれた多くの鹿島サポーターとファンが作り出した熱気は
浦和サポのそれと相まって凄いスタジアムの雰囲気であったことが
テレビの画面を通しても伝わってきました。

皆さんお疲れ様でした。

鹿島サポとしては試合に勝てなかった悔しさが溢れていることだと思いますが
内容的に浦和を圧倒していただけに本当に悔しいですね。

1stステージで浦和と対戦した時は
戦っている最中から浦和の可能性を否が応でも感じさせられる内容で
鹿島の勝てる可能性や引き分ける可能性にも不安を感じながら応援せざるを得ない内容でした。

しかし、今回の試合内容は鹿島の勝機しか見えないくらいの出来栄えでしたね。

もう一つ、1stステージの対戦時と違って内容的に良かった点として
ペトロビッチ対細というか、可変型の4-5-1システムと戦う時に対策してきた
鹿島の4バックにボランチをラインに加えた完全守備型からのカウンターサッカー出なかったということがあげられます。

石井監督が試したいと言っていた対策で、前線からの激しいプレスでボールを奪いきるサッカーは
浦和に対して見事に機能していたと言えると思います。

浦和は那須が出場していなかったといういつもと違うところはあるものの
喩えそこがベストなメンバーであったとしても鹿島のこの戦い方は通用するのではないでしょうか。

この戦法で全員が試合開始から積極的に動き回ったことで
鹿島の選手のアグレッシブさが目立つ試合になったのでしょう。

更に、この試合でもう一つあった収穫として
ダヴィの見通しが立ってきたことがあげられます。

この前の試合までダヴィへのパスは彼の足元には収まらず
また、彼の高さやスピードや良い意味での強引さを引き出すことは出来ていませんでした。

今の鹿島の4-4-2や4-2-3-1ではダヴィを活かすことはもう無理かと諦めかけていたところでしたが
この試合でのダヴィのパフォーマンスは前の試合とは全く別物と言っても良いのではないでしょうか?

ピッチの中央やサイドに現れ
金崎とのツートップの中では相手DFラインの裏へ抜ける動きで
正にゴールへ向かう動きの中でボールを受ける回数が明らかに増えました。

ボールコントロールもミスが極端に減り
ボールキープもFWとして十分に評価できる出来だったと思います。

このダヴィに対応するDF陣のスタミナを奪うことにも成功していて
動き回るダヴィよりもその動きについて回るDF陣の方が体力を奪われていましたね。

赤崎の怪我ということもありましたが
見事にダヴィの起用が嵌りました。

そして、本当に金崎には感服させられます。

前線でのキープ力や突破力、そしてボール奪取力
それらのどれをとっても両チームで一番の評価が与えられるべき活躍でした。

あのヘディングが決まっていれば
試合は違った結果になっていたでしょう。
そうなれば間違いなくMVP級は金崎だったと思います。

カイオ、遠藤、小笠原、他の選手達も相当良かったと思いますが
それ故に柴崎の活躍が物足りなく思えていしまったのかもしれません。

録画を見ていて「いつもより柴崎が出てこないな~」と感じていたのですが
決して柴崎の出来が悪かったり運動量が少なかったりしていたわけではないと思います。

その証拠にセットプレーだけでなく
トップへのボールの配給でもいつものように得点に直結するパスを何本も出ています。

やはり、柴崎が目立たなかったほど
他の選手がいつもより素晴らしいプレーをしていたんだと思います。

これほど素晴らしい内容で試合を進めていたのに
ちょっとしたミス、しかもたった2回のミスで
試合の結果を浦和にもっていかれてしまったわけですが
このミスでさえ〝大したことはない〟ミスなんですよね。

まあ、だから「ミス」というのでしょうが・・・。

昌子があの瞬間に間違ってラインを上げてしまったことが
そして、曽ヶ端がイージーボールをキャッチできなかったことが
結果的にこの試合を決めてしまったわけですが
90分戦っていればどの試合でも起こるミスですよ。

しかも、昌子がラインを上げようとしたことは
守備の仕方としては間違いなのかもしれませんが
つくべきマークをサボっていたような後ろ向きなミスではなく
さらに、曽ヶ端のハンブルはボールの回転や方向も変わってしまい
昌子の後方から手先だけでキャッチしなければならない意外と難易度の高いプレーでした。

それぞれ、この試合のレベルではミスせずに上手くこなしてもらいたいプレーですが
相手選手たちの好プレーと比較してどうこう言うものではないと思います。

また、良く「決定力が・・・・」と言われますが
シュート27本打って、決定力があれば10点以上は常に取れるチームということになります。

バルサだってそんな決定力は無いですよね。

そりゃ決定力があって毎試合3点4点取ってくれる選手達やチームであるなら
それは嬉しいことに違いないですが無い物ねだりをしても仕方ありません。

まずは、年間1位を行く浦和を相手に
27本のシュートを打つほど攻め立てたことを評価したいです。
しかも、相手である浦和のシュートは10本くらいでしたよね。

これはもう「圧倒」ですよね。

他のチームで
浦和相手に20本以上シュートを打ったチームは
一体どれくらいいるのでしょう?

それだけでも鹿島の現在地を知ることが出来るというものです。

簡単なことではないのでしょうが
あとちょっとのシュートを決めれば
そしてあとたった二つのミスを無くせば
必ずアントラーズはどのチームを相手にしても
勝ちきることが出来るチームになります。

次の試合にはそこを目指せば良いのですよね!

全く悲観することなどない浦和との試合。

多分、浦和サイドの人々も
この試合で鹿島とのアドバンテージが少なくなってきていることを実感していることと思います。

鹿島と浦和、お互いに素晴らしい一戦といえるかどうか?

勝った浦和は果たして本当に自信を深めることができたのか?

多分、答えは「NO」でしょう。

勝ち点3は得たものの
これまで鹿島相手に抱いていた自信は失っているのではないでしょうか。

逆に勝ち点は奪えなかったものの
自分たちの力に確信を得たのは間違いなく鹿島だと思います。

サッカーの試合はそんな簡単なものじゃないですけど
次の試合にこの影響は少なからず現れるはずです。

同じような試合ができれば鹿島は神戸に勝つでしょう。
同じような試合をしていては浦和は鳥栖に負けるでしょう。

今やアントラーズファミリーの自信は確信に変わってきているはずです。

この強い気持ちがあれば
「ツキ」や「紛れ」なんてものはこっちのものになります。

これまではサポーターは選手達を信じることが必要でした。

でも、これからはサポーターは自分自身を信じることが求められます。

「2ndステージは必ず俺たちが獲る!」

この気持ちを疑うことなく信じ続けることができれば
我々の思いは通じるはずです。

浦和との一戦
内容が良かっただけに悔しさは倍増です。

この悔しい気持ちを隠すことはない。

思いっきりこの気持ちに素直になって
気持ちを爆発させる瞬間まで我慢すれば良いだけ。

次の神戸戦か、その次の神戸戦か、それとも次の次の神戸戦か?

直近3試合、どの試合も相手は神戸。

それぞれ、みんながその瞬間を待って
その場に立ち会った時に
思いっきり気持ちを爆発させて
アントラーズと共に戦うだけです。

絶対に俺たちはできる!

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

|

« シルバーウイークのクラブハウス練習見学 | トップページ | 火曜日のクラブハウス練習見学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シルバーウイークのクラブハウス練習見学 | トップページ | 火曜日のクラブハウス練習見学 »