« 石井監督 新体制 | トップページ | 「やはり」なのか「どうして」なのか? 高崎レンタル移籍 »

2015年7月30日 (木)

Jリーグ 2ndステージ サガン鳥栖戦(アウェイ)

石井新体制

見事な連勝でした!

 

昨晩はアウェイには参戦できず

スカパーにてライブ応援でした。

とはいっても

120%のめり込んだ感情応援ではなく

いつもとはちょっと違ったスタイルでのテレビ観戦&応援になりました。

 

分かる人にはわかるのですが

大半の方には理解できない表現になってしまいます。

昨日の応援は

かなり俯瞰的な見方ができ

しかもいつもより深~い中味を聞きながらの

ある意味

冷静かつ客観的に

ある意味

ファンやサポーターである立場以上に理解力を持った応援スタイル

といったものでいした。

 

やっぱり

殆どの人は何を言っているのか不明でしょうね。

すみません。

詳細はここでは書けないので

あまり理解しようとはせず

読み流してください。

 

さて試合の方はというと

鳥栖はいつもの鳥栖ではなく

欠場者続出で

〝台所は火の車〟というチーム事情を反映するかのような試合内容で

持ち前である球際の激しさも影を潜めた

非常にゆる~い状態だったと感じました。

 

従って鹿島の方は余裕を持って展開することができることとなるのですが

勝手に慌ててしまって

普段通りやればいいものを

良くない鳥栖の出来に合わせてしまったような試合運びとなりました。

それでも決定的チャンスは少なくなく

しかも

ダヴィを先発起用した成果が出そうな感じの

決定的なチャンスを2度ほど作り出しました。

何と!これをものにできず

チャンスを逃してペースに乗りきれない

言ってみれば〝いつもの鹿島〟といった時間が経過していきます。

逆に

こういった時間帯に失点してしまうと

そのまま逃げ切れられてしまうかもと思わせるような雰囲気が漂ってしまいますが

鳥栖の方がそこまでの力は無かったという前半になりました。

 

石井監督は

後半は予定通りに選手を交代させ

最終的には鹿島の先発メンバーと予想されることの多い布陣で

試合の後半を迎えるようになります。

これは石井監督の狙いの一つだったのではないかと想像しています。

 

この作戦が嵌ったのか

それとも鳥栖のアクシデントで流れが変わったのか

いずれにしても重い扉をこじ開けた鹿島が一気にたたみかけます。

理想的な追加点からの勝ちパターン。

最後の欲は無失点。

これを最後まで完遂させ

見事な今季初の連勝

そして勝利の価値を更に高める完封試合。

 

勝てた要因は柴崎の活躍だけでなく

それまでの形を組み立てた他のメンバーの働きも大きく

チームとしては本当に理想的な内容の勝利だったと思います。

 

昨晩の観戦スタイルの影響だとは思いますが

不思議なことに私は

鹿島の先制点は後半の20~30分くらいに得たものだと

今朝まで完全に思い込んでいました。

 

他のサポーターの方々のブログを読んでいた時に

「僅かな時間で3得点」という感じの記事が書かれていて

アントラーズモバイルを見返してみると

柴崎の先制ゴールは何と87分だったんですね。

確かに2点目は先制点からあっという間に取れた

という記憶はありましたけど

その後の3点目

そして試合終了までの時間を

非常に長く感じていたという記憶しかありません。

 

決して

ぼ~っと観ていたわけではなく

自分ではそれほど充実した観戦スタイルと時間だったという思いです。

 

ここからの約2週間

試合は中断されます。

その間長~く

鹿島の明るい未来を想像しながら過ごせる幸せは

何毎にも代え難いものです。

 

すみません。

やっぱりわけのわからない記事になってしましました。

 

最後に

平日のナイトゲーム

遠い遠い九州の地

アウェイスタジアムに参戦されたサポーターの皆さんお疲れ様でした。

テレビでは分かりにくかったのですが

とっても暑かったようですね。

両チームの選手たちのパフォーマンスが

暑さに影響されているんだと理解するまで時間が掛かりました。

 

そんな生ぬるいサポーターの私ですが

チームに生きた声を届けてくれた参戦組の皆さんには

心からの感謝の気持ちを伝えたいと思います。

 

中断期間は選手同様に英気を養い

次の広島との大一番に備えてください!

本当にお疲れ様でした。

そしてありがとうございました。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

 

|

« 石井監督 新体制 | トップページ | 「やはり」なのか「どうして」なのか? 高崎レンタル移籍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石井監督 新体制 | トップページ | 「やはり」なのか「どうして」なのか? 高崎レンタル移籍 »