« 火曜日のクラブハウス練習見学 | トップページ | サポーターへのお奨めBook »

2015年7月13日 (月)

Jリーグ 2ndステージ アルビレックス新潟戦(アウェイ)

土曜日は出張だったので

出張先で一人

タブレットで観戦しました。

 

この日の試合は

90分間の殆どが新潟のものでした。

鹿島の時間は1点目を含めても

僅か数分しかありませんでした。

まさしく

新潟が勝ちに値する試合をしたと思います。

 

相手サポーターである私が見てもそう思える試合内容であり

むしろ相手サポーターだからこそわかる

鹿島が全く良くなかったという事実。

 

鹿島に戦術はありませんでした。

戦っている選手達からは段々と自信を失っていく様子が伝わってきました。

 

選手交代にさえ意図を全く感じることはできなかった。

試合の途中でセレーゾ体制の終焉さえ考えさせられた。

 

タブレット観戦だからこそ

客観的にかつ冷静に

そう考える瞬間がありました。

 

いつもなら

たとえリードされていても

怒涛の反撃で相手チームを押しまくる後半なのに

この日の試合は

終盤になっても鹿島の時間には一向にならず

ずっと新潟の時間で過ぎていくばかりだった。

 

後半に2~3回あった決定機を新潟が決めていれば

圧倒的な新潟のゲームとなっていて

勝ち点3が新潟のものとなったことは間違いなかったでしょう。

 

アディショナルタイムに土居が同点ゴールを決めた時でさえ

「喜んでいる場合じゃないだろ。

あと1点を取りに行く鹿島の精神はどうした!」

と画面に向かって怒り叫んだほどです。

 

最後まで褒められた内容ではなかったけど

それでも勝ち点3を取ったのは

なんと鹿島。

 

本当にサッカーは摩訶不思議なスポーツです。

どんなに素晴らしい内容の試合をしても

勝てなかったことが過去にはありました。

 

だから

その逆があってもおかしくはないか・・・。

 

敢えて言うなら

鹿島の伝統がもたらしてくれた勝利だったのか。

 

しかし

偶然に勝てた訳じゃない。

たまたま勝ちを拾ったというわけでもない。

鹿島の時間が僅か数間しかなかった中でも

選手たちは頑張って最後まで諦めずに戦って

そして勝利を掴んだことは間違いない。

 

本当によく頑張ってくれたと思います。

素直に感謝の気持ちで一杯です。

 

最後まで決して諦めなかった選手と

その選手達を最後まで信じて応援し続けたサポーターが

気持ちで手に入れた貴重な勝利です。

(本当にありがとう)

 

幸運にも手に入れることが出来たこの勝利

 

そして

不思議なことに

次の対戦相手は

神戸にコテンパンにやられて自信を失っているであろう清水。

 

チョン・テセが清水に加入したことは

色々な意味で嫌な(心配な)要素だけど

もしかしたら風向きが変わってきたのかもしれない。

だけど

鹿島と比べてどちらが最悪だったと比べることが出来るくらい

今の清水のチーム状態は良くないと思われます。

 

もし次の対戦相手が調子のよいチームだったら

次の試合で勝利を期待することも

2ndステージでの優勝を夢見ることも期待できなくなってしまったかもしれない。

 

強気になれる要素こそ全くないけど

「今の清水なら」と考えてしまいます。

 

せっかく鹿島に向いてきたこの流れを変えないように

次の試合は何としてでも鹿島のものにしなくてはならない。

 

この日の試合の終盤まで

こんな気持ちで次の試合を迎えられることが出来るとは思ってもみなかった。

 

でも

今のこの結果

これは紛れもなく現実なんですよね。

 

選手も

そしてサポーターも

失っていた自信を

最後の2分間で取り戻すことができているのかもしれない。

 

サッカーというスポーツは

こいういものなのかと

改めて考えさせられた気分です。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

|

« 火曜日のクラブハウス練習見学 | トップページ | サポーターへのお奨めBook »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火曜日のクラブハウス練習見学 | トップページ | サポーターへのお奨めBook »