« クラブハウス練習見学(アントラーズユースとの練習試合) | トップページ | 東京国際大学との練習試合 »

2015年6月15日 (月)

流通経済大学との練習試合

今日は流通経済大学との練習試合がクラブハウスで15時から行われました。

 

その前に、「ENCORE」のチケットをクラブハウスのオフシャルショップで購入しましたが、何と指定席はほぼ完売だそうです!

チケットの販売枚数的には3万枚を超える見込みですね。

サポーターズシートはまだ残りがあるみたいです。

Cimg3724

試合開始前にクランドに出ると、JリーグU-22選抜で琉球戦に出場した伊東と豊川の二人がピッチの周囲を走っていました。

今日は軽めの調整だけですね。

Cimg3725

そして、同じくピッチの周囲を走っていたのが土居です。

どこか具合が悪そうな雰囲気はありませんでしたので、ちょっとした違和感や疲労蓄積を考慮してのものでしょう。

Cimg3726

更にもう一人、鈴木優磨も別メニュー調整です。

先週の試合で脇腹を痛めていたみたいでしたので、それがまだ完治していないのでしょうか?

Cimg3727

試合前の打ち合わせを行う先発メンバー。

Cimg3728

15時15分くらいから試合開始です。

Cimg3730

今日の先発メンバーです。

      佐藤

西  植田  昌子  隆雅

  小笠原   久保田

遠藤   充孝  カイオ

      高崎

Cimg3731

カイオの速攻、高崎と充孝も駆け上がりカウンター発動!

Cimg3732

植田のロングフィード。

相手の守備も甘く、サイドチェンジのロングパスが結構繋がります。

Cimg3733

ちょっと写真が不鮮明なのでわかりにくいですが、多分、久保田だと思います。

Cimg3734

今日もストップゲームなので、セットプレーは何度もやり直します。

惜しくもゴールバー上に外れるシーンです。

Cimg3735

セットプレーのボールを一度後ろに戻し、充孝の絶妙なスルーからゴール正面に久保田が走り込んでミドルシュート!

惜しくもGK正面でキャッチされる。

Cimg3737

今日は前半だけボランチで出場した小笠原です。

充孝や久保田、そして遠藤といった周囲とのコンビネーションも良好で、今日は良く声も出ていました。

Cimg3743

今日は前半はトップ下、後半途中から右SHとして出場した充孝。

とにかく〝抜群!〟に良かったです。

ゲームの中心でボールを受けるのですが、本当に相手との位置関係も絶妙なところで後ろからのボールを受けて、時にはシンプルに横や後ろへワンタッチパスで捌き、時には2~3人の相手に囲まれてプレッシャーを受ける状態の中でも、素晴らしい個人技で相手を交わし切り、そこから前線の高崎、遠藤、カイオへのスルーパスで決定機を演出していました。

自身も最前線に顔を出して、高度な足技でDFとGkをも交わして余裕でゴールを奪うなど素晴らしいパフォーマンスでした。

とにかく司令塔の位置でボールを失わない、そして、確実にボールを繋ぐことが出来るので安心してボールを預けられます。

Cimg3744

ボールを受けて失わず、味方に繋ぐということに関してはこの久保田も充孝に負けてませんでしたね。

ただ、安定度というか、安心感と言う点では充孝に軍配が上がります。

それでも、攻守に渡って十分にボランチとして合格点は与えられる出来だったのではないでしょうか。

Cimg3748

前半の途中で、金崎と大橋の二人がグランドに出てきました。

ピッチの周囲を軽いジョグのあと、柳沢コーチの指導によりピッチ脇でサーキットトレーニングです。

Cimg3752

二人とも写真のように、ダッシュも繰り返していましたので、体は完全ではないのでしょうが心配するほどのことでもなさそうです。

Cimg3749

同じような時間に、試合が行われているピッチの向こうではジネイと山本の二人がフィジカルトレーナーと、こちらもサーキットトレーニングです。

Cimg3750

山本も時間が掛かっていますが、無理せず調整しているのでしょう。

Cimg3751

ジネイは骨折と言うことで「全治3か月」との発表でしたが、このようにダッシュも十分出来ているようですので、丸々3か月かかるとは思えないです。

一部の記事にも出ていたみたいに、骨折して部分が完全につながらなくても痛みが無くなればGOサインはでそうですね。

2ndステージの頭から間に合いそうに見えますけどね~。

Cimg3756

タッチライン沿いをオーバーラップする隆雅。

やはりスピードは速いですね!

 

後半のメンバーはサブメンバーを全員入れてきました。

            曽ヶ端

西(植田) 山村(青木) 昌子(山村) 隆雅

    青木(久保田)    梅鉢

 カイオ(充孝)   本山     杉本

            赤崎

(  )は後半の途中で交代したものです。

Cimg3757

左から西、青木、梅鉢。

後半のメンバーは昌子を始めとして、前半のメンバーよりも声が出ています。

うるさいくらいに、みんながコーチングし合っています。

遠慮せず、バンバン言い合っています。

それでも、最後方の曽ヶ端の声と昌子の声が一番でかいですけどね!

Cimg3758

西が積極的にドリブルでボールを運びます。

Cimg3759

いつものように、ボールを持って指示するセレーゾ監督と蘭堂通訳。

Cimg3761

セットプレーはCKからFKへの角度とサイドを変えて、何度も何度も繰り返します。

今日は、土曜日に試合をしていることも踏まえてかなのか、前後半ともに45よりも若干短かったようです。

Cimg3762

別メニュートレーニングを終えて戻ってくるジネイ。

この明るい笑顔が示すように、怪我からの回復は深刻なものとはならないと安心することにします。

痛みさえ引いてくれれば!

Cimg3763

流通経済大学の監督さんでしょうか?

高崎と山村が試合後に談笑(挨拶)しています。

Cimg3764

山村先輩から後輩へのメッセージは如何なるものだったのか?

 

今日の試合で気付いたことは、

①とにかく先週の練習試合よりも選手たちの声(コーチング)が出ていて、強い活気を感じることが出来る試合だった。

②充孝の出来が抜群!土居よりもボールを失わず、自分で状況を打開出来て、スルーパスもシュートも文句なし!

③久保田も良好。もっと自信を持てれば、視野も広まり、ロングパスで攻撃の起点にもなれるのでは?

④杉本はポジショニングが良く、ボールを受ける機会が多いのだが、ボールを奪われて逆襲の起点となってしまっていた(狙われたかな?)。

⑤昌子が梅鉢に「俺達後ろの声を聞け!」というのが良かった!

⑥カイオは相手に合わせるのか、「全力じゃないな~」って感じてしまいました。

 

さて、今日いなかったのは代表に行っている柴崎と、先日の試合に出場したと聞いたダヴィとソッコですね。

ダヴィもソッコも足の痛みがあるのでしょうか?

全く痛みが無いなんてことはないのでしょうね。

ジネイがリハビリ中である分、ダヴィには少しでも痛みを和らげてもらって、残り2試合に少しでも出てくれたら、暗い雰囲気の鹿島に一筋の光が差し込むことになりそうなんだけどな~。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

|

« クラブハウス練習見学(アントラーズユースとの練習試合) | トップページ | 東京国際大学との練習試合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クラブハウス練習見学(アントラーズユースとの練習試合) | トップページ | 東京国際大学との練習試合 »