« Jリーグ 1stステージ G大阪戦(アウェイ) | トップページ | 水槽内で猛威を振るうカーリー、そして駆除 »

2015年6月 8日 (月)

Jリーグ 1stステージ モンテディオ山形戦(アウェイ)

前回の記事ではかなり厳しいことを書いてしまいました。

そして多分、今回の山形戦でセレーゾはGKを変更してくる程度の布陣で臨むのではないかと思っていました。

でも、GKは佐藤のまま。

そして、何とSBに伊東を先発させ、昌子をCBにして青木とコンビを組ませ、西を左SBに持ってlくるという守備の布陣をしきました。

更に、小笠原を外して再び梅鉢を先発起用し、守備力を強化し、前の3人はどうするのかと思っていたら、カイオを外して金崎を使ってきました。

遠藤を残してカイオを外したんですね、ちょっと驚きです。

もっと驚きだったのは、赤崎でもなく、ジネイでもなく、ワントップが高崎だったこと。

 

この布陣から読み取れるセレーゾの目論見は・・・・。

 

佐藤はもうひと試合我慢して経験を積ませて良くならないだろうか?

伊東の守備の良さを活かしつつ、昌子で中を固め、西は左でも何とかしてくれるだろう。

疲れもあるだろうから、守備面を強化するために小笠原を休ませて、そこに梅鉢で守備力をさらにアップ。

攻撃面は、金崎-土居-遠藤と並べれば、どこからでも展開可能、そこから前線でターゲットとして高さのある高崎に当てて落としたところを、再び3人で積極的に詰めてゴールに迫る!

 

といったところでしょうか?

 

 

私は、関西での仕事を終え、帰り道(在来線~新幹線)に電車の中でタブレットのスカパーオンデマンドで後半から観戦しました。

そして、家に帰ってから、録画で前後半を通して観戦しました。

 

試合を見た直感は、「ガンバ戦よりも活気ある動きで、チームとしてもギアが一段上がっているかな?」というようなものでした。

でも、よく見ると相手の山形の選手達の能力がガンバの選手達よりも個人的にレベル落ちることと、ナイターとデーゲームとの差で鹿島の選手の表情が明るく見えたのでしょうか、そういった違いから前の試合よりも活力があるように見えたのかもしれません。

 

それでも、結果以外はそこそこの出来栄えであって、GKの佐藤も段々と試合慣れしているようにも思えるし、伊東は守備面も含めて繰り返しの攻め上がりなど、やはり継続して使いたい選手に思えました。

梅鉢は全く目立ちませんでしたが、梅鉢が目立たない方がチームとしては試合内容が良いのかもしれません。

また、目立たないということは、ボランチとして普通にプレーできているとも言えるかもしれません。

 

そして、この試合で一番いつもと違っていたのが土居のプレーでした。

地元山形での試合と言うことが彼を奮起させていたのかもしれませんが、とにもかくにも何時にも増して仕掛けるプレーが多かったです。

抜け出せたプレー、奪われたプレー、ラインを割ってしまったドリブル、遠目からのシュートとどれを取っても、いつもセレーゾから指摘されている足りないプレーばかりです。

相手との技術力の差がありますが、仕掛けさえすればなかなかボールを奪われないし、特に左サイドに出てからは何度も見事な抜け出しを見せてくれました。

相手にとって本当に嫌なプレー、嫌な選手になっていたと思います。

 

試合は残念ながら引き分けてしまい、再び勝利を味わえなかったことで、ゴール裏のサポーターからは厳しいブーイングが浴びせられていましたね。

でも、このブーイングは、遠い山形まで、しかも優勝も無くなってチームの成績が不振な状況にもかかわらず、スタジアムまで足を運んで精一杯応援してくれる、〝最も鹿島アントラーズを応援してくれている人たちばかり〟の愛情溢れるブーイングです。

きっと、試合内容が前の試合よりもほんの少しだけでも良かったということは、みんな感じ取ってくれていると思います。

その上で、「結果を求めなきゃならないんだ!」という叱咤激励のブーイングです。

 

きっと、見る人が見たら「ガンバ戦とさほど変わらない出来で良くなかった」と言われるかもしれません。

でも、ちょっとだけですが選手達の目や表情は輝きを取り戻しつつあると思いました。

 

一方で、チーム成績が悪い時は、試合に使ってもらえない選手たちの不満は高まります。

セレーゾの選手起用の判断基準が納得性に欠けるものだということは、サポーターの間でも囁かれている位ですから、当然、サテライトのメンバー自身もそう思っているに違いありません。

 

13日には栃木との練習試合があると聞きました。

ここでサテライトメンバーが起用され、チャンスを与えられると思われます。

少なくとも、ここで結果を出した選手への正当な評価をセレーゾがしてくれることを願うばかりです。

残りの1stステージを意味ある試合にするためにも、新たな選手起用による可能性の発掘に期待します。

 

 

山形へ行かれたサポーターの皆さん、最後の同点弾、あれはゴール裏の声援が取らせた貴重な得点です。

この1点が、これからに繋がる1点であると信じています。

厳しい日程の中、遠いアウェイの地までの遠征お疲れ様でした。

サポーターの皆さんも、中断期間はゆっくりと体調回復に努めて、気力の再充填に充ててください。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

|

« Jリーグ 1stステージ G大阪戦(アウェイ) | トップページ | 水槽内で猛威を振るうカーリー、そして駆除 »

コメント

この試合でここまでポジティブにとらえられるのは素晴らしいですね。

投稿: | 2015年6月 8日 (月) 21時26分

強がりです・・・・。

冷静な見方をされている方の方が正解かもしれません。

ダメ出しは誰でもできる状況ですから、一人くらいは強がりを言う馬鹿がいてもいいかなって。

弱くても応援する事に変わりはないから、やるべき人がダメ出しすればいいと思ってます。

投稿: 鹿莫迦 | 2015年6月 9日 (火) 00時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Jリーグ 1stステージ G大阪戦(アウェイ) | トップページ | 水槽内で猛威を振るうカーリー、そして駆除 »