« 金曜日のクラブハウス練習見学 | トップページ | Jリーグ 1stステージ 浦和レッズ戦(アウェイ) »

2015年5月16日 (土)

Jリーグ 1stステージ 広島戦(カシマスタジアム)

Cimg3638

試合終了後のスタジアムの空の色と同じような、どんよりとした重苦しい気持ちになった今日の試合結果でした。

負けたのだと勘違いしてしまうような今日の引き分け、負けるような内容ではなかったんじゃないですか?

「ミスはミスなんだから仕方ない」と言ってしまえばそれまでだが、それにしても痛い失点でした。

1点目だけではなく、2点目も非常に痛い時間帯に決められてしまった。

油断したわけじゃないだろうが、不運が重なって、自分たちのミスを見逃さずにきっちりと広島に決められてしまった。

広島が上位にいることを裏付けるような、彼らの勝負強さをまざまざと見せつけられた感じですね。

 

山本が負傷交代してしまって、試合も勝つことが出来なかったけど、悪いことばかりではありません。

ジネイのデビュー、そして、ファーストシュートでのゴールゲット、スピードもあり、ポストプレイも落ち着いてできる実力者の加入は、今の鹿島にはとっても嬉しい出来事です。(←これは一つ目のサプライズでした)

今後の目途が少しついたんじゃないでしょうか?

 

他の選手も、今日は前線からボールを追いまわし、赤崎もジネイも、土居も遠藤も、カイオも柴崎も、小笠原も本山も、みんな「献身」的に試合が出来ていたと思います。

そんな粘りからボールを奪い、綺麗なパスワークで相手を崩し、同点弾や逆転弾を決めることが出来ていました。

失点こそ、つまらないものでしたが、やろうと思ってしたミスじゃなく、選手自身が思いもよらぬことが起きてしまったことが痛恨のミスになってしまったものです。

レバタラや悔やんでも取り返せるものでもなく、事実起きてしまったことだから本当に仕方ありません。

その分、選手たちはみんなでこのミスをカバーすべく同点に追いつき、一時は逆転をしました。

これを見て、選手たちが戦っていなかったと捉えるサポーターが居ることが信じられず、また残念でなりません。

これまで何度も言ってきましたが、ホームでの敗戦はサポーターの責任!

今日の試合は正にそんな内容じゃなかったですか?

明らかに、先日のソウル戦やFC東京戦の迫力がゴール裏にはなかった。

そんなサポーター達が、試合後の選手に罵声やブーイングを浴びせられるのか?

その資格があったのか?

自分が完ぺきな応援ができていたとは言わないが、今日は試合終了の瞬間には疲れと落胆で何も考えられなかった。

ただ、ただ、体と気持ちが重かった・・・。

帰宅した後は、足は筋肉痛(ダルさ)が既に出て、疲労感から眠くて眠くてしょうがない。

それくらい今日は自分でも頑張ったと思う。

自分で頑張ったと思うサポーターは、今日の選手たちの頑張りに応援の言葉をかけてやれるんじゃないだろうか?

勝つことが出来ずに落ち込んでいるのは、サポーター以上に選手たちの方ではないか?

少なくとも、そんな選手達に、私は罵声を浴びせることはできないし、チームコールで前を向かせることをしたいと思う。

チームから勝利の喜びを貰うために応援することがサポーターの「チーム愛」だと思うなら、それは間違いだと思う。

「愛」とは見返りを求めないもの。

たとえチームが自分の気持ちに応えてくれなくても、それでもチームに愛情を注ぐことが本当の「チーム愛」だと思っています。

チームを鼓舞する声は仕方ないとしても、選手たちに罵声を浴びせることだけは許したくないと思います。

 

次節の浦和戦には、選手だけじゃなく、スタジアムに参戦するサポーターも一致団結しなければ、奴らは到底勝てる相手ではない。

無敗で首位を走る絶好調の浦和だけど、誰も負けるつもりは毛頭ないよね。

この一週間でやるべきことは、選手たちのやる気を起こさせること。

そして、もっと必要なのは、サポーターの勝ちたい気持ちをもっともっと奮い起こすこと。

ああだこうだ言っている暇はありません。

もう、やるしかないんです。

前を向いて戦うことしかないんです。

アントラーズファミリーなら必ずできると信じています!

|

« 金曜日のクラブハウス練習見学 | トップページ | Jリーグ 1stステージ 浦和レッズ戦(アウェイ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金曜日のクラブハウス練習見学 | トップページ | Jリーグ 1stステージ 浦和レッズ戦(アウェイ) »