« 仙台戦前日のクラブハウス練習風景 | トップページ | 2015 ACL FCソウル戦(カシマスタジアム) ACL終戦 »

2015年5月 2日 (土)

敗戦も・・・

仕事が立て込んでいて、今日はタブレット観戦すら出来ていません。

実は仙台戦の録画もまだ観ていません。

そんな私が、今日の試合についてあれこれ言う権利は全くありません。

そして、私自身も今日の敗戦には気持ちが落ち込んでしまいましたが、私以上にスタジアムで戦った選手やサポーターは落胆しているのでしょう。

だから今、私が出来ることはそんなみんなを元気づけることしかないでしょう。
 
今日の試合は痛い敗戦には違いありませんが、決して意味のない敗戦ではありません。

少なくとも、これまで先発出来なかった選手や途中出場すら出来なかった選手たちが、貴重な試合経験を積むことができました。

ターンオーバーの産物なのかもしれません。

それでも、その選手にとってだけでなく、チームにとっても新たな戦力の発見や確認に繋がったはずです。

これは必ず将来に生きてくるはずです。

ターンオーバーで落としてもいい試合じゃないことなど百も承知しています。

単なる1敗じゃなく、鹿島アントラーズの未来に繋がる1敗であったのだと信じます。

出来たこと、出来なかったこと。

通用したこと、通用しなかったこと。

修正すべきこと、変わらず続けていくこと。

それぞれが価値のある発見であり、明日からのチームの前進のために取り組むべきことであります。

今日、試合に出場したアントラーズの選手達にとって、非常に重要な出来事となったでしょう。

この繰り返しでチームは層が厚くなり、そして強くなって行きます。

そのために必要な試合であり、敗戦であったのだと思います。

今日、出場した選手をこれから強くするのもしないのもサポーター次第。

その選手とアントラーズを思う気持ちがあれば、今日の敗戦の意味は見つけられるはず。

ならば、良し!

|

« 仙台戦前日のクラブハウス練習風景 | トップページ | 2015 ACL FCソウル戦(カシマスタジアム) ACL終戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仙台戦前日のクラブハウス練習風景 | トップページ | 2015 ACL FCソウル戦(カシマスタジアム) ACL終戦 »