« 2015 ACL FCソウル戦(カシマスタジアム) ACL終戦 | トップページ | 金曜日のクラブハウス練習見学 »

2015年5月11日 (月)

Jリーグ 1stステージ FC東京戦(アウェイ)

試合前の勝敗予想というか試合内容を想像した場合、セットプレーからの得点を得意とするFC東京に対して、セットプレーからの失点が止まらない鹿島アントラーズ、サイドチェンジからのクロスボールの攻撃に弱点を見せるFC東京に対して、クロスボールに合わせた得点パターンを得意としない鹿島アントラーズといった図式では、100%鹿島が東京に勝てる見込みはなく、気持ちをこめた120%の力を出さなければ勝てない相手だと分析していました。

ところが、真っ赤に染まった密集度合の高いアウェイゴール裏の迫力に後押しされた、白いアウェイユニフォームに身を包んだ鹿島の選手たちは期待通りに気持ちを120%こめた戦いを繰り広げてくれた。

期待通りであって、良い意味で期待を裏切られた〝期待以上〟のアグレッシブさを見せてくれました。

このアグレッシブさに加えて、選手たちの頭の中が非常にクリアーになっていたのか、選択する一つ一つのプレーに当たりというか切れがありました!

判断も早く、周囲が良く見えているのか、ワンタッチプレーや相手の裏を突くトリッキーなパスの数々に、出し手も受け手も見事な反応と繋ぎを見せ、鹿島アントラーズが求めている繋いで相手を崩す攻撃が出来ていたのではなかったでしょうか?

そして、守備に関してもセットプレーの守備をマンマークからゾーンディフェンスに切り替え、蹴りだされたボールへの意識を修正してきました。

途中から、再びマークに戻す臨機応変な対応もあり、危ないシーンもありましたが念願のクリーンシート(0封)で勝利に結びつけることが出来ました。

順位も2位に付けていて、間違いなくこの1stステージで強さを発揮している東京を相手に、しかもアウェイで勝利することが出来ました。

東京の特徴を完全に封じ込めた作戦勝ちという見方もあるかもしれませんが、そこまで作戦がはまったとは思っていません。

東京にも実力を発揮させたうえでの、正に力の勝負でも勝ったのだと思っています。

武藤の粘りや太田の鋭いプレースキックやクロスもあり、森重や前田の高さもあった、力を発揮した東京に鹿島は実力で勝てたんだと思います。

後半の最後は攻められ停た時間は多かったことは事実ですが、前半には相手のシュートを1本に抑え込んで鹿島の時間を作り続けていたことも事実でしょう。

自信を持って良い勝利だと思います。

ACL敗退で、これまでの全てを否定されている様な気持ちになりましたが、改めて自分たちのこれまでの努力が決して無駄なものではなかったということを実感できる勝利になりました。

やっぱりこの日の一番の勝因は、選手一人一人の気迫が相手よりも勝っていたことだと思います。

そして、この気迫を引き出したのは、ACLの敗戦後からサポーターがチームや選手へのサポートをそれぞれの方法で実施してきた結果なのでしょう。

残念ながら私が行ったサポートはこのブログで自分の気持ちを表明しただけで、昨日もスタジアムで声援を送ることも出来ていないわけで、直接選手に気持ちを伝えるサポートは何も出来ていません。

それ故、直接選手に気持ちを伝えるサポートをしてくれたサポーター(仲間)に感謝したい気持ちで一杯です。

(当日試合に行ったサポーターを含めて)FC東京戦に向けて何か行動できたサポーターは真の鹿島サポーターなんだと尊敬いたします。

見習わなくてはなりませんね。

録画で試合を見ましたが、映像越しに見ても本当に魂のこもった素晴らしい応援でした!

チームの勝利と合わせて、素晴らしい感動の試合を見せてもらいました。

スタジアムで選手と共に戦ったサポーターの皆さん、お疲れ様でした。

そして、本当にありがとうございました。

今週から3週、広島戦、浦和戦、松本戦と参戦します!

最も選手がサポーターの応援を必要としていた大事な試合に乗り遅れてしましましたが、遅ればせながら参戦しますのでよろしくお願いします。

|

« 2015 ACL FCソウル戦(カシマスタジアム) ACL終戦 | トップページ | 金曜日のクラブハウス練習見学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015 ACL FCソウル戦(カシマスタジアム) ACL終戦 | トップページ | 金曜日のクラブハウス練習見学 »