« 敗戦も・・・ | トップページ | Jリーグ 1stステージ FC東京戦(アウェイ) »

2015年5月 5日 (火)

2015 ACL FCソウル戦(カシマスタジアム) ACL終戦

Cimg3584

何とも言葉がでないくらい悔しい敗戦です。

正直、今日のゴール裏の応援は悪くは無かったと思います。

気持ちのこもった声が出ていたと思います。

 

それでも、チームを勝利に導くことはできなかった。

選手達の勝利を求めて懸命に戦う姿も、間違いなく今日のカシマスタジアムのピッチにはあったと思います。

それでも勝てないことがある。

それがサッカーといってしまえば、それまでだけど。

やっぱり悔しい。

決して、勝てない相手ではなかったと思えるだけに、ACLの道が閉ざされてしまったことにやりきれなさが残るのも仕方ない。

 

 

たとえ応援がしょぼかったとしても、選手達に勝たせてもらって勝利の気分を味あわせてもらったことは、これまでに何度でもある。

逆に、応援がどんなに素晴らしくても、選手たちがその声援に応えられなかったことだって、これまでにも無かったわけじゃない。

 

両方が噛み合って、それで試合に勝利することができれば、それが最高であるに違いない。

でも、今日の試合のように、選手達とゴール裏のサポーターが全力で戦っていたとしても勝てない試合があるのも事実。

 

そんな時に選手たちは、ゴール裏のサポーターに向かって「勝てなくて申し訳ない」と、頭を下げることでしか表現できることはない。

そして、そんな下を向いている選手達に、ゴール裏のサポーター達がかける声は決してブーイングではないんだと思う。

 

慰め合いではなく、励まし合い。

選手達とサポーターはお互いに、再び立ち上がって共に戦うために励まし合うことが今は必要なんだと感じました。

 

勝てなかったことは、サポーターにとって、とても辛く悲しい気持ちになる。

また、今日の試合に出たくても出れなかった選手達だって、きっと凄く歯がゆくて、悔しくて、そして悲しいに違いない。

そして、誰よりも一番悔しいのは、他のメンバー達のためにも、常に一緒に苦労しているスタッフのためにも、そして、大きな声援を送ってくれた19000人のファンやサポーターの声援にもこたえることが出来ず、自分のためにも勝利することが出来なかった、今日のピッチ上で戦った選手達に他ならない。

 

一緒じゃないか!

出場した選手も、試合に出れなかった選手も、チームスタッフも、そして、一生懸命応援したファンやサポーター達も、辛く悲しい気持ちはみんな一緒じゃないですか。

 

悲しんでいるのは自分だけじゃないですから。

仲間がいます!

これからの試合を一緒に戦う、アントラーズファミリーの仲間たちがいますから。

 

みんなで、落ち込んでしまいそうな気持ちを励まして、これからの目標に向かって、再び挑戦を始めましょう!

アントラーズの選手達と共に、再び、我らが目指すべきものを追い求める挑戦に歩み出しましょう!

 

そのために、選手もサポーターも、それぞれがこれからやるべきことはわかっているはずです。

これまでと何も変わりません。

そう、これからもアントラーズと共に生きていくだけです!

|

« 敗戦も・・・ | トップページ | Jリーグ 1stステージ FC東京戦(アウェイ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 敗戦も・・・ | トップページ | Jリーグ 1stステージ FC東京戦(アウェイ) »