« 2015 ACL ウエスタンシドニー戦(アウェイ) | トップページ | 仙台戦前日のクラブハウス練習風景 »

2015年4月26日 (日)

Jリーグ 1stステージ ヴィッセル神戸戦(カシマスタジアム)

とても残念な結末が待っていました。

 

「この神戸戦も」と言った方が良いのでしょう。私はいつものごとく仕事でスタジアムには参戦できず、チームの力に全くなれていません。

今日は、家に帰ってから録画での試合観戦となりました。

 

相手の神戸は今年から監督がネルシーニョ監督になって、ナビスコ含めて6戦負けなしと我がアントラーズと同様に好調を維持しています。

また、移動距離の差はありますが、試合日程は鹿島とはそれほど差はなく、スケジュールがどちらに有利だとかいうことは無いように思えていました。

それでも、試合が始まると目に見えて神戸の選手の活きの良さが目立っており、逆に鹿島の選手からは疲れからくるものなのか、活力が感じられない立ち上がりになりました。

また、柏時代に苦しめられたように、ネルシーニョ監督は鹿島への対策は熟知しているようで、「鹿島に勝つためにはこうするんだ」と言わんばかりのシフトとアグレッシブさで試合を進めてきます。

3バックに両サイドハーフを下げて、盤石のブロックを最終ラインで敷き、鹿島の選手にボールが入ると新潟と同様にマンマーク気味に素早くかつ厳しく寄せてきます。

これによって、鹿島の選手の選択肢はワンタッチパスしかなくなり、2~3本は何とか繋げてもそこから以降は相手の守備の網にひっかかります。

ちょっと攻め手の無い状態にされて、これはハーフタイムで戦法をチェンジして戦うしかないかな?というような前半でしたね。

 

ところが、その戦法変更が裏目に出てしまいます。

後半から青木に代えて小笠原を投入。

小笠原が・・・というよりも1点目の失点シーンを見てみると、マルキへのクロスボールが入った瞬間の鹿島の選手の守備位置ですが、完全に小笠原が浮いてしまっています。

迷っているような動きになってしまい、こうなると、その姿が目に入る山本は自分の前方とぽっかり空いているバイタルエリアに気持ちを向けざるを得なくなって、後方の選手には付けませんよね。

青木がそのまま残っていたら、ポジショニングや相手選手の受け渡しは感覚的に調整できていたでしょうから、交代したすぐの選手(小笠原)にそれを求めるのもかわいそうな部分もあります。

誰かに責任を負わせることができるかもしれない失点ですが、一人だけの問題でもないでしょうから、チームとして失点してしまったことを悔やむしかないですね。

 

そして何と言っても悔やみきれないのは2失点目です。

「魔がさした」としか言いようのないプレーでした。

声を出せば良かったというかもしれませんが、当然、曽ヶ端は声を出して跳び出しているでしょう。

完全なプレゼントゴールですよね。

曽ヶ端や高崎を責めてもしかたないですよ。

サボっていたわけでもないし、驕りがあったわけでもない。

全力でプレーしていた結果が報われなかっただけのことですよ。

神戸としてはラッキーな得点だったし、鹿島にとっては本当にアンラッキーな失点でした。

これまで、曽ヶ端には何十点も防いでもらってきているんだし、高崎には広州恒大戦で劇的な決勝ゴールを決めてもらったばかり。

アントラーズサポーターなら、「なんてことないさ、いつも世話になってますから大丈夫、大丈夫!」と気持ちを切り替えることが出来るはずです。

 

それにしても、柴崎のゴールはビューティフルなシュートでしたね。

ベストゴールにノミネートされてもいいんじゃないですか?

左足が得意の遠藤でもなかなか決められないようなゴールでしたね。

 

そして、騒がれているノーゴールとなったシーンについては、普通のジャッジ(というか試合はストップしていませんけどね)だったと思います。

テレビで観ていても、スローモーション若しくはストップモーションにしなければわからないようなきわどいシーンでしたから、私も最初に観た時は「入っていないかも」と思ったほどです。

〝良く見ると〟入っているかもしれないし、DFはハンドしていたかもしれないけど、生で、しかも選手と同じピッチ上で判定している審判には見えないと思います。

主審の目の前ならまだしも、複数の選手がいてブラインドになるような状況でもあり、特に副審の位置からは〝はっきり〟とは見えなかったでしょうね。

だとすれば、主審も副審も自信を持ってゴールだと判定できなければ、そのプレイについてはノーゴールとして試合を継続させるのは至極普通のことだと思われます。

飯田主審は鹿島とは非常に相性が悪く、これまで彼が笛を吹く試合で勝ったという記憶は蘇ってきません。

意外と家本主審や扇谷主審には、判定時のブーイングはあっても、結果として試合には勝っているという相性の良さがありますが、松尾、佐藤、飯田各主審にはそのような相性の良さを感じたことがありません。

この日も、主審の名前を聞いた時には「今日の相手は11人じゃなく14人かな」と会社の同僚に話していたほどです。

それでも、この日の飯田主審の笛に疑問のを感じることはそれほどありませんでした。

他の主審と同じようなものでした。

もしかすると、逆に神戸の方に厳しめの笛だったかもしれませんね。

ACLと比べると笛を吹いて試合を止める回数もカードの枚数も多めですが、どちらかのチームに対して不平等に厳しいということはなかったと思います。

まあ、ノーゴールと判定されたことがこの試合の勝敗を決めたわけじゃないですから、「誤審、誤審」と騒ぎ立てることはないでしょう。

本質に目を向けないで、敗戦をジャッジのせいにしていると鹿島の名がすたるというもんですよ。

 

それにしても、選手たちの疲労はかなり厳しいところまできているのではないでしょうか?

特に金崎は目に見えて苦しそうだったし、イライラしていてのは相手選手との関係ばかりじゃなかったのでは?

疲労から体のキレやスピードがなく、相手を一瞬で交わす自分本来のプレーが出来ていないこと等が、一番イラつく原因だったのではないでしょうか。

次の試合に出れないのは痛いですが、疲労が取れずに同じようなプレーに終始してしまうのであれば、それ以降の試合(特にFCソウル戦)を考えて、「金崎にとっては出場停止が丁度良い休養になる」とポジティブに考えた方が良いかもしれません。

ここは体調回復に努めてもらって、気持ちと体力を合わせることが出来るようにコンディション調整してくれればと思います。

 

まあ、非常に残念で悔しい結果だったことには違いありませんが、真っ向から神戸に向かっていって、こちらからプレゼントしたゴールで負けてしまったということは、今一度、気持ちを引き締めて、体調を回復させて戦うことが出来れば、何も変える必要はなく、これまでと同じ取り組み方で再び連勝街道へと走り出すことができるはずです。

連戦が続くので、体調回復は望めそうもありませんが、伊東を起用したようにターンオーバーの意向はまだ監督の頭にもあるようですから、負傷から回復してきている赤崎や山村などの元気な選手を加えて、この連戦を乗り越えてもらいたいです。

 

神戸戦の敗戦の原因は、疲れた選手に神戸の選手以上のインテンシティを発揮させるべくスタジアムの雰囲気を作ることのできなかったサポーターにあり、特に、サポーターの一人でありながら、スタジアムで一声すら選手に届けることすらできなかった〝自分自身の責任〟が一番の原因だと思ってます。

やっぱりスタジアムに行かなきゃだめですね!

※次の仙台戦は祝日で仕事は休みですが、会社関係のどうしても外せない大切な所用(仕事ではありませんが大切な部下の人生を賭けた大一番を応援するため)があって、東京に行かなくてはならず仙台まで行くことが出来ません。申し訳ありません。こんな私が鹿島の試合結果についてとやかく言う資格はありませんね。仙台に行かれるサポーターの皆さんに気持ちを託します!よろしくお願いします。

|

« 2015 ACL ウエスタンシドニー戦(アウェイ) | トップページ | 仙台戦前日のクラブハウス練習風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015 ACL ウエスタンシドニー戦(アウェイ) | トップページ | 仙台戦前日のクラブハウス練習風景 »