« 2015 ACL広州恒大戦(アウェイ) | トップページ | 3月31日火曜日のクラブハウス練習見学 »

2015年3月24日 (火)

Jリーグ 1stステージ 名古屋グランパス戦(アウェイ)

名古屋戦に参戦されたみなさん、お疲れ様でした。

見事に先制しながらも、連戦による疲れが目に見えて激しく、いつもなら後半にはアントラーズの方が優勢になっていくはずなのに、最後の方は名古屋に押され気味で、かろうじての引き分けのように見えました。

それほど押されていたかというとそうでもなく、アントラーズのカウンターからのチャンスもままあって、惜しくも引き分けたという見方もできるかと思われます。

この日は小笠原が負傷したために、そこは梅鉢が順当に先発したところと、何とこれまでボールの収まりどころとはなっていなかったワントップの高崎のところを金崎に代えてきましたね。

その関係でカイオも先発復帰していました。

高崎よりもボールの収まりは金崎の方が良かったように思えますが、一番最後にチームに合流した金崎がフル活用されている現状を見ると、「ここに補強が必要なの?」と思っていただけに、補強の重要性を改めて実感させられますね。

今は「獲っておいて本当に良かった」と思わざるを得ません。

それほど、金崎はチームにマッチしてきており、彼の能力の高さを評価しなくてはいけないでしょう。

 

その金崎が見事に先制点を取ってくれました。

この1点を守り切って勝ってくれるのが理想(追加点が取れればそれがもっといいですが)でしたけど、名古屋の攻撃陣をみるとこれを無得点に抑えるのは普通でも難しいミッションであると思ってました。

しかも、今の鹿島の守備力は梅鉢が入ったとしても、常に相手を完封することは普通では難しい状況であって、「1点は取られても仕方ないけど、最後にこちらがもう1点取って何とか勝てれば」と考えていました。

弱気で駄目な考え方でしたね。

そして、この弱気な予想どおりにセットプレイから失点してしまいました。

何とか防げなかったものかと考えましたが、防げなかったから失点したのであって、後からそれを考えても仕方ないですよね。

曽ヶ端が先に触っていればとか、マークをもっときっちりついいていればとか、それ以前に相手にCKを与えていなければとか、そんなことが事前にわかっていればそうしてますよ。

失点した場面だけじゃなく、他にもそんな場面は沢山あって、それをそんな「れば」「たら」を実際にやってきて失点を防ぐ守備をしているのだから、できないこともありますよね。

「0封」の快感を求めて戦い続けるしかないですね。

いつかは無失点に抑えてくれますよ、アントラーズの選手たちは。

 

さすがに選手たちの疲労はここにきて目に見えてきつくなってきていますね。

こういう時のターンオーバーだと思うのですが、成績がこのような状況だとセレーゾも思い切った選手起用は出来ないのでしょうね。

そのために先発陣の怪我が増えてきてしまうのも悪循環ですから、小笠原だけでなく遠藤も足の違和感を感じてきている様なので、長い休養を余儀なくされる前に中村の起用も考えてほしいものです。

また、この1週間は間が空きますが、その間に代表招集される柴崎と昌子の体調も心配になります。

ACLも諦めるわけではありませんが、Jリーグの成績も考えると、更には2ステージ制のことを考えると、チーム力の底上げのためにも試合経験の少ない選手達に出場機会を与えて、実戦でチーム戦術を教え込んでいくことをセレクトしてもいいんじゃないかと思ってしまいます。

開幕戦で曽ヶ端じゃなく佐藤を起用したくらいの思い切りの良さを、セレーゾにはもう一度見せてもらいたいです。

 

それにしても欲しかった勝ち点を「1」とはいえようやく手にしました。

ここが間違いなく底ですから、あとはここから上がっていくだけです。

気持ちを切り替えて、また体から疲労感も取り去ってリスタートを切るには丁度いい試合間隔になりました。

次の相手は好調?の鳥栖ですけど、気迫を込めて戦うにはもってこいの相手ですね。

昨年の最終戦に味わった悔しい思いを晴らすためにも、絶対に勝たなくてはいけない相手であり、「絶対に勝ちたい」と思う相手であるからこそ、リスタートを目指すアントラーズには気持ちを込められる絶好の相手です。

金曜日の夜ですが、スタジアムに参戦します!

今から来週が楽しみです。

 

|

« 2015 ACL広州恒大戦(アウェイ) | トップページ | 3月31日火曜日のクラブハウス練習見学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015 ACL広州恒大戦(アウェイ) | トップページ | 3月31日火曜日のクラブハウス練習見学 »