« 2015年 春季ポスター配り | トップページ | 2015 ACL FCソウル戦(アウェイ) »

2015年2月25日 (水)

2015 ACL ウエスタンシドニー戦(カシマスタジアム)

Cimg3396

Cimg3395

我がアントラーズの、アジアへの挑戦の始まりとなるウエスタンシドニーワンダラーズ戦に行ってきました。

厳しい結果を見せつけられました。

1-3という結果は完敗、しかもホームでの敗戦は言い訳できるものではありません。

それでも、アントラーズがの選手たちが通用しなかったとは思えません。

互角以上に戦うことは出来ていたと思います。

しかし、結果が伴わなければ、何を言っても言い訳にしかならないでしょう。

失ったのは大切なホームでの〝勝ち点3〟でありますが、自信まで失ってはいけません。

「アジアを戦ううえで一番必要なのは、自信を持ってピッチで戦うこと」と試合前に言っていたのは、奇しくもウエスタンシドニーのポポビッチ監督です。

ウエスタンシドニーは全員がでかくて、広島では大きかった部類に入る高萩が一番小さく見えるほど。

そんな相手に、鹿島の選手は一歩も引かずに戦っていました。

決して、相手よりも劣ってはいなかった。

相手の選手たちは、暑い季節から極寒の季節へ移動というマイナス要素はあったものの、今はシーズン真っ最中で試合勘は間違いなくアントラーズよりも勝っていました。

久々の公式戦となったアントラーズが、試合を進めるところで青写真どおりにいかなかった時の修正力が足りなかったというか、その辺りの感覚がまだ目覚めていなかったんだと思います。

聖真の同点ゴールの後は、アントラーズのペースにもっていかなくてはならなかったのに、それが出来なかったし、ゴール裏もその雰囲気に持っていくことが出来なかった。

逆転して勝利することができていたら、若いアントラーズの選手たちにとってとっても大きな自信となっていただけに残念でなりせん。

最初から反省ばかりだけど、次の試合は絶対に今日よりも良くなるはずです。

ホーム&アウェイのトーナメントではなく、まだリーグ戦なのでここから挽回することは十分に可能です。

我々にはその力が必ずあります!

今日は、アジアの洗礼を受けてしまいましたが、自信と期待を胸に挑み続けましょう。

アントラーズのアジアでの戦いは、今始まったばかりです!

|

« 2015年 春季ポスター配り | トップページ | 2015 ACL FCソウル戦(アウェイ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015年 春季ポスター配り | トップページ | 2015 ACL FCソウル戦(アウェイ) »