« 2014年 カシマスタジアム最終戦 アルビレックス新潟VS柏レイソル | トップページ | 御用納め »

2014年12月23日 (火)

祝! Jユースカップ 優勝!!

やったーsign01

本日行われたJユースカップで、我が鹿島アントラーズユースがガンバ大阪にPK戦で勝利して見事優勝しました。crown

 

〝攻めのガンバ〟に対して〝守りの鹿島〟

試合開始からアグレッシブに激しく球際を行く鹿島を、なかなかいなしきれないガンバ。

ロングボール主体でそのこぼれ球を拾って攻撃に繋げる鹿島。

後ろから、繋いで繋いで主導権を握ろうとするガンバ。

次第にガンバがポゼッションする時間帯が増えるものの、運動量に勝る鹿島がボールを奪われても全力で帰陣する全員守備で、ガンバに決定的なシーンを作らせない。

ドリブルで突破口を開こうとするガンバに対して、何枚も何枚も鹿島の選手が立ちはだかる。

鹿島の攻撃も一貫したセットプレイでのロングボールの放り込みで、相手ゴール前では身長差を活かしてマイボールにしようと。

一瞬のクリアミスからGKと1対1の危ない場面を作られるもGK山田君が腕一本でシュートを防ぐ曽ヶ端ばりのファインセーブsign01

すると、遂に鹿島は何度となく繰り返していたFKから、中央で寺門君がダイビングヘッド気味に飛び込み、相手ゴールネットに綺麗にボールを突き刺しますsoccerhappy01rock

準決勝に引き続き、寺門君が決めてくれましたsign01(植田よりもFKでのヘディングゴールの可能性を感じさせる男です)

 

後半には、ガンバの攻撃を自陣ゴール前で受ける場面が増えます。

全員守備で受け止めるが故に、奪ったボールを前線にクリアするも、そのほとんどを相手に拾われ二次攻撃に繋げられます。

これで増々選手の疲労は積み重なって行きます。

試合開始から全力で上がり下がりを繰り返してきた選手たちの疲労が足に来て、そろそろ足が攣り出す時間帯になってきます。coldsweats02

相手も攻め手をことごとく防がれてきていて、打開するためにはドリブルで突っかけて突破口をこじ開けるか、それともドリブルを仕掛けて相手のファウルを誘うかしかないガンバでしたが、その虞は現実のものとなります。

鹿島の右サイド、ペナルティエリア外側からドリブルで仕掛けられ、一人目が交わされてペナルティエリアに進入された瞬間、二人目のDFが相手のフェイントに体がついて行かず、残った足に触れられて倒れ込まれ、痛恨のPKを与えてしまいます。shock

GK山田に止める雰囲気はあったものの、相手のキックが素晴らしく、ここで遂に同点に追いつかれてしまいました。down

「これ(PK)以外は失点することはないだろう」というような鉄壁の守りをしていたので、鹿島としては一番警戒しなければいけないプレイでした。

交わされた後ろにもう一人、鹿島の選手がいたので任せても大丈夫だったと思いますが、やはり疲労で体が動きについて行かなかったのですね。仕方ないです。

その後はガンバが一気呵成に来るのかと思いましたが、それ以上に鹿島の戦法や選手たちの気持ちが揺るがなかったのが大きかったですね。

追加点を取られる雰囲気はなく、かといって鹿島が決勝点を獲れる雰囲気もなく、試合はこのまま延長戦に入っていきます。bearing

 

延長戦では、これまでの〝ガンバが攻めて鹿島が守る〟構図に変わりはありませんでしたが、鹿島の攻撃にも少しずつ繋がりが見えはじめ、相手ゴール前までボールを運ぶシーンは後半よりも増えます。

ここらに気持ちの強さを感じることが出来ました。angry

もしかしたら、もうワンプレイ、ゴール前でFKのセットプレーが得られたら決勝点を取ることができるかな?とも思ってましたが、残念ながら10分ハーフの延長戦は前後半戦っても相手ゴールを割ることができませんでした。

 

PK戦に突入です。coldsweats02

Jユースカップの決勝は、2年連続でPK戦になったそうですね。

鹿島はトップ昇格の決定している鈴木君が一番手でしたが、相手GKに止められてしまいます。shock

ところが、雰囲気バリバリの鹿島のGK山田君がやってくれます。rockhappy02rock

相手の2人目を余裕のセービングで止めて、PK戦の行方を振り出しに戻し、4人目にも完璧な横っ飛びでのセービングで止めて、遂に鹿島が王手をかけます。punch

鹿島の選手が蹴るときに「止められてもいいから枠だけは外さないで」と念じていたんですけど、ユースの選手はトップの選手と違って徹底的に指導されているのか、枠を外して大きくふかしてしまうような選手はいませんでした。

最後は、青木ばりの落ち着きを感じさせる2年生の町田君が5人目で、これまた秋田バリのど真ん中狙いでゴールを決めて、遂に鹿島アントラーズユースの優勝が決定ですsign01 happy01crown

 

最後はTVの前で、家族で万歳、ガッツポーズとトップチームでは出来なかった感激の場面に目一杯喜びました!scissors

優勝の瞬間から感激で少しウルッと来ていましたが、優勝監督インタビューで熊谷監督が感極まって言葉を詰まらせた場面では思わず涙してしまいました。weep

やっぱり優勝して流す涙は最高です!

 

兄貴分の仇を弟分が取ってくれましたね。up

 

優勝して記念撮影、その後に選手みんなでオブラディをやってくれるなんて、これを見れた人はサポーター冥利に尽きますね。upwardrightnoteshappy01noteshappy01noteswinknoteshappy01notesupwardright

 

イイですネ~!トップと育成がきちんと繋がってますね~。

やっぱり鹿島アントラーズはいいクラブです。deliciousgood

 

3冠達成を始めとして、数々の優勝を経験している熊谷監督。

その逆に、優勝を逃して悔しい思いも何度も経験しているであろう熊谷監督が、今日の寺門君の先制点の場面で見せた〝思いっきり渾身のガッツポーズ〟angryrock

自分の出場した試合でも、いや自分のゴールの時でさえ見せたことがないであろうパフォーマンスに、「熊谷さんは、心の底から指導者になって良かったと感じているんだろうな~」と思いました。

 

 

鹿島アントラーズユースの選手たちの成長は、鹿島という田舎のサッカークラブの大きな下支えになってくれています。

そして、彼らを指導するスタッフも、鹿島アントラーズをこれから支え続けてくれる大きな力なんだと、改めて感じさせられる試合でした。

 

最高ですねsign01 鹿島アントラーズsign03

|

« 2014年 カシマスタジアム最終戦 アルビレックス新潟VS柏レイソル | トップページ | 御用納め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014年 カシマスタジアム最終戦 アルビレックス新潟VS柏レイソル | トップページ | 御用納め »