« 次の試合に勝つための準備 | トップページ | 長居で勝利! »

2014年11月25日 (火)

Jリーグ川崎戦 土俵際の踏ん張り!

川崎戦をようやく録画観戦することが出来ました。

珍しくカシマスタジアムのピッチ状態が良くなかったような解説がなされていましたので、ピッチは重く表面が少しデコボコしていたのでしょうか?

それよりも中村と小林という重要なピースを欠いた川崎の状態の方が良くなかったようですね。

ピンチらしいピンチもなく、鹿島の安定した試合運びで確実に勝てる試合を勝利したという印象をもちましたが、これは結果を知って録画を観ているからなのでしょうね。

でも、スタジアムの雰囲気はリーグ終盤の優勝争いを戦う雰囲気にあったのではないでしょうか。

少なくともテレビの画面からは、そういった雰囲気を感じることが出来ました。

 

小笠原の交代が早かったのは病み上がりだったと聞きました。

それでも、待ちに待ったルイス・アルベルトが復活して、しかも長い時間プレーできて試合勘を取り戻すことができたのでしょうから、これもまた良かったことの一つになりえますね。

流石に守備の場面では落ち着いて観ることが出来ます。

攻撃でも惜しいシュートがありましたから、残り2試合でも出場機会があればよい仕事をしてくれそうな気がします。

 

そして、赤崎に待望の得点が生まれました。

先週の火曜日に練習見学に行った時には、中村の状態が非常に良く見えましたので、赤崎じゃなく中村が先発するのではないかと考えていましたが、見事に監督の期待に応える活躍をしてくれました。

きっかけがあれば、その後はドンドン好転していくFWの選手は多いですから、赤崎もこれをきっかけに上昇気流に乗って欲しいものです。

 

交代で入った中村はやはり調子良さそうでした。

ルイスと二人が交代で入れるようなチーム状況は、今年一番の状態になってくるのではないでしょうか?

ダヴィが居た時も好調な時期がありましたが、それ以降では間違いなくチーム状態はピークになりつつあるのでは?

残り2試合しかないのが残念です。(少し時期が遅かった・・・)

とにかく、勝たなければならない試合でしっかりと勝利し、優勝の可能性を維持することが出来たのは何よりです。

もう、ずっと土俵際に居ますが、この踏ん張りもあと2試合まで頑張り続けることが出来ています。

 

浦和とガンバは、予想通りというかガンバが勝利したことにより、首位との勝ち点差が4に縮まりました。

ガンバとの勝ち点差が2のまま縮まらず、しかも得失点差が開いてしまったのが余計でしたが、これでまだまだ分からなくなりました!

浦和は興梠が出場したようですが、更に足を痛めてしまったとか。

上がり目はほとんどないチームの状態であり、しかも次節の対戦相手は鹿島と同様に優勝の可能性を残している鳥栖です。

もともと鳥栖はホームで強さを発揮するチームであって、更に目の前で胴上げされたくないという気持ちや、まだ自分たちの優勝にも可能性があることことから、非常に高いモチベーションで浦和を迎え撃つことになるのでしょう。

そんな鳥栖に今の浦和が勝てるのか?

まず、間違いなく引き分け以下になると思います。

それよりも鳥栖の勝利の可能性が高いと思っています。

 

 

次に、2位のガンバですが、次節の対戦相手は相性のいい神戸で、しかも万博でのゲームになります。

ここでガンバが引き分け以下になるイメージが浮かびません。

追い上げているチームの状態は鹿島よりも良いのではないかと思うくらいで、しかも得点力があることから、残念ながらガンバが負けることはないと思わざるを得ません。

強引に引き分け以下を予想するなら、明日行われる天皇杯準決勝が遠征となる味スタで、選手に僅かながら疲労が残り、神戸に粘られたところで勝利を狙いに行くためにリンスを投入し、その(守備の)穴を上手く使われて、マルキーニョスが鹿島をアシストしてくれる・・・・って感じでしょうか?

 

 

そして、一番大変なのが、我が鹿島です。

相手のセレッソは降格争いの中で、もう後がない瀬戸際の状態です。

死にもの狂いの120%のモチベーションで向かってくることが予測されます。

初めは受けることになるのか?

それとも、初めから機先を制してこちらも負けずにガンガン行くのか?

試合の内容は予測できませんが、言えることは勝負の行方は紙一重だということくらいですね。

最近は相性の悪さを感じなくなってきた長居ですが、セレッソを諦めさせる試合運びになれば理想ですが、それは難しい注文でしょうから、こちらも必死の思いで戦うしかありませんね。

 

当日は長居まで遠征します。

最終戦の聖地には仕事のため駆けつけることが出来ないので、このアウェイが今年最後の参戦になります。

微力ですが、目の前の試合に勝利することに専念して戦い、最終戦に繋げることに全力を注ぎます!

|

« 次の試合に勝つための準備 | トップページ | 長居で勝利! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次の試合に勝つための準備 | トップページ | 長居で勝利! »