« Jリーグ 徳島戦 大勝とクラブハウス練習見学 | トップページ | Jリーグ ホーム柏戦 痛恨の敗戦 »

2014年10月 6日 (月)

Jリーグ ホームG大阪戦 惜敗

Cimg3113

強い雨の中、選手もサポーターも必死で頑張ったけど、残念ながら勝利することがは出来なかった。

本当に惜しかった、そして、悔しかった一戦になりました。

連勝していて飛ぶ鳥を落とす勢いのガンバに、鹿島は優勢に試合を進めることができていたのに、最後のところでツキが無く、勝利を逃してしまった。

常に、勝利の扉を開ける鍵を握っていたのは鹿島だったと誰もが思える試合だったのに、本当にツキが無かったとしか言いようがない。

聖地での敗戦はサポーターの責任というべきであるが、昨日のサポーターは本当に頑張って選手を後押しすることができていたと思う。

それ故、勝てなかった責任をサポーターのせいとするには忍びない気持ちだが、ここは自分たちの気持ちを整理する意味でも、そして自分たちの気持ちを鼓舞する意味でも、今回の敗戦はサポーターの責任だということを受け入れようと思う。

審判のジャッジはいつもどおりのものであって、試合が終わってから、その影響をどうのこうのいうレベルのものでもないでしょう。

逆に、ゴール裏のテンションを高めてくれる、そう、怒りを力に変えてくれる原動力にもなったわけだから、これでいいと思ってます。

ガンバのラフプレーも少し批判されているコメント等を他のブログで見かけますが、気持ちの入った肉弾戦で、この一番に全身全霊でぶつかってきた証明だと思えば、昨日の試合は見ている人にとって本当に迫力のある好ゲームだったと言えます。

昨日は、改めて鹿島アントラーズの強さを知ることになりました。

こんな強いチームのサポーターでいられることを嬉しく感じることが出来たし、この力と技を持ってすれば、まだまだ優勝戦線に残って覇権を争うことができると確信しました。

浦和との勝ち点差は再び「7」に開きましたが、これから直接対決も控えており、まだまだ分かりません!

何を諦めることもないし、何を恐れることもありません。

鹿島アントラーズの選手やチームの力を信じ、ここからは気持ちで勝ったチームが生き残っていきますから、この部分を選手と共に高めていくことが必要ですね。

選手のそういった気持ちを高めるのはサポーターの役目であり、自分たちがそれを達成することができるという信念を持って、残りの試合を戦い抜きましょう。

気持ちが続くか!

残りは7試合。

やれるよね!

最後まで気持ちを切らさずに、一気に走り抜けよう!

|

« Jリーグ 徳島戦 大勝とクラブハウス練習見学 | トップページ | Jリーグ ホーム柏戦 痛恨の敗戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Jリーグ 徳島戦 大勝とクラブハウス練習見学 | トップページ | Jリーグ ホーム柏戦 痛恨の敗戦 »