« Jリーグ FC東京戦 | トップページ | ベアタンクからジャングルタンクへ »

2014年9月14日 (日)

Jリーグ 大宮戦 タブレット観戦

プチ中断明けの大宮戦も仕事のためスタジアムに参戦できず、出張先でタブレット観戦でした。

残念で悔しい結果でしたけど、誰が見てもアントラーズが勝利していたとしても異議を唱えることのない圧倒的な内容だったと思います。

それでも試合の結果は大宮の勝利であることは間違いでなく、アントラーズとしてはとても惜しい勝ち点3を失ったことは事実です。

まあ、これがサッカーと言ってしまえばそれで御終いですが、アントラーズにとっては本当に惜しい敗戦となりました。

大宮のシュート数は7本、鹿島のシュート数はその倍以上の18本。

大宮の7本のシュートのうち得点チャンスと呼べるものは3本くらいだったと記憶してます。

得点に繋がった2本と、カルリーニョスのFKの1本のみだったかと・・・。

まあ、鹿島のシュートも18本のうち決定的なものは半分もなかったのかもしれないけれど、それでも試合内容を示すように大宮の得点チャンスとはくらべものにはならない本数でした。

それ以上に、試合の内容は圧倒的で、鹿島の攻撃練習&大宮の守備練習と言っても良いほどのものであり、選手たちのアグレッシブさと合わせて凄く良かった内容だったと思います。

本当にツキが無かったかと・・・・、「運もツキも実力のうち」とはよく言いますが、得点できなかったことがついていなかったというよりも、失点シーンに付きが無かったと感じました。

1失点目は山村のブロックがムルジャの前に落ちる不運、2失点目は懸命に伸ばした昌子の足がボールの行方を変えてしまってゴールに吸い込まれるといったもの。

1失点目などは泉澤への対応でやられてしまったという明確な反省点はありましたが、それでもブロックしたボールが相手の前にこぼれてしまったことは山村を責められるものではないでしょう。

一方、攻撃面で決定機を決めきることができなかったことが敗戦の一番の原因かもしれません。

でも、正にこれこそ「決まるときは決まる、決まらない時は何をしても決まらない」ということもありますから、一石一朝で改善されるようなものではありませんし、それこそ広島戦のようにバンバン決まることもありますので、何をどうする?ってことで悩むことは全くないでしょう。

冒頭にも述べたように、アントラーズサポーターの誰が見ても、このような戦い方を変える必要があるとは思わないでしょう?

同じような試合をすることができれば、「今度は勝てる!」って思える試合内容だったんじゃないですか?

確かに、勝てなかった訳ですから反省する何かや、改善すべき細かな点はあるのでしょう。

しかし、この試合でも新たに見えたように、中村のトップ下起用での光や遠藤の着実な復調、久々に出場することができた赤崎の期待通りの動きだしなど、敗戦の中にも反省材料のほかに確かな明るい材料も明確に見えたのだと思います。

 

首位の浦和は清水に4-0で大勝して、これで首位とは勝ち点7の差に開いてしまいました。

川崎にも抜かれて4位に後退してしまいました。

浦和の圧勝に最初は小さなショックを受けましたが、新聞をよく見てみると浦和のシュート数はたったの5本だったんですね。

5本のシュートで4得点とは・・・・、これが先ほどの「決まるときはバンバン決まる」という試合だったのでしょう。

これも試合のアヤによるものですね。

試合内容は見ていないので分かりませんが、4-0という数字が示すような圧倒的な内容ではなかったと想像します。

これは勝ち点差が7に開いてしまったものの、残り試合数は11試合もあり、そして直接の対決を残していることからも、まだまだ悲観するような差ではないと思います。

それよりも、相手が徳島とはいえ、内容的にも圧勝した感のある川崎に勢いを感じます。

まだ、こちらとも直接対決を残していますし、勝ち点差も浦和よりは少ないので、これ以上離されないようにすることが一番肝要ですね。

まずは次節、ホームで迎える横浜戦はそういった勢いを取り戻すためにも、また優勝までの連勝をスタートさせるためにも負けられない大事な一戦になります!

FC東京戦が最初のターニングポイントになると言いましたが、1か月も経たないうちに早くも2回目のターニングポイントを迎えた気がします。

優勝争いに加われているからこそ何度も迎えることができるターニングポイント(重要な試合)。

こういった試合を戦えることに武者震いするサポーターは少なくないでしょう。

更に大宮戦で負けたにも関わらず、選手たちの好調さやチームとしての成熟度が増してきていることを実感できている現在、これからの戦いに向けて不安を抱くサポーターはいないはずです。

気力が増してくるサポーターが殆どだと思います!

次の試合が待ち遠しく、そして楽しみで仕方ありません。

さあ、気持ちを切り替えて、横浜を倒しに行きましょう!

|

« Jリーグ FC東京戦 | トップページ | ベアタンクからジャングルタンクへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Jリーグ FC東京戦 | トップページ | ベアタンクからジャングルタンクへ »